危険予知

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

問題179、危険予知(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題179 次の文章は、危険予知に関する記述です、KY活動を行う上で妥当ではないものを選びなさい。 ① 過去に「ヒヤリ」とした、「ハッ」としたことを思い出してもらい、数多くあげてもらうことがポイント。 ② 出てきたアイデアの中から具体的で実行可能な対策を選び、「チームとしてこうすべきだ」という実践的な行動や対策を出していく。 ③ 対策は作業に当たる者の立場になって、実行可能な内容を全員で出し合い、出し合った対策の中で、全員が必ず実行する内容を決め作業にあたる。 ④ いろいろ出てきた危険の中から、「特に重大な災害に結びつく項目」を...
交通誘導2級検定練習問題

問題178、危険予知活動(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題178 次の文章は、危険予知活動に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 ① 労働災害は設備面や管理面の不備と、人がついうっかりしたり、ぼんやりしたり、横着したりする誤った行動(ヒューマンエラー)によって起こる。 ② 作業終了後その作業に「どんな危険が潜んでいたのか」を話し合い、「ここが危ない」と危険予知(KY)する。そしてその「危ない」状況への対策を決め、翌日から実行する。 ③ 日々、警備業務の開始前に危険予知活動(KY活動)を行うことでヒューマンエラー事故防止の決め手となる。 ④ 危険予知活動(KY活動)は現場の...
交通誘導警備業務2級

受傷事故防止に必要な危険予知(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 6受傷事故防止に必要な危険予知 ○危険予知とは ・労働災害は、設備面や管理面の不備と、ヒューマン
交通誘導2級検定練習問題

問題44、危険予知(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題44 次の文章は、危険予知について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 子供の行動特性は、興味のあるものに対して意識が集中し他のことは目に入らなくなり、いきなり走り出したり、思わぬ方向に飛び出したりすることである。 ② 「空走距離」とは、運転者が危険に気づいてブレーキを踏みブレーキが効くまでの距離、約2秒間であり、「制動距離」とは、ブレーキが効き始めてから車両が停止するまでの距離である。 ③ 交通誘導警備業務を行う警備員は、大型車等の内輪差、外輪差、操舵方式の特性などを把握しておき、車両近くの危険な場所では誘導を行わな...
交通誘導警備業務2級

交通誘導資機材を使用した道路における危険防止措置要領

「交通誘導資機材を使用した道路における危険防止措置要領」という長い題名ですが、検定規則で定められた項目です。 教本の「交通誘導警備業務の手引き」にはそのままの項目はなく「危険予知」と掲載されています。2級検定の問題集でも危険予知という形で出
スポンサーリンク