雑踏警備業務2級検定練習問題

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題254、規制広報の重要性及び実施要領(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題254、次の文章は、規制広報の重要性及び実施要領についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 広報の種類には、情報広報、規制広報、禁止広報があり、まず情報広報を行い状況の変化によって規制広報を行い安全と
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題253、規制広報の重要性及び実施要領(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題253、次の文章は、規制広報の重要性及び実施要領についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 群集心理とは、個々人が群集になった場合に生ずる心理状態のことであり。単なる人の集まりであって組織性がなく
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題252、無線機の通話要領(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題252、次の文章は、無線機(トランシーバー)の通話要領および通話上の留意点についての記述です、正しいものを選びなさい。 ① マイクは、口から5~10センチメートル離して、大きめの声で話す。 ② 送信する際には、
スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題251、態様別の警備形態(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題251、次の文章は、雑踏警備業務における、行事等の態様別の警備形態の特徴についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 花火大会は限定された短時間の開催のため、限られた時間帯に非常に多数の観客が移動する。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題250、態様別の警備形態(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題250、次の文章は、雑踏警備業務における、行事等の態様別の警備形態の特徴についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 各種パレード、マラソン競技の特色として、公道を利用すること、競技者や演技者が移動して
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題249、態様別の警備形態(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題249、次の文章は、雑踏警備業務における、行事等の態様別の警備形態の特徴についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 博覧会開催における、会場内外で予想される雑踏事故、刑事犯罪、自然災害、都市型災害
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題248、施設管理権の行使(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題248、次の文章は、雑踏警備業務における施設管理権の行使についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備員が群集を対象に入場制限や整列させたり、立入禁止により部外者をその場から立ち退かせたりする権
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題247、雑踏警備業務の実施要領、群集の誘導に留意すべき事項(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題247、次の文章は、雑踏警備業務の実施要領、及び群集の誘導に留意すべき事項についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 出入り口、階段、曲がり角、渡り廊下等危険が予想される場所では、押し合い、先争い、
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題246、雑踏警備業務の実施要領、群集の誘導に留意すべき事項(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題246、次の文章は、雑踏警備業務の実施要領、及び群集の誘導に留意すべき事項についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 主催者、警察、消防等と必要な連絡・連携を図りながら、施設、資機材を活用し、群集への
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題245、雑踏警備業務の基本(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題245、次の文章は、群衆を対象とする雑踏警備業務の基本についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 雑踏警備業務は、群集の協力が不可欠であるから、警備員一人一人が常に礼節のある言動や態度に努めることが重要
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題244、軽犯罪法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題244、次の文章は、次の文章は、軽犯罪法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 正当な理由がなくて合かぎ、のみ、ガラス切りその他他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題243、軽犯罪法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題243、次の文章は、軽犯罪法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 軽犯罪法に違反した者に対する現行犯逮捕は、刑事訴訟法第217条(軽微事件と現行犯逮捕)の規定によって制限を受ける。 ② 軽犯罪法に
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題242、道路交通法第77条、道路の使用の許可(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題242、次の文章は、道路の使用の許可について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 雑踏警備現場において場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出そうとする者は、道路使用許可
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題241、道路交通法第6条、第7条、第36条、交通整理(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題241 次の文章は、道路交通法における交差点及び交通整理に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 車両等は、前方で交差する道路の幅員が通行している道路の幅員よりも明らかに広いときは、交差点を通行する際、徐行しなければならない。 ② 信号機が設置されている交差点であっても、黄色や赤色の点滅信号だけになっている交差点は、交通整理が行われていない交差点である。 ③ 本来は信号機等がなく、事故により一時的に警察官等が手信号により交通整理を行っている交差点は、「交通整理が行われていない交差点」である。 ④ 道路を通行する歩行者又...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題240、道路交通法第17条、第25条、第38条(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題240 次の文章は、道路交通法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 児童又は幼児が施設に通うため道路を通行している場合、誘導、合図その他適当な措置をとることが必要と認められる場所は、警察官等その他その場所に居合わせた者は安全に道路を通行することができるように努めなければならない。 ② 高齢又は、身体の障害のある歩行者等その通行に支障のあるものが道路を横断し、又は横断しようとしている場合、警察官等その他その場所に居合わせた者は、誘導、合図その他適当な措置をとることにより安全に道路を横断することができるように努めなければならない。...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題239、道路交通法、歩行者(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題239 次の文章は、道路交通法における歩行者が道路を横断する場合についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 歩行者が道路を横断しようとする場合、その附近に横断歩道がある場所では、横断歩道によつて道路を横断することが望ましい。 ② 「横断歩道がある場所の附近」とは、おおむね横断歩道から20mないし50m程度の距離にある場所である。 ③ 歩行者は斜めに道路を横断してはならない、ただし、交差点において道路標識等により斜めに道路を横断することができることとされている場合はこの限りではない。 ④ 横断歩道によつて道路を横断すると...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題238、道路交通法第11条、行列等の通行(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題238 次の文章は、道路交通法第11条、行列等の通行についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 学生生徒の隊列、葬列その他の行列及び歩行者の通行を妨げるおそれのある者で、政令で定めるものは、歩道等と車道の区別のある道路においては、車道をその右側端に寄つて通行しなければならない。 ② 歩行者の通行を妨げるおそれのある者で、政令で定めるものとは、銃砲を携帯した自衛隊の100人以上の行列である。 ③ 歩行者の通行を妨げるおそれのある者で、政令で定めるものとは、旗、のぼり等を携帯し、かつ、これらによつて気勢を張る100人以上の行列で...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題237、道路交通法、歩行者の通行方法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題237 次の文章は、道路交通法における、歩行者の通行方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。 ② 道路の右側端を通行することが危険であるときその他やむを得ないときは、道路の左側端に寄つて通行することができる。 ③ 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては歩道等を通行しなければならない。 ④ 歩道を通行する歩行者は、普通自転車通行指定部分があるときは、普通自転車通行指定部分...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題236、道路交通法、駐車、停車、徐行(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題236 次の文章は、道路交通法における、駐車、停車、徐行についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「駐車」とは、一定の理由による継続的な停止及び運転者がその車両を離れ、直ちに運転できない状態にあることをいう。 ② 「徐行」とは、車が直ちに停止できるような速度で進行することで、ブレーキを操作してから1.5メートル以内で停止できることが必要である。 ③ 「停車」とは、駐車以外の車両等の停止のことをいう。 ④ 人の乗り降りのための停止、5分以内の荷物の積みおろしのための停止、運転者がすぐに運転できる状態での短時間の停止は、...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題235、道路交通法第2条、定義(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題235 次の文章は、道路交通法第2条、定義に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「道路法第二条第一項に規定する道路」とは、一般交通の用に供する道で、高速自動車国道、一般自動車道、都道府県道、市町村道をいう。 ② 「道路運送法第二条第八項に規定する自動車道」とは、専ら自動車の交通の用に供することを目的として設けられた道で道路法による道路以外のものをいう。 ③ 「一般交通の用に供するその他の場所」とは、道路法に規定する道路、道路運送法に規定する自動車道以外で私有地、公有地にかかわらず、道路としての形態の有無にかかわらず、不特...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題234、道路交通法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題234 次の文章は、道路交通法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「道路の交通に起因する障害を防止する」とは、交通公害など、道路の交通によって道路交通以外の分野に障害を生じさせる事案に対し、道路の交通を管理する立場からその防止を図ることである。 ② 「交通の安全を図る」とは、道路交通に関し、信号機や標識などを設置し視覚的に安全を図ることである。 ③ 「交通の円滑を図る」とは、交通の妨害を排除し、混雑を緩和するなど交通が停滞しないようにすることである。 ④ 「道路」とは、一般交通の用に供する道、自動車道、一般自動車...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題233、遺失物(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題233 次の文章は、遺失物に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 雑踏警備業務に従事中、通行人等から拾得した物件の届出を受ける場合、拾得した場所が一般の場所であれば、警察署や交番の場所を教え、自分で持っていくように教示することが望ましい。 ② 拾得した場所がイべント会場等、特定の施設内である場合は、あらかじめ警備計画書等で定められた手順に従い、警備隊本部や遺失物取扱場所等を案内するなど、適切に対応する。   ③ 施設占有者を代行して拾得物の交付を受け書面を交付する場合、書面は任意のものでよく名刺などを活用してその裏面に所定の...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題232、遺失物法第4条、拾得者の義務(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題232 次の文章は、遺失物法第4条における拾得者の義務についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 拾得者は、速やかに、拾得をした物件を遺失者に返還し、又は警察署長に提出しなければならない。 ② 拾得者は、法令の規定によりその所持が禁止されている物に該当する物件及び犯罪の犯人が占有していたと認められる物件を拾得した場合は、速やかに、これを警察署長に提出しなければならない。 ③ 施設において物件の拾得をした拾得者は、速やかに、当該物件を当該施設の施設占有者に交付しなければならない。 ④ 拾得した物件を遺失者に返還するためで...
スポンサーリンク