スポンサーリンク

問題159、工事現場の出入口での誘導(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題159
次の文章は、工事現場の出入口での誘導に関するものです、適切ではないものを選びなさい。

① 工事関係車両誘導を行う際の立ち位置は、歩行者等の有無を考慮し選定する。

② 原則として、工事車両の入場時、退場時に車両が曲がる内側での誘導は行わない。やむを得ず行う場合は、内輪差に注意する。

③ 工事関係車両等の誘導は、やむを得ない場合を除き、一般交通の間隙を縫って行う。

④ 工事関係車両等の誘導は、常に車両との安全な距離を保ち車両の外輪差も考慮する。

⑤ 横断歩行者等の誘導は、工事関係車両の通行の間隙を縫って行う。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
合図実施のための位置の選定(交通2級)
工事現場の出入口、相互通行等における交通誘導(その他の留意事項)

・次の問題へ→→→問題160

コメント