スポンサーリンク

問題36、手旗を使用した停止の合図(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題36
次の文章は、手旗を使用した停止の合図の方法について述べたものです、誤りを一つ選びなさい。

① 徐行の合図は、体を進行してくる車両と平行にし、相手を注視しながら、肩の高さに水平に伸ばした白旗を手首のスナップによって上下に振る。 

② 後進の合図を行う位置は、原則として、車両の側面から2メートル以上、車両後部から2 ~ 10 メートル離れた位置で行う。

③ 進行の合図終了後には速やかに基本の姿勢に戻り、誘導した車両が自分の前を通過するまでは、注視を継続する。 

④ 幅寄せの合図は、体を進行してくる車両に対し、やや半身にして行う。 

⑤ 停止の合図は、体を停止を求めようとする車両に正対さ、停止を求めた車両には、発進までの間、停止の合図を継続する。 

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
合図の方法1
合図の方法2

・次の問題へ→→→問題37

コメント