スポンサーリンク

その他の留意事項

◉講習事項(判定基準)の中の
・人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識

○その具体的細目
・合図実施中における受傷事故の防止
・明確な合図の発信、伝わったことの確認。
・車両から見えやすく、合図の動作が機敏に、車両からの危険がなく安全に行える場所。
・ヘルメトを着用し保安資機材を積極的、効果的に活用する。
・夜間は、夜光チョッキ、夜間用誘導灯、夜間用保安資機材を使用する。
・むやみに車道中央に出ない、ドライバーの技能を過信しない。
・工事現場出入り口、対面通行における交通誘導
・工事関係車両の誘導は一般交通の間隙を縫って行う。
・ドライバーの死角に入らない。
・トランシーバーなどにより警備員相互の連携を図る。
・対面通行の場合、現場内からの車両の出入りにも注意を払う。
・今までの項目と重複する内容もありますが、出題範囲の中の項目として上がっていますので注意が必要。

新しい年を迎え
目標に向かって
1ミリでも前に進む
気負わずに頑張りましょう

コメント