警備業の要件

スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題609、警備業法第3条(警備業の要件)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題609 次の文章は、警備業法第3条(警備業の要件)の欠格事由についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 第2号の「執行を受けることがなくなった日」とは、刑の時効が完成した場合及び仮釈放を許された者がその残余期間を終了した場合が考えられる。 ② 第3号の「警備業務に関し」とは、警備業務に密接に関連して違反が行われた場合をいい、勤務時間中の私行上のものを含み、勤務時間外の行為であってもその立場を利用して行われたものも含まれる。 ③ 第3号の要件に係る欠格期間の起算日は、検挙の日ではなく当該重大な不正行為をした日である。 ...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題608、警備業法第3条(警備業の要件)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題608 次の文章は、警備業法第3条(警備業の要件)警備業を営んではならない者に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 常習的に、暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為で国家公安委員会規則で定めるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者は警備業を営んではならない。 ② アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚醒剤の中毒者は警備業を営んではならない。 ③ 警備業者の相続人ではない者で、営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者は警備業を営んではならない。 ④ 法人でその役員のうちに警備業法第三...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題607、警備業法第3条(警備業の要件)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題607 次の文章は、警備業法第3条(警備業の要件)に関する記述です、正しいものを選びなさい。 ① 成年後見制度による、被補助人、被保佐人、成年被後見人は警備業を営んではならない。 ② 最近五年間に、警備業法の規定、警備業法に基づく命令の規定若しくは処分に違反し、又は警備業務に関し他の法令の規定に違反する重大な不正行為で都道府県公安委員会規則で定めるものをした者。 ③ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の規定による命令又は指示を受けた者であって、命令又は指示を受けた日から起算して五年を経過しないもの。 ④ 「心身の...
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第3条、警備業の要件(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 警備業の要件について (警備業の要件) 法 第三条  次の各号のいずれかに該当する者は、警備業を営んではならない。 一  成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。 二  禁錮以上の刑に処せられ、
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題215、警備業法第3条(警備業の要件)(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題215 次の文章は、警備業法第3条(警備業の要件)についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚醒剤の中毒者は、警備業を営んではならない。 ② 最近五年間に、この法律の規定に違反し、又は警備業務に関し他の法令の規定に違反する国家公安委員会規則で定める重大な不正行為で刑罰を受けた者は、警備業を営んではならない。 ③ 禁錮以上の刑に処せられ、又はこの法律の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して五年を経過しない者は、警備業を営んではならな...
警備業法穴埋め問題

2級検定、警備業法穴埋め問題404

交通誘導警備業務、雑踏警備業務、共通 2級検定穴埋め問題 問題404、次の文章は、警備業法第3条、第1項の第7号から第11号の条文です、( )内に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。 (警備業の要件) 第三条  次の各号のいずれかに該当する
警備業法穴埋め問題

2級検定、警備業法穴埋め問題403

交通誘導警備業務、雑踏警備業務、共通 2級検定穴埋め問題 問題403 次の文章は、警備業法第3条、第1項の第1号から第6号の条文です、( )内に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。 (警備業の要件) 第三条  次の各号のいずれかに該当する者
交通誘導警備業務2級

警備業法第3条 その3

前回の続き、九号から十一号について (警備業の要件) 第三条  次の各号のいずれかに該当する者は、警備業を営んではならない。 九  営業所ごと及び当該営業所において取り扱う警備業務の区分(前条第一項各号の警備業務の区分をいう。以下同じ。)ご
交通誘導警備業務2級

警備業法第3条 その2

前回の続き、五号から八号について (警備業の要件) 第三条  次の各号のいずれかに該当する者は、警備業を営んではならない。 五  暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 (平成三年法律第七十七号)第十二条 若しくは第十二条の六 の規定
交通誘導警備業務2級

警備業法第3条 その1

法第3条は第1項の一号から十一号まであります。 他人の需要に応じて、身体、生命、財産を守ることを内容とする警備業務において警備業者、警備員には高い信頼性が要求されます。警備業の活動領域拡大により業務の内容が国民生活に大きく影響するようになっ
スポンサーリンク