避難誘導

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

問題192、避難誘導の意義及び基本的事項(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題192 次の文章は、避難誘導に関する記述です、適切ではないものを選びなさい。 ① 警備員が避難誘導を行う際は避難者の邪魔にならないよう、事故現場、避難経路上から離れた位置で避難誘導を行う。 ② 避難場所は、校庭等の多数の者が避難可能な場所を指示する。 ③ 多人数の避難の場合は、努めて人員を分離して混乱の防止を図り、危険な場所にいる者が早く避難できるようにする。 ④ 拡声器等を十分に活用し、避難者に事故状況を知らせるとともに、パニックの防止に努める。 ⑤ 警察官職務執行法や消防法の規定により、避難誘導の現場に警察官や消防...
交通誘導2級検定練習問題

問題191、避難誘導の意義及び基本的事項(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題191 次の文章は、避難誘導の意義及び基本的事項に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 ① 交通誘導警備業務に従事中、警備実施場所及びその付近において火災その他の事故等が発生した場合は、必要な通報、連絡を行い、消火又は避難誘導等の措置を講じる。 ② 避難誘導を行う警備員は、安全な経路を指示するとともに校庭等、多数の者が避難可能な場所を指示する。 ③ 交通誘導警備員が火災などの発生現場において、避難誘導を行う場合は、警察官や消防吏員とは別に独自の指示を出し、速やかに避難させる。 ④ 交通誘導警備員が避難誘導を行うに当...
交通誘導2級検定練習問題

問題190、避難誘導の意義及び基本的事項(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題190 次の文章は、避難誘導の意義及び基本的事項に関する記述です、妥当なものを選びなさい。 ① 避難誘導の指示伝達及び避難誘導を行う警備員は、事故現場が見渡せるからといって、歩道等の避難経路上に配置につくことは避けるべきである。  ② 警備員が避難誘導の指示伝達及び避難誘導を行う場合、多くの者が避難可能な場所より、少数の者が複数箇所に点々と避難できるよう、避難場所を可能な限り多く指示をする。  ③ 警備員が避難誘導の指示伝達及び避難誘導をする際には、避難をする者のパニック事故防止のため、事故等の状況の広報は行うべきではない。 ...
交通誘導2級検定練習問題

問題189、避難誘導の指示伝達(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題189 次の文章は、避難誘導の指示伝達についての記述です、誤っているものはどれか選びなさい。 ① 警備員は避難状況が見渡せる歩道等の避難経路上に配置につき、拡声器等にて広報を行う。 ② 避難誘導の指示伝達は、何が、どのように危険かを伝える。 ③ 避難誘導の指示伝達は、避難場所の目印を伝える。 ④ 避難誘導の指示伝達の際は、多数の者が避難可能な場所よりも、少数の者が点々と余裕を持って避難できるよう、避難箇所をできる限り多く指示する。  ⑤ 避難誘導の指示伝達は、避難者に正確な事故状況を知らせ、パニック防止に努める。 ...
交通誘導2級検定練習問題

問題188、避難誘導の意義及び基本的事項(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題188 次の文章は、避難誘導の意義及び基本的事項についての記述です、適切ではないものを選びなさい。 ① 「避難」とは、災難を避けて、安全な場所に行くことであり、「誘導」 とは、人やものをある地点に導いていくことです。 ② 避難誘導を行う警備員は、たとえ事故現場が見渡せるからといっても、歩道等の避難経路上に配置につくことは避ける。  ③ 警察官職務執行法や消防法の規定によって、避難誘導の現場に、警察官や消防士等がいればその指示に従う必要がある。 ④ 避難経路の決定する場合、警備業務実施場所の地理や周辺状況を確認し、歩道等安全な...
交通誘導警備業務2級

事故等の発生時における心構え2、避難誘導(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. その他事故の発生時における応急の措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 ◎事故等の発生時における心構え 2 避難誘導の意義及び基本的事項 ○避難誘導の意義 ・「避難誘導」=災難を避けて
警備員指導教育責任者2号業務

避難誘導の方法5(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 ◎主な警備業務対象施設の避難誘導要領 ⑴ 高層ビル ○用途上の特異性 ・高層ビル(高層建築物)高さ31メートルを超える建築物をいう(消防法第8条の2) ・出火階及びその直上階のみに警報を発するように定められている。
警備員指導教育責任者2号業務

避難誘導の方法4(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 ◎ 火災発生の場合における避難誘導活動 安全に避難できる方法、手段を第1に、地上への誘導を基本として対策を立て、特別避難階段、屋内(外)階段を主体に誘導する。 高層ビルやホテル等では発災下階又は防火区画のある安全
警備員指導教育責任者2号業務

避難誘導の方法3(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 ◎人に対する避難誘導活動 ⑴ 集団の管理 *群衆そのものに潜む発災時の行動心理を理解して必要な措置を講じる。 ・混乱する大集団は少人数に分散する。 ・発災場所直近の非常口に全員が殺到しないよう、階段等の避難施設数
警備員指導教育責任者2号業務

避難誘導の方法2(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 ◎避難誘導活動の実施要領 ○平素における点検準備 *警備業務対象施設等の責任者と常に緊密な連絡をとり災害等に対する避難対策・準備の是正・整備に努める。そのチェックポイントとして、下記のようなことが考えられる。
警備員指導教育責任者2号業務

避難誘導の方法1(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 ○警備員と避難誘導活動 1.意義  *警備業務は、人の生命、身体に危険を及ぼし、その財産に重大な損害を及ぼす恐れのある事故等の現場に遭遇する機会が多い。 *警備業務対象施設等において事故等が発生した場合、避難誘導の
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題284、避難誘導(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題284、次の文章は、避難誘導に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① グラウンドや空地等、広くて安全な場所等の避難経路へ誘導する。 ② 混乱の防止を図るため、群集を一つの集団にまとめることに可能な限り
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題283、避難誘導(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題283、次の文章は、避難誘導に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① あらかじめ雑踏警備現場及びその周辺地域の地理や避難可能な広場等について、実地踏査しておく必要がある。 ② 雑踏警備業務に従事中、事件事故
雑踏警備業務2級

避難誘導について(雑踏2級)

雑踏警備業務2級 ◎避難誘導 ○避難誘導の意義 火災や事故等が発生した場合には、定められた安全な場所への避難誘導を行う。 警察官や消防吏員の指示に従う。  ○避難誘導の基本的事項 ア 責任者の指示に従い、次の事項を行う。 ① 避難経路の決定 
交通誘導2級検定練習問題

問題47、避難誘導の意義及び基本的事項(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題47 次の文章は、避難誘導の意義及び基本的事項に関する記述です、正しくないものを選びなさい。  ① 交通誘導警備業務中に火災その他の事故等が発生した場合は、必要な通報及び連絡を行い、消火活動や避難誘導、二次災害の防止等の措置を講じる必要がある。 ② 避難誘導を行う場合、警察官職務執行法や消防法の規定により、警察官や消防吏員の指示に従うこと。 ③ 多人数の避難誘導の場合は、少人数に分散して集団の混乱防止を図り、危険な場所にいる者が早く避難できるようにすること。 ④ 避難誘導に当たっては、多数の者が一度に避難できる場所よりも、少...
交通誘導警備業務2級

避難誘導の意義及び基本的事項

◉避難誘導の意義及び基本的事項 ・交通誘導警備業務中に火災その他の事故等が発生した場合は、必要な通報及び連絡を行い、消火活動や避難誘導等の措置を講じる。 ・避難誘導を行う場合は、警察官職務執行法や消防法の規定により、警察官や消防吏員の指示に従う。
スポンサーリンク