護身術

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

問題183、徒手の護身術(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題183 次の文章は、徒手の護身術(基本)のうち「片手内回し」の訓練についての記述です、間違っているものを選びなさい。 ① 相手に片手の手首をつかまれた際、腕を内側から外側に回転させながら手刀で相手の手首付近を切離し離脱する技である。 ② 犯人役(受)、警備員(取)ともに約1メートルの間合に進み寄り、正面の構えとなって向かい合う。 ③ 犯人役は、右足を1歩進めると同時に右手で、警備員の左手首をつかむ。 ④ 警備員はつかまれた左手の五指を力強く開き指先に力を入れる。 ⑤ 警備員は左足を犯人役の右足外側に大きく踏み出し、つか...
交通誘導2級検定練習問題

問題182、徒手の護身術(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題182 次の文章は、徒手の護身術についての記述です、正しくないものを選びなさい。 ① 「右(左)の構え」は、より強く相手に不信感等を感じたときに斜(はす)に構える体勢である。 ② 「右の構え」は、基本の姿勢から右足を約半歩前に進め、左かかとをやや内側にずらし、両腕は90度曲げて軽く腰に添え、相手を注視する、「左の構え」は、「右の構え」と左右が逆になる。 ③ 「構え」で最も重要なことは、相手の動きにすばやく反応し、次の動きに備えること。 ④ 「正面の構え」とは、不審者に対して声かけを行うときなどに使用し、万が一襲われてもすぐに...
交通誘導警備業務2級

護身用具の使用方法その他の護身の方法1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅲ. 護身用具の使用方法その他の護身の方法に関する専門的な知識 ○ 護身術とは ・自分の身を守るためのわざ。 ・危険な状況を作らないこと、危険な状況からいち早く遠ざかり身の安全を確保するなど、
交通誘導警備業務2級

徒手による護身術

◉徒手による護身術 ・護身術は、実際に体を動かして身につけるものです。講習会等により正しい動きを習ってください。 ・★印がついた項目が私が講習会で受けた受験項目です。(2015年4月) ・実技講習については、少々間違っていても真剣に取り組んで
スポンサーリンク