警備員教育

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題299、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題299、次の文章は、警備員の指導及び教育に関する制度の概要についての文章です、間違っているものを選びなさい。 ① 警備員に対する警備員教育は、「基本教育」と「業務別教育」並びに「必要に応じて行う警備業務に
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題298、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務2級 検定練習問題 問題298 警備業法第二十三条に「公安委員会は、警備業務の実施の適正を図るため、その種別に応じ、警備員又は警備員になろうとする者について、その知識及び能力に関する検定を行う。」とあるが、その種別で正しいものは
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題631、警備員に対する教育(指教責2号)

警備員指導教育責任者基本編練習問題 問題631 次の文章は、警備員教育についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 1級検定合格警備員で、当該検定に係る業務に従事する場合は、基本教育及び業務別教育が免除される。 ② 2級検定合格警備員
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題297、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題297、次の文章は、警備員の教育に関して令和元年改正後の記述です、誤りを選びなさい。 ① 警備員に対する教育は、基本教育、業務別教育並びに必要に応じて行う警備業務に関する知識及び技能の向上のための教育とする。
警備員指導教育責任者2号業務

警備員教育を行う者等を定める規程の一部改正

警備員教育を行う者等を定める規程の一部を改正(令和元年8月30日施行) 警備員教育を行う者等を定める規程 改正前と改正後の比較表(PDF) 出典 ・警察庁の施策を示す通達(生活安全局)() ・「警備業法施行規則の一部を改正する内閣府令等の施行について」()を加工して作成
警備員指導教育責任者2号業務

警備員教育の実施要領3(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 警備員教育の実施要領 ◉実技訓練の方法 警備業務実施の現場以外の場所で、対象警備員に対し動作、技術等を経験させ、知識、技能を身につけてもらう方法。 1, 実技訓練の方法と意義 警備業法施行規則第38条 ・以下の項目
警備員指導教育責任者2号業務

警備員教育の実施要領2(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 警備員教育の実施要領 ◉講義の方法による警備員教育 1 講義の方法の意義と特徴 ・講師の言葉によって、教育内容を多数の受講者に対し体系的、理論的に伝達し、その理解と習得を図る。 メリット ①内容を理論的に系統立てて教え
警備員指導教育責任者2号業務

警備員教育の実施要領1(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 警備員教育の実施要領 ◉警備員教育の概要 ・法第21条第2項に基づき、府令第38条において、その概要規定、教育計画書の作成、教育の実施管理等は、これに準拠しなければならない。 ○教育事項及び教育方法
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題630、警備員に対する教育(指教責2号)

警備員指導教育責任者基本編練習問題 問題630 次の文章は、警備員に対する教育のうち業務別教育を行うことができる者についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 指導教育責任者資格者証の交付を受けている者(当該指導教育責任者資格者証に係る警備業
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題628、警備員教育(指教責2号)

警備員指導教育責任者基本編練習問題 問題628 次の文章は、警備員教育についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 現に警備業務に従事させている一般の警備員に対する現任教育は、教育期ごとに基本教育3時間以上、業務別教育5時間以上の計8時間以上
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題627、警備員教育(指教責2号)

警備員指導教育責任者基本編練習問題 問題627 次の文章は、警備員教育についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備員に対する教育には、基本教育、業務別教育並びに必要に応じて行う警備業務に関する知識及び技能の向上のための教育がある。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題206、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務2級 検定練習問題 問題206 次の文章は、警備員教育について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 警備員に対する教育は、基本教育、業務別教育並びに必要に応じて行う警備業務に関する知識及び技能の向上のための教育である。 ② 警備業者は、臨時に採用したアルバイトの警備員を除く、すべての警備員に対して定められた必要な教育を行わなければならない。 ③ 現任教育とは、現に警備業務に従事させている警備員に対して行う教育である。 ④ 警備員には、警備業務の実施に伴って発生する様々な事象に対し、適法かつ妥当で臨機応変な対応が要求されるため、警備業務に関す...
交通誘導2級検定練習問題

問題53、警備員の教育(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題53 次の文章は、警備員の教育についての記述です、誤りを選びなさい。 この問題は警備業法施行規則改正前の問題です、教育時間数が変更になっています。作り直しますのでしばらくお待ちください。 令和元年8月30日改正関連の投稿記事をご覧ください。 ① 基本教育と業務別教育は、それぞれ新任教育と現任教育に区分される。  ② 警備員に対する教育には、基本教育と業務別教育並びに有資格者に対する教育とそうでない者に対する教育とに分類されている。 ③ 現任教育は、前期と後期の教育期毎において、基本教育3時間以上、業務別教育5時間以上、計8...
スポンサーリンク