スポンサーリンク

問題120、警備業法の目的及び定義(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題120
次の文章は、警備業法の目的及び定義についての記述です、( )内に当てはまる文言の正しい組み合わせを選択肢の中から選びなさい。

 警備業法の目的は、(ア)について必要な規制を定め、もつて警備業務の(イ)を図ることであり、(ウ)とは、警備業法第2条、第1項の第1号から第4号のいずれかに該当する業務であつて、(エ)に応じて行うものをいう。「(エ)に応じて行う」とは、他人との(オ)に基づき、(カ)のために行うことであり、自己のために自己の業務として行うものは、(ウ)ではない。「(キ)」とは警備業者の使用人であっても、警備業務以外の業務に従事する者、営業、会計等の事務のみに従事する者は、(キ)には該当しない。

選択肢
① ア,警備業 イ,適正な実施 ウ,警備業 エ,個人の要請 オ,契約 カ,他人 キ,警備員

② ア,警備業務 イ,実施の適正 ウ,警備業務 エ,他人の契約 オ,需要 カ,他人 キ,警備員

③ ア,警備業 イ,実施の適正 ウ,警備業務 エ,他人の需要 オ,契約 カ,他人 キ,警備員

④ ア,警備業者 イ,実施の適正 ウ,警備業 エ,他人の要請 オ,契約 カ,個人 キ,警備員

⑤ ア,警備業 イ,実施の適正 ウ,警備業者 エ,他人の需要 オ,契約 カ,顧客 キ,従業員

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
警備業法1、目的、定義(交通2級)
警備業法第1条
警備業法 第2条 その1
警備業法 第2条 その2
警備業法 第2条 その3
警備業法 第2条 その4
警備業法 第2条 その5

・次の問題へ→→→問題121

コメント