応急手当

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

問題174、救急蘇生法、応急手当(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題174 次の文章は、救急蘇生法の意義と重要性、その概要、負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要に関するものです、正しいものを選びなさい。 ① 誰かが突然倒れるところを目撃したり、倒れているところを発見した場合は、すぐに傷病者、負傷者の元に駆け寄り救護活動を開始する。 ② 救急蘇生法を行う場合、傷病者を助けることが最も優先される。 ③ 胸骨圧迫は可能な限り中断せずに、絶え間まなく行い、圧迫のテンポは1分間に90~100回である。 ④ 応急手当は、反応がない負傷者に対して一般の人がその悪化を回避することを目的に行う最小限の諸...
交通誘導2級検定練習問題

問題173、負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題173 次の文章は、負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要に関するものです、妥当ではないものを選びなさい。 ① 「回復体位」とは、反応はないが普段どおりの呼吸をしている傷病者を仰向けにしておくと、嘔吐した場合に気道が詰まり窒息するおそれがあるので、嘔吐物が自然に流れ出るように横を向く姿勢にしておくことである。 ② 「回復体位」は、傷病者の下になる腕を前に伸ばし、上になる腕を曲げ、その手の甲に傷病者の顔を乗せる。横向きに寝た姿勢を安定させるため、傷病者の上になる膝をまっすぐ下に伸ばす。 ③ 大出血の場合の止血の方法は、出血部位にガーゼ...
交通誘導警備業務2級

負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 事故の発生時における負傷者の救護及び道路における危険の防止のための措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 2 負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要 ① 回復体位 ・反応はないが普段
交通誘導2級検定練習問題

問題63、応急手当て確認事項(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題63 次の文章は、 応急手当てを行うために負傷者の状態の把握をする確認事項です、妥当ではないものを選びなさい。 ① 負傷原因の聴取 ② 負傷者の性別、年齢(推定) ③ 負傷者の氏名、住所 ④ 反応、呼吸の状態 ⑤ 出血、顔色、体温 ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 救急法の意義と重要性 答えは下の方にあります。 ◉◉◉正解はここをクリック◉◉◉ 答え、③ 負傷者の氏名、住所は応急手当てを行うための確認事項としては妥当ではない。 ・次の問題へ→→→問題...
交通誘導2級検定練習問題

問題43、応急手当について(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題43 次の文章は、負傷者に対する応急手当について述べたものです、誤りを一つ選びなさい。 ① 負傷者が倒れている場所が安全でない場合は、必要最小限の範囲で安全な場所へ移動する。 ② 応急処置を行う場合は
交通誘導警備業務2級

応急手当の概要

◉応急手当の概要 止血法 小出血の場合 ・指など、消毒していないもので傷口に触れず、滅菌ガーゼを当てて包帯をする。凝血は破らない。 大出血の場合 ・直接圧迫止血法と間接圧迫止血法がある。 ①直接圧迫止血
スポンサーリンク