スポンサーリンク

問題49、現場保存の意義及び実施上の留意点(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題49
次の文章は、現場保存の意義及び実施上の留意点についての記述です、適切でないものを選びなさい。 

① 「警備員が行う現場保存」は、犯罪や事故の現場をそのままの状態で保存し、証拠や遺留品の散逸、変質、滅失を防止し、警察官の採証活動に協力する活動である。 

② 現場保存の範囲は、犯罪や事故が発生した地点や場所を中心として、その周辺のできる限り広い範囲を保存する。

③ 事件事故等の発生の現場においては、やじ馬が集まり騒然とした雰囲気になるため、警備員は、それらの集団が納得するように分かっている情報を説明及び広報する。

④ 現場保存は、保存を要する範囲の外側に立ち、合図等の方法によって事故の続発の防止と、周辺の交通の安全と円滑を図る。

⑤ 事故の当事者は、軽いケガであれば警察官臨場まで現場にとどまってもらうよう要請する。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
現場保存の意義及び実施上の留意点

・次の問題へ→→→問題50

コメント