現行犯人

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題36、刑事訴訟法、現行犯人、現行犯逮捕

交通誘導警備業務 2級検定練習問題36 次の文章は、刑事訴訟法、現行犯人、現行犯逮捕に関する記述です、妥当でないものを選びなさい。 他人の住居に侵入し、その住居から出たところを家人によって発見されたので逃走し、窃盗犯人として追呼されている者が、罪を行い終つてから間がないと明らかに認められるときは、現行犯人とみなされる。 警備員が現行犯人を逮捕した場合は、直ちに検察官又は司法警察職員に引き渡さなければならない。 現に罪を行い終わったとは、犯罪行為終了数時間を指すが、その範囲は機械的に何時間と決めることはできず、具体的状況に応じて判断される。 身体、被服に犯罪の顕著な証跡が...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題31、刑事訴訟法

交通誘導警備業務 2級検定練習問題31 次の文章は、刑事訴訟法 第二百十二条 「現に罪を行い、又は現に罪を行い終つた者を現行犯人とする。② 左の各号の一にあたる者が、罪を行い終つてから間がないと明らかに認められるときは、これを現行犯人とみなす・・・」に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 「現に罪を行い」とは、犯罪を現在実行しているという意味であり、犯罪の実行行為に着手し、それを遂行しつつあり、いまだ終了に至らない場合である。 「罪」とは、特定の罪(窃盗、傷害等)を指し、単なる「不審者」であり、何らかの罪を犯している疑いがあるだけでは不十分で、現行犯人とはいえない。 ...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題325、刑事訴訟法、現行犯逮捕(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題325 次の文章は、刑事訴訟法の現行犯人、現行犯逮捕についての基本的な記述です、誤りを選びなさい。 ① 現行犯人、刑事訴訟法、第212条の「現に罪を行い」とは、犯罪を現在実行しているという意味であり、犯罪の実行行為に着手し、それを遂行し、終了に至った場合である。 ② 現行犯人を逮捕する権限は、一般私人にも与えられている。これは逮捕行為が許されているだけであり、取調べ、身体検査、所持品検査等を行う権限は認められていない。犯人を逮捕した場合は直ちに警察官等に引き渡さなければならない。 ③ 逮捕に際しては、当然ある程度の実力行使が許されてい...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題322、刑事訴訟法、現行犯逮捕(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題322 次の文章は、刑事訴訟法(現行犯逮捕)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 現に罪を行い、又は現に罪を行い終つた者を現行犯人とする。 ② 罪とは、窃盗、強盗、傷害など特定の罪を指す。 ③ 現に罪を行いとは、犯罪を現在実行している。犯罪の実行行為に着手し、それを遂行しつつありいまだ終了に至らない状態である。 ④ 現に罪を行い終ったとは、犯罪行為の終了直後であり、機械的に直後が何時間後までと決めることはできないので、具体的状況によって判断される。
 ⑤ 身体又は被服に犯罪の顕著な証跡があり、罪を行い終わって...
交通誘導警備業務2級

刑事訴訟法の現行犯逮捕についての概略的知識1、(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) ◎法令に関すること 4 刑事訴訟法の現行犯逮捕についての概略的知識(現行犯逮捕、現行犯人の引渡し等) 人の身体、生命、財産等を守ることが業務内容です。 一般人に比べて事件、事故、犯罪に接する機会も多い
警備員指導教育責任者2号業務

刑事訴訟法、現行犯逮捕1(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉刑事訴訟法、現行犯逮捕 憲法 第33条 何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。 刑事訴訟法 第213条
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題227、現行犯人(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題227 次の文章は、現行犯人とみなす場合についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 盗んだもの、明らかに犯罪に使用したと思われる凶器などを持っている者が、罪を行い終ってから間がないと明らかに認められるとき。 ② 身体や衣服に、犯罪の明らかな証拠となるあと、痕跡がある者が、罪を行い終ってから間がないと明らかに認められるとき。 ③ 声をかけて,名を問いただしたり、呼びとがめようとした場合、逃走しょうとした者が、罪を行い終ってから間がないと明らかに認められるとき。 ④ 何らかの罪を犯している疑いのある、明らかに不審な人物。 ...
交通誘導2級検定練習問題

問題14、現行犯人(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題14 次の文章は刑事訴訟法、現行犯人についての記述です、誤りを一つ選びなさい。 ① 警備員が警備業務中に現行犯人を逮捕したときは、直ちにこれを地方検察庁若しくは区検察庁の検察官又は司法警察職員に引き渡さ
スポンサーリンク