スポンサーリンク

交通誘導警備業務・2級検定練習問題35、現行犯逮捕

交通誘導警備業務

2級検定練習問題35

次の文章は、現行犯逮捕に関する記述です、妥当であるものを選びなさい。

  1. 交通誘導警備業務に従事中、2日前に盗まれた自社の社用車が運転されているのを発見した場合には、その運転者を現行犯逮捕することができる。
  2. 「現に罪を行い」とは、犯罪を現在実行しているという意味であり、犯罪の実行行為に着手し、それを遂行しつつあり、いまだ終了に至らない場合である。
  3. 現行犯逮捕は、令状主義の例外ではあるが、法令上の明文規定に基づくものではない。
  4. 罪を行い終わってから間がないと明らかに認められ、かつ、犯罪に使用したと思われる刃物を所持している者は準現行犯人であるため、警備員には現行犯逮捕することができない。
  5. 準現行犯人を逮捕した場合には、警察官等に引き渡すまでの間であれば、安全のため所持品検査や簡単な取調べを行える。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

法令に関することⅣ、刑事訴訟法(交通2級)

刑事訴訟法(現行犯逮捕)その1

刑事訴訟法(現行犯逮捕)その2

刑事訴訟法(現行犯逮捕)その3

刑事訴訟法の現行犯逮捕についての概略的知識1、(交通2級)

刑事訴訟法の現行犯逮捕についての概略的知識2、(交通2級)

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備業務・2級検定練習問題36

コメント