群集

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題260、群集の整列の方法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題260、次の文章は、群集の整列の方法(整列の基本、要領)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 滞留場所がない施設では、壁等に沿って施設を取り巻くように列を作る方法がある。 この場合、周辺の交通
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題259、群集の整列の方法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題259、次の文章は、群集の整列の方法(整列の基本、要領)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 移動する群集が収容限界を超えて混雑するような場合、迂回させるなど、歩行距離を延長して収容力の増大を図る。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題258、群集の整列の方法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題258、次の文章は、群集の整列の方法(整列の基本、要領)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 整列は、混乱が生じた後では、正常に戻すことは極めて困難で時間がかかるので、混乱が予想されるときは
雑踏警備業務2級

規制広報の重要性及び実施要領その1

◉規制広報の重要性及び実施要領 ◎広報の意義と重要性 ○雑踏警備業務の対象は群集 ・群集は個々の人々の集合体で、群集として動いている場合であっても、それぞれの個人には常に異なった感情が生じている。 ・群集を規制(整列)する場合は、群集を構成している個人の大多数が納得できる状況が必要。 ○群集心理 ・個々人が群集になった場合に生ずる心理状態。単なる人の集まりであって組織性がなく、その匿名性のため理性が低下しやすく、興奮性が強くなり、衝動的・無責任的な言動をとる傾向になる。 ○群集心理の特質 ・自分が納得していても周囲が納得せずに抗議をはじめると、自分も納得できない感情に襲...
雑踏警備業務2級

雑踏警備業務の基本

◉雑踏警備業務の基本(まとめ) ○群集を対象とする警備業務の基本 ・雑踏警備業務の目的は、群集が雑踏する場所における負傷等の事故の発生を警戒、防止し、その場所に集合する不特定多数の人々の安全と秩序を維持することである。 ・雑踏警備業務の基本は、不特定多数の群集に対して無用の不快感を与えないようにし、安心して行動できるための万全な警備体制を確立することである。 ・雑踏警備業務は、群集の協力が不可欠である。そのためには「警備業務は礼節」と言われるように、群集に対して謙虚な態度、正しい言葉遣いで接しなければならない。 ・安全と秩序を乱す行為を発見した場合、威圧的な態度や...
スポンサーリンク