警備業法第2条

スポンサーリンク
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第2条、警備業法上の用語の定義(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 警備業法上の用語の定義 (定義) 法、第二条  この法律において「警備業務」とは、次の各号のいずれかに該当する業務であつて、他人の需要に応じて行うものをいう。 一  事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題212、警備業法第2条(定義)(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題212 次の文章は、警備業法第2条(定義)に関する記述です。誤っているものを選びなさい。 ① この法律において「警備業」とは、警備業務を行なう営業をいう。 ② この法律において「警備業者」とは、第四条の認定を受けて警備業を営む者をいう。 ③ この法律において「警備員」とは、警備業者の使用人その他の従業者で警備業務に従事するものをいう。 ④ 「警備業務」とは、警備業法第2条の各号のいずれかに該当する業務であつて、自己又は他人の需要に応じて行うものをいう。 ⑤ 「他人の需要に応じて行う」とは、他人との契約に基づき、 他人のため...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題211、警備業法第2条 警備業務(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題211 次の文章は、警備業法第2条における警備業務に関する記述です。誤っているものを選びなさい。 ① 主催者の委託を受けて、イベント会場において盗難等の事故の発生を警戒、防止する業務は警備業務に該当する。 ② ショッピングセンターの店内において、店長によって行われる万引き防止業務は警備業務に該当しない。 ③ 労働安全衛生法の規定により、事業者がその従業員を使用して行う労働災害防止の業務は警備業務に該当しない。 ④ 県から委託を受けて、港の沿岸において事故等の発生を警戒し、防止する業務は警備業務に該当する。 ⑤ 学習塾に通う...
警備業法穴埋め問題

2級検定、警備業法穴埋め問題402

交通誘導警備業務、雑踏警備業務、共通 2級検定穴埋め問題 問題402 次の文章は、警備業法第2条第2項から第6項とその解釈基準です、( )内に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。 ・警備業法 第二条 第2項 この法律において「( ① )
警備業法穴埋め問題

2級検定、警備業法穴埋め問題401

交通誘導警備業務、雑踏警備業務、共通 2級検定穴埋め問題 問題401 ○次の文章は、警備業法第2条第1項とその解釈基準です、( )内に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。 ・警備業法 第二条 第1項 この法律において「( ① )」とは、
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その5

警備業法 第2条(定義)  2  この法律において「警備業」とは、警備業務を行なう営業をいう。 3  この法律において「警備業者」とは、第四条の認定を受けて警 4  この法律において「警備員」とは、警備業者の使用人その他の従業者で警備業務に
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その4

警備業法 第2条 (定義) 第1項 第三号  運搬中の現金、貴金属、美術品等に係る盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務 ・これは、輸送警備業務のことで3号業務と言います。 ・現金、貴金属、美術品等の運搬に際しその正常な運行を妨げるような
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その3

警備業法 第2条(定義) 第1項 第二号  人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務 ・これは、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の二つの業務を言い、2号業務と言われています。
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その2

警備業法 第2条(定義) 第1項 「次の各号のいずれかに該当する業務」とは、 ・警備業法が制定された時、すでに行われていた警備業務を四つに分類した。 第1号 事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等(以下「警備業務対象施設」という。)における
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その1

法第2条について (定義) 第二条  この法律において「警備業務」とは、次の各号のいずれかに該当する業務であつて、他人の需要に応じて行うものをいう。 一  事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等(以下「警備業務対象施設」という。)における盗
スポンサーリンク