群集心理

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題351、群集心理の特性(雑踏2級)

雑踏警備業務2級 検定練習問題 問題351 次の文章は、群集心理の特性についてまとめたものです、誤っているものを選びなさい。 意識の範囲が狭くなり、外部からの影響に対する抵抗が強くなるため、暗示にかかりやすくなる。(暗示性) 雑踏という環境の変化により、近道本能(社会的規範によらず、直ぐに結果の発生を求める本能)に帰り、自分本位になり警察官に従わず、直情的な行動をとる。(情意性) 群集の中にあるお互いの共通点や共通の興味の対象を通じて、親近感・同志感を持つようになる。(親近性) いつもならもっと冷静な人なのに誰かの意見に簡単に乗ってしまったり、その場の雰囲気にしたがっ...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題350、群集心理の特性(雑踏2級)

雑踏警備業務2級 検定練習問題 問題350 次の文章は、群集心理の特性についてまとめたものです、誤っているものを選びなさい。 自己を群集の一部として自覚することから、結果に対する責任感が弱まる。(無責任性) 悪いことをしているのは、群集を扇動している者やそれに準じる者であり、他の者は罰を免れることができる等の意識が生じ、罪悪感が薄くなり、責任性がなくなる。(無責任性) 共通の対象に対する知識が部分的であるため、自分自身では正しい判断ができず、批判をすることなく他人の判断や発言を鵜呑みにするようになる。(無責任性) 群集が、共通の対象への関心が高まることにより、その対象...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題349、群集の性格と群集心理の特性(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題349 次の文章は、群集の性格(特性)に関する文章です、妥当であるものを選びなさい。 人は、群集の中に居ることによって、感情が単純で非常に興奮しやすくなり、極端にかたよった行動を取りにくくなる。 人は、群集の中に居ることによって、周りの人の非常識な行動に不自然さを感じ自らはそれと同じ行動を起こしにくい。 群集を構成する一人ひとりに「我れ先に」という無責任な極めて強い「他人本位」の本能が先立ち、秩序のないところに一層混乱を生じさせる。 人は群集による混乱の中から、特有な心理状態を生み、当初予想もしなかったような興奮状態を引き起こす。 ...
雑踏警備業務2級

雑踏の整理に関することⅢ、群集の性格と群集心理の特性(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第3章 雑踏の整理に関すること 第3節 人の誘導その他の雑踏の整理を行うため必要な事項に関する専門的 な知識 1 群集の性格と群集心理の特性 ⑴ 群集の性格 人は誰しも、群集の中に入ると特別な心理状態になってしまう。 人は群集となった場合、個々人である場合とは異なった心理状態に左右され、思わぬ行動に出ることがある。 群集の中には指揮者がなく、秩序付ける組織もないため、些細な事案をきっかけにして、群集心理の赴くままに収拾できない事態に発展する場合も多くある。 ○群集の三つの特性(性格) 付和雷同 ...
警備員指導教育責任者2号業務

雑踏警備業務17「群集心理の特性」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◎雑踏における群集の特性 ・集団とは、みんなで何かをしようといった統一された目的があります。その中には上下関係や規律があって人が集まっている状態である。 ・集団状態で危険な方向に心理状態が傾くと、一人の時は、考えも
警備員指導教育責任者2号業務

雑踏警備業務16「雑踏における群集の特性」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 雑踏における群集の特性 人間は、複数の人が集まって、集団になる。 人間は、集団になると、より感情的に、より過激になり、より大胆な行動を取るようになる。 集団が大きくなると、群集と呼ばれて、群集心理がはたらくようになる。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題263、群集の性格と群集心理の特性(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題263、次の文章は、群集の性格と群集心理の特性についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 無名性=共通の対象を中心として一つの全体的なまとまりとなり、次第に自己意識が薄らぎ、全体の中に融合する。その結果
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題262、群集の性格と群集心理の特性(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題262、次の文章は、群集の性格と群集心理の特性についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 人は群集となった場合、 個々人である場合とは異なった心理状態に左右され、思わぬ行動に出ることが多い。 ② 群集の
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題253、規制広報の重要性及び実施要領(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題253、次の文章は、規制広報の重要性及び実施要領についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 群集心理とは、個々人が群集になった場合に生ずる心理状態のことであり。単なる人の集まりであって組織性がなく
雑踏警備業務2級

群集の性格と群集心理の特性2

◉群集の性格と群集心理の特性 ◎群集心理の特性 ①無名性 ・共通の対象を中心として一つの全体的なまとまりとなり、次第に自己意識が薄らぎ、全体の中に融合する。その結果、自己を無名の人とし、群集の一部分として意識する。   ②無責任性  ・自己を群集の一部として自覚する。 ・悪いことをしているのは、群集を扇動している者であり、その他の者は罰を免れることができる等の罪悪感が薄くなり、責任性がなくなる。  ・個々の責任感が弱まり、群集の雰囲気に左右されやすく、公衆道徳や社会秩序、社会規範に対する意識、理性が失われる。 ③無批判性 ・共通の対象に対する知識が部分的であるた...
雑踏警備業務2級

群集の性格と群集心理の特性1

◉群集の性格と群集心理の特性 ◎群集の性格  ・人は群集となった場合、 個々人である場合とは異なった心理状態に左右され、思わぬ行動に出ることが多い。 ・群集の性格としては、その中に指揮者がなく、秩序付ける組織もない。 ・些細なことをきっかけに、群集心理のおもむくままに収拾できない事態に発展する。 ○群集の三つの特性(性格) ①付和雷同 ・付和雷同とは、自分の主義主張を持たず、深く考えずに他人の意見に同調すること。 ・群集の中に居ることによって、周りの人の非常識な行動になんの不自然さも感じず自らもそれと同じ行動を起こしてしまう。 ・群集心理に左右されて個々の理性を失うこ...
スポンサーリンク