検定制度

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題312、検定制度(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題312 次の文章は、警備業法第23条の検定制度に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 検定には、検定種別ごとに1級と2級の区分があり、2級は当該警備現場において自らの判断で適正な警備業務を実施する能力を有していることが求められる。 ② 成年被後見人やアルコール中毒者等、警備業法第3条第1号から第7号までのいずれかに該当する者に対しては、合格証明書は交付されない。 ③ 1級検定はその種別の2級の合格証明書の交付を受けてから、その種別の業務に1年以上従事する必要がある。 ④ 資格取得方法には、都道府県公安委員会が行う検定...
交通誘導2級検定練習問題

問題116、検定制度(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題116 次の文章は、検定制度についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 検定制度によって、専門的知識及び技能を有する警備員が当該警備業務を実施することとなり、必然的に、より高度な警備業務の提供が期待できる。
交通誘導2級検定練習問題

問題113、検定制度と資格者配置(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題113 次の文章は、検定制度と資格者配置についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 1級検定は、警備業務の種別の2級の合格証明書の交付を受けた後、何れかの警備業務に1年以上従事しなければ受ける
交通誘導2級検定練習問題

問題112、検定制度と資格者配置(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題112 次の文章は、検定制度と資格者配置についての記述です、誤っているものを選びなさい。  ① 警備業者は、警備員等の検定等に関する規則で定める特定の種別の警備業務については、国家 公安委員会規則で定める
交通誘導2級検定練習問題

問題78、警備員の検定制度(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題78 次の文章は、警備員の検定制度についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 検定は公安委員会が、警備業務の実施の適正を図るため、その種別に応じ、警備員又は警備員になろうとする者について、その知識及び能力に関する検定を行う。 ② 検定が行われる警備業務の種別は、施設警備業務、交通誘導警備業務、雑踏警備業務、貴重品運搬警備業務、核燃料物質等危険物運搬警備業務、空港保安警備業務、の6種別である。 ③ 検定には、検定種別ごとに1級と2級の区分があり、1級検定は当該警備業務の種別の2級の合格証明書の交付を受けた後、当該警備業務に...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題208、警備業法第23条(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題208 次の文章は、警備業法第23条の検定制度に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備業者は、検定合格警備員に実施させなければならない警備業務を行うときは、当該警備員に検定合格証明書を携帯させる必要
スポンサーリンク