スポンサーリンク

問題27、歩行者用通路を設置する場合の留意事項(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題27
次の文章は、歩行者用通路を設置する場合の留意事項について述べたものです、適切でないものを選びなさい。

① 歩行者用通路と作業現場との境界は、保安用資機材を隙間なく並べて仕切り、風圧等で動くことがないよう安全な措置を講じること。

② 「歩行者用通路」を示す表示看板や進行方向を示す「矢印板」は、歩行者用通路の起点側の見やすい場所に必ず設置すること。

③ 歩行者用通路は、落下物等のおそれのある場所、危険な場所を避けて確保、設置すること。

④ 歩行者用通路は、 道路の凹凸やぬかるみがなく 、歩行者が転倒するおそれのない場所に設置すること。

⑤ 歩行者用通路の幅員は、通常1.4メートル以上、やむを得ない場合でも0.7メートル以上の十分な幅員を確保すること。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
歩行者用通路の設置について

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→問題28

コメント