基本的人権

スポンサーリンク
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、自由権3(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎自由権 ○人身の自由の保障に関する根本原則 憲法第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。 ・どんな人も「法律の定める手続」
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、自由権(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎自由権 ・基本的人権の分類の一つ、法律に反しない限り国民各個人が国家から制約も強制もされず、自由に物事を考え、自由に行動できる権利。 ○自由権は以下の3つに分類できる。 ①精神的自由権 思想
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、4(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎基本的人権の意義と性格 ○基本的人権の性格 ・個人の尊重と公共の福祉 日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務 第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、3(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎基本的人権の意義と性格 ○基本的人権の性格 日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務 第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、2(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎基本的人権の意義と性格 ○基本的人権の性格 日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務 第十一条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、1(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎序論 警備業務の特殊性から、基本的人権と極めて密接な関わりを有している。 ・他人の権利、自由を侵害する等の行き過ぎや不当な行為を伴いやすい。 ・委託者と第三者との複雑多様な利害関係の中での
交通誘導2級検定練習問題

問題57、憲法の基本的人権と公共の福祉(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題57 次の文章は、 憲法の基本的人権と公共の福祉について述べたものです。正しいものを選びなさい。 ① 職業選択の自由は、公共の福祉による制約を受けない。 ② 表現の自由は、公共の福祉による制約を受けない。  ③ 海外渡航の自由は、公共の福祉による制約を受けない。  ④ 学問の自由は、公共の福祉による制約を受けない。  ⑤ 思想・良心の自由は、公共の福祉による制約を受けない。 ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 公共の福祉 答えは下の方にあります。 ◉◉◉答えはここをクリック◉◉◉ ...
交通誘導2級検定練習問題

問題11、憲法の人権(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題11 次の文章は、日本国憲法の人権についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 「基本的人権」とは、人間らしい生活を送る権利、すべての人間が人間であるかぎりにおいてもっている権利のことを言い
交通誘導2級検定練習問題

問題10、憲法の人権(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題10 次の文章は、日本国憲法の人権についての記述です、正しいものを一つ選びなさい。 ① 憲法第33条のいう「権限を有する司法官憲」とは、裁判官及び検察官のことをいう。 ② 学問の自由は、公共の福祉によって
交通誘導警備業務2級

憲法(人権についての概略的知識)1

日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務 第十一条  国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる
スポンサーリンク