警備業務

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備2級・検定練習問題1、警備業務の意義と重要性

交通誘導警備2級 検定練習問題1、警備業務の意義と重要性 次の文章は、警備業務の意義と重要性に関する記述です、誤りを選びなさい。 警備業務とは、他人の要求に応じて、人の生命、身体、財産等に対する危害の発生を警戒し、防止する業務のことをいう。 昭和39年開催の東京オリンピック選手村の警備によって我が国の警備業は、その存在を広く認識された。 高度成長期の企業合理化と人手不足を背景とし、各種さまざまな分野で急速に発達し、現在では生活安全産業として国民生活に深く定着している。 警備業は、社会構造の複雑化、治安情勢の深刻化等により、国民の自主防犯活動が活発化し、ホームセキュリティ...
警備員指導教育責任者2号業務

警備業務の形態と種別・3号業務・運搬警備業務(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 警備業務の形態と種別 警備業法第2条(定義) 第二条 この法律において「警備業務」とは、次の各号のいずれかに該当する業務であつて、他人の需要に応じて行うものをいう。 一 事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等(以下「警
警備員指導教育責任者2号業務

警備業務の形態と種別・2号業務・交通誘導警備業務・雑踏警備業務(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 警備業務の形態と種別 警備業法第2条(定義) 第二条 この法律において「警備業務」とは、次の各号のいずれかに該当する業務であつて、他人の需要に応じて行うものをいう。 一 事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等(
警備員指導教育責任者2号業務

警備業務の形態と種別・1号業務・施設警備業務(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 警備業法第2条(定義) 第二条 この法律において「警備業務」とは、次の各号のいずれかに該当する業務であつて、他人の需要に応じて行うものをいう。 一 事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等(以下「警備業務対象施設」
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題289、警備業務の意義と重要性(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題289、次の文章は、警備業務の意義と重要性について述べられたものです。( )の中の言葉の組み合わせが正しいものを選びなさい。  各企業が管理体制の合理化を進める中で、(①警備業)はその活動領域を大幅に拡大するとともに
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題288、警備業務の意義と重要性(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題288  次の文章は、警備業務の意義と重要性について述べられたものです。( )の中の言葉の組み合わせが正しいものを選びなさい。  「警備業務」とは、( ① )に応じて、人の生命、身体、財産等に対する侵害の発生を
交通誘導2級検定練習問題

問題81、警備業務の基本的事項(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題81 次の文章は、警備業務の基本的事項についての記述です。正しいものを選びなさい。 ① 「警備業務」とは、他人の需要に応じて行う、人の生命、身体、財産等に対する事故の発生を警戒し防止する業務であり、交通誘導
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題606、警備業法第2条(用語の定義)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題606 次の文章は、警備業務に該当しないものを述べた文章です、誤っているものを選びなさい。 ① 貸ビル業者が通常必要とされる範囲で自己の所有建物においてその建物自体 の保全管理を行う業務。 ② 倉庫業者が通常の倉庫業の業務の内容として必要とされる範囲で自己の従業 員を倉庫等に配置して受託品の盗難等の事故の防止を行う程度の業務。 ③ 契約に基づき、契約先の系列会社が運搬中の現金、貴金属等に係る盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務。 ④ 建設業者が通常の建設業の業務の内容として必要とされる範囲で自己の従業 員を配置して建設...
交通誘導2級検定練習問題

問題71、警備業務(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題71 次の文章は、警備業務に該当する記述です、正しいものを選びなさい。 ① 水道工事会社が下水道工事に伴い、水道工事会社の従業員を配置して片側交互通行を行い、事故等の警戒をし、防止する業務。 ② 学習塾にかよう児童の親が、横断歩道においてボランティアで子供に対する事故の発生を警戒し、防止する業務。 ③ 飛行場において行う航空機の誘導業務。 ④ 港の沿岸において、県からの委託により、車両および雑踏の事故の発生を警戒し、防止する業務。 ⑤ 倉庫業者が通常の倉庫業の業務の内容として必要とされる範囲で自己の従業員を倉庫等に配置...
雑踏警備業務2級

警備業務の意義と重要性

雑踏警備業務2級検定 ◉警備業務の意義と重要性 「警備業務」とは、他人の需要に応じて行う、人の生命、身体、財産等に対する侵害の発生を警戒し防止する業務である。(警備業法 第2条) ○我が国における警備業の歴史 ・我が国に警備業が産業として誕生したのは、先進諸外国に比ベ比較的遅く、昭和37年頃のことである。 ・昭和39年のオリンピック東京大会の選手村の警備の成功により広く存在を認識されるようになる。 ・高度成長期、商店、事務所、工場などの施設警備業務、工事現場などでの交通誘導警備業務、現金輸送車の警備業務、ボディーガードなどの分野で急成長する。 ・昭和44年連続射殺事件の犯...
交通誘導2級検定練習問題

問題52、警備業務実施上の留意点(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題52 次の文章は、警備業務実施上の留意点について述べた文章です、誤っているものを選びなさい。 ① 2級検定合格警備員は、警備業法18条で定める資格者配置における検定の合格証明書の交付を受けている警備員に該当する。  ② 警備業務は、国民生活の安全に極めて関係の強い業務であり、一般市民生活や契約先の安全、ひいては公共の安全と秩序等に寄与するといった重要性を持っている。 ③ 警備員は、交通誘導警備業務を実施中に緊急車両が接近してきた場合には、安全を図るため、付近を走行する車両等に対し警察官と同様な強制力のある交通整理を行うことができる...
交通誘導警備業務2級

警備業務の基本的事項

過去の投稿と重複するかもしれませんが、個人的にこの項目を後の方に持って来たかったのです。 教本では最初に出て来ます。 ◉警備業務の意義と重要性 「警備業務」とは、他人の需要に応じて行う、人の生命、身体、財産等に対する侵害の発生を警戒し防止する業務である。(参考:警備業法第2条) ○我が国における警備業の歴史 ・我が国に警備業が産業として誕生したのは、先進諸外国に比ベ比較的遅く、昭和37年頃のことである。 ・昭和39年のオリンピック東京大会の選手村の警備の成功により広く存在を認識されるようになる。 ・昭和44年連続射殺事件の犯人逮捕に協力、昭和45年の大阪万国博覧会...
交通誘導警備業務2級

警備業法第23条及び第18条

警備業法 第二節 検定 (検定) 第二十三条  公安委員会は、警備業務の実施の適正を図るため、その種別に応じ、警備員又は警備員になろうとする者について、その知識及び能力に関する検定を行う。 第2項、第3項、省略 4  公安委員会は、第一項の
交通誘導2級検定練習問題

問題3、警備業務の実施の基本原則(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題3 次の文章は、警備業務の実施の基本原則について述べたものです、適切でないものを一つ選びなさい。 ① 警備員は、警備業法15条によって特別に権限を与えられているものでないことに留意する必要がある。
交通誘導2級検定練習問題

問題1、警備業務の基本的原則(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題1 次の文章は警備業務の基本的原則についての記述です、正しいものを一つ選びなさい。 ① 窃盗の現行犯人を逮捕したので、直ちに取り調べを行い、盗品その他所持品を警備員が預かってから警察に通報し、警官が到
スポンサーリンク