雑踏警備業務2級検定練習問題

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題277、警戒棒の取扱い(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題277、次の文章は、警戒棒の取扱い及び留意事項についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 訓練は、常に犯人等から攻撃を受けた場合の護身を念頭におき、真剣な態度で行う。 ② 形式的な訓練に陥ることなく
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題276、警戒棒の取扱い(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題276、次の文章は、警戒棒の取扱い及び留意事項についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警戒棒は、警備業務実施の基本原則(警備業法第15条)の規定を踏まえ、「特別に権限を与えられているものでない」
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題275、負傷者の搬送(肩を貸して歩かせる方法)(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題275、次の文章は、負傷者の搬送の肩を貸して歩かせる方法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 肩を貸して歩かせる方法は、足又は足首に軽い負傷をしている場合に適している。 ② 左足を負傷している場合
スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題274、負傷者の搬送(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題274、次の文章は、負傷者の搬送についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 負傷者の搬送が終わるまでは負傷者の観察を怠らないこと。 ② 負傷者が首や脊椎に負傷があると思われるときは、医師が来るまで動かさない
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題273、回復体位(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題273、次の文章は、回復体位についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 負傷者を横にして、自分の側の腕を自分の方に負傷者の肩の高さよりも若干低い位置まで開く。② 負傷者の体の横で片膝立ちとなり、負傷者の
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題272、救急蘇生法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題272、次の文章は、救急蘇生法における負傷者の状態を把握するための確認事項についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 負傷者の緊急連絡先 ② 出血、顔色、体温 ③ 負傷原因の聴取 ④ 負傷者の性別、年齢
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題271、救急蘇生法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題271、次の文章は、救急蘇生法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① AEDとは自動体外式除細動器のことを言い、音声ガイダンスに従って操作することによって、心臓の状態を自動的にAEDが判断して、電気シ
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題270、救急蘇生法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題270、次の文章は、救急蘇生法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「救急蘇生法」とは、傷病者の治療法ではなく医師の手当てを受けるまでの間、病状を悪化させないための一時的手当を行う方法である。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題269、幼児等要保護者への対応要領(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題269、次の文章は、幼児等要保護者への対応要領についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 多くの人が集まっても、秩序を保った状態で整列・進行している場合は特に問題はないので、要保護者を見かけても人権侵害
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題268、事故発生時のニ次災害防止要領(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題268、次の文章は、事故発生時のニ次災害防止要領についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 群集密度が過密となり、転倒、将棋倒し、群集雪崩等の事故が発生した場合、直ちに転倒した人々を救出し、過密状態の解消
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題267、警備隊本部への連絡要領(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題267、次の文章は、警備隊本部への連絡要領について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 雑踏警備現場で事故等が発生した場合、現場の警備員が警備隊本部に報告し、警備隊本部から警察機関、消防機関、契約先等に連絡
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題266、事故発生時に把握すべき事項(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題266、次の文章は、事故発生時に把握すべき事項についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 要保護者を発見した場合は、周辺に保護者、知人その他の同行者等がいないかを検索し、同行者等がいない場合は、所定の保護
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題265、事故発生時に把握すべき事項(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題265、次の文章は、事故発生時に把握すべき事項(負傷者が発生した場合)についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 負傷者の発生が群集の過密等による場合、過密の程度、過密状態の範囲を把握し、過密状態を解消
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題264、事故発生時に把握すべき事項(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題264、次の文章は、事故発生時に把握すべき事項についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 雑踏現場で事故等が発生し混乱が生じると、収拾がつかない事態に発展する恐れがあるため、警備員は速やかに状況を警備隊本部へ
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題263、群集の性格と群集心理の特性(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題263、次の文章は、群集の性格と群集心理の特性についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 無名性=共通の対象を中心として一つの全体的なまとまりとなり、次第に自己意識が薄らぎ、全体の中に融合する。その結果
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題262、群集の性格と群集心理の特性(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題262、次の文章は、群集の性格と群集心理の特性についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 人は群集となった場合、 個々人である場合とは異なった心理状態に左右され、思わぬ行動に出ることが多い。 ② 群集の
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題261、群集の整列の方法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題261、次の文章は、群集の整列の方法(整列の基本、要領)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 雑踏警備現場で、事件事故、急病人等が発生した場合、関係者、警備員、警察官、救急隊員、医師、看護師その
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題260、群集の整列の方法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題260、次の文章は、群集の整列の方法(整列の基本、要領)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 滞留場所がない施設では、壁等に沿って施設を取り巻くように列を作る方法がある。 この場合、周辺の交通
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題259、群集の整列の方法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題259、次の文章は、群集の整列の方法(整列の基本、要領)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 移動する群集が収容限界を超えて混雑するような場合、迂回させるなど、歩行距離を延長して収容力の増大を図る。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題258、群集の整列の方法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題258、次の文章は、群集の整列の方法(整列の基本、要領)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 整列は、混乱が生じた後では、正常に戻すことは極めて困難で時間がかかるので、混乱が予想されるときは
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題257、広報実施上の留意点(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題257、次の文章は、広報実施上の留意点に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 群集の誘導に際しては、 目標物等を明確に示して行い、小学生でもわかるような簡単でわかりやすい言葉を使い、結論を先に持
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題256、広報実施上の留意点(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題256、次の文章は、広報実施上の留意点に関する記述です、誤っているものを選びなさい。① 群集の誘導に際しては、 目標物等を明確に示して行うようにする 。 ② 群集の流れがスムーズで具体的な事象がない場合でも
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題255、広報位置の選定(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題255、次の文章は、広報位置の選定についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 広報位置の具体的例としては、混雑箇所、危険箇所、列の先頭・最後尾、分断箇所、入退場ロ、橋や歩道橋、階段や乗降ロ等、段差のある場所
スポンサーリンク