罰則

スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題637、警備業法の罰則(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題637 次の文章は、警備業法の罰則に関する記述です、正しくないものを選びなさい。 営業の停止又は廃止の命令に違反した者は、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。 自己の名義をもつて、他人に警備業を営ませた者は、百万円以下の罰金に処する。 罰則については、あくまでも違反行為をした行為者個人のみを対象としている。 第二十一条(警備業者等の責務)第2項の教育義務違反には罰則規定がない。 第四十五条(警備員の名簿等)に規定する書類を備え付けず、又はこれに必要な事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をした者は...
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第60条、罰則(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 罰則について 第六十条 次の各号のいずれかに該当する者は、二十万円以下の過料に処する。 一 第十二条第二項の規定に違反して認定証を返納しなかつた者又は同条第三項の規定に違反して届出をせず、若しくは虚偽の届出をした者
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第59条、罰則(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 罰則について 第五十九条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前三条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の罰金刑を科する。
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第58条、罰則(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 罰則について 第五十八条 次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。 一 第五条第一項(第七条第四項において準用する場合を含む。)の認定申請書若しくは認定証更新申請書又は添付書類に虚偽の記載をして提出した者
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第57条、罰則(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 罰則について 第五十七条 次の各号のいずれかに該当する者は、百万円以下の罰金に処する。 一 第五条第一項の規定による認定の申請をしないで、又はこれに係る同条第二項若しくは第三項の規定による通知を受ける前に警備業を営んだ者
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第56条、罰則(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 罰則について 第五十六条 次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。 一 第三十五条の規定による業務の停止の命令に違反した者 二 第四十九条第一項又は第二項
スポンサーリンク