スポンサーリンク

交通誘導警備業務・2級検定練習問題27、正当防衛

交通誘導警備業務

2級検定練習問題27、正当防衛

次の文章は、正当防衛に関する文章です、正しいものを選びなさい。

  1. 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。
  2. 正当防衛としての行為は、犯罪の構成要件に該当した場合でも、侵害排除のために必要な限度を超えなければ違法ではない行為になる。
  3. 正当防衛行為は急迫不正な侵害行為に対して認められるものであるから、その侵害行為が終わってもしばらくは正当防衛行為は認められる。
  4. 刑事訴訟法の(犯罪の不成立及び刑の減免)によって正当防衛の規定は定められている。
  5. 防衛行為が程度を超えた場合は、過剰防衛となり刑罰の対象(有罪)となり、それが防衛のための行為であったということが情状において考慮され、その行為は罰しない。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

法令に関することⅢ、刑法1(交通2級)

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備業務・2級検定練習問題28

コメント