スポンサーリンク

問題116、検定制度(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題116
次の文章は、検定制度についての記述です、誤っているものを選びなさい。

① 検定制度によって、専門的知識及び技能を有する警備員が当該警備業務を実施することとなり、必然的に、より高度な警備業務の提供が期待できる。

② 18歳の者は、合格証明書の交付がされない。

③ 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない者は、合格証明書の交付がされない。

④ 1級検定を受けるためには、その種別の2級の合格証明書の交付を受けてから、その種別の業務に1年以上従事する必要ある。

⑤ 学科試験及び実技試験に合格しただけでは資格者とはならず、都道府県公安委員会に合格証明書の交付申請を行い、合格証明書が交付されて初めて資格者となる。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
警備員の指導及び教育(交通2級)
警備業法第23条及び第18条
問題78

・次の問題へ→→→問題117

コメント