連絡要領

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題267、警備隊本部への連絡要領(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題267、次の文章は、警備隊本部への連絡要領について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 雑踏警備現場で事故等が発生した場合、現場の警備員が警備隊本部に報告し、警備隊本部から警察機関、消防機関、契約先等に連絡
雑踏警備業務2級

警備隊本部への連絡要領

◉警備隊本部への連絡要領 他人の需要に応じて、人の生命、身体、財産等に対する侵害を警戒し、防止する警備業務は、事件事故の発生に接する機会が他の業務に比べて多いものと思われる。 事件事故が発生した場合には、警備業者と契約先だけの問題にとどまらず、社会公共の安全と秩序に大きな影響を及ぼす可能性がある。 警備員がとり得る措置は、一般市民が自己を守るためにとることのできる範囲内に限られる。 契約先や第三者の生命、身体、財産等について、事件事故が発生した場合の最終的な処置は、各種の強制的権限を行使できる警察機関等に委ねる。 *警備員は「警備業法第15条」により特別に権限を与えら...
交通誘導2級検定練習問題

問題40、警察機関等への連絡要領(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題40 次の文章は、警察機関等への連絡要領についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備員みずからが事件事故の現場から直接連絡を行う場合、条件の許す範囲で現場に近いところから行うことが大切である。 ② 緊急連絡は「拙速」より「巧遅」を心がけ、明瞭かつ詳細に伝えることが大切である。 ③ 緊急連絡は、警察官等の現場到着までの間、状況の変化等、必要と思われる場合は随時追加連絡を行う。 ④ 交通誘導警備現場で交通事故が発生した場合には、必要な連絡を行うとともに、負傷者の救護や二次災害防止等の措置をとる。 ⑤ 「六何の...
交通誘導警備業務2級

警察機関等への連絡要領2

警察機関等への連絡要領のまとめ、その2 ◉ 連絡の状況による分類 ①警備員みずからが事件事故の現場から直接連絡を行う場合 ・迅速かつ正確に行うためにもできるだけ現場から直接行う。 ・連絡は条件の許す範囲で現場に近いところから行うことが大切で
交通誘導警備業務2級

警察機関等への連絡要領1

警察機関等への連絡要領のまとめ 交通誘導2級では学科、実技の両方の試験があります。 学科は5択問題です。 実技の要領は、事故内容の状況想定文を渡され1分間だけ読む時間を与えられます。 読みながらメモを取ることもできます。 状況想定文は連絡し
スポンサーリンク