スポンサーリンク

問題32、合図実施上の留意点(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題32
次の文章は、合図実施上の留意点について述べたものです、正しいものを選びなさい。

① 交通誘導警備業務は、相手方の自発的な協力に基づいて行われるものではあるが、合図に従わない者に対しては事故があってからでは遅いので、誘導に従うよう指示・命令を行う。

② 交通量の多い場所や交通誘導の方法が複雑となる交差点で交通誘導警備業務を行う場合、事前に所轄警察署からの具体的な指導を受ける必要はなく、警備員相互に連携を図りながら安全に誘導する。

③ 交互通行のため、やむを得ず一般車両に停止を求めるときは、停止を求めようとする車両の速度やその後続の車両の有無等を考慮し、無理に停止を求めない。

④ 常に周囲の交通状況を把握し、工事関係車両等特定の車両のみを優先した誘導を行い、一般車両に迷惑をかけないよう、安全かつ円滑な交通の誘導に努める。

⑤ 出入りする車両の多い工事現場等においては、原則として、出入口の左方道路から右折をさせて工事現場内等に進入させ、出人口から右方道路に右折をさせて道路へ進行させる。
ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
合図実施上の留意点(基本的心構え)
合図実施上の留意点(具体的留意事項)
合図実施上の留意点(確実な伝達方法)

・次の問題へ→→→問題33

コメント