正当防衛

スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題653、正当防衛と緊急避難(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題653 次の文章は、正当防衛と緊急避難に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 緊急避難が、正当化されるための保護法益として、刑法では自己又は他人の生命、身体、自由又は財産の4種類を挙げているが、これ以外にも名誉や貞操等も含まれる。 「防衛の程度を超えた」とは、急迫不正の侵害に対して防衛の意思で反撃行為をしたが、その行為が「やむを得ずにした」と認められる場合であり、防衛の相当性の要件を欠くことをいう。 過剰防衛は正当防衛の要件を満たさないので犯罪が成立するが、情状によって刑の減軽又は免除を受ける。しかし、必ずというものでは...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題652、正当防衛(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題652 次の文章は、正当防衛に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 正当防衛は、不正の侵害を行う者に対し自らの権利を守ための反撃として行われるものであり、第三者の権利を守る場合には成立しない。 その侵害が急迫なものでなければならず、将来侵害されるおそれがあるという程度では、正当防衛は認められない。 将来起こるであろう不正な侵害に対して、あらかじめその防衛のために設備を整えるといった行為は認められる。 責任能力のない心神喪失者から不正な侵害があった場合にも、正当防衛は認められる。 正当防衛はあくまで、急迫不正な侵害を...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題30、正当防衛及び緊急避難

交通誘導警備業務 2級検定練習問題30、正当防衛及び緊急避難 次の文章は、正当防衛及び緊急避難に関する記述です、正しいものを選びなさい。 正当防衛は急迫不正の侵害に対して自己又は他人の権利を防衛するための「不正対不正」の関係、緊急避難は自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるための「正対正」の関係といわれている。 正当防衛行為は、「自己又は他人の権利を防衛するためやむを得ずにした行為」であり、防衛手段として社会通念上、相当ではないがやむを得ないと認められることを必要とする。 正当防衛は、不正な侵害に対して反撃をする行為であり、緊急避難は、正当な第三者...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題27、正当防衛

交通誘導警備業務 2級検定練習問題27、正当防衛 次の文章は、正当防衛に関する文章です、正しいものを選びなさい。 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。 正当防衛としての行為は、犯罪の構成要件に該当した場合でも、侵害排除のために必要な限度を超えなければ違法ではない行為になる。 正当防衛行為は急迫不正な侵害行為に対して認められるものであるから、その侵害行為が終わってもしばらくは正当防衛行為は認められる。 刑事訴訟法の(犯罪の不成立及び刑の減免)によって正当防衛の規定は定められ...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題26、正当防衛

交通誘導警備業務 2級検定練習問題26、正当防衛 次の文章は、正当防衛に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 「以前に不当な侵害を受けた相手から、必ず、またすぐに不当な侵害をしてくるので防衛のために先に攻撃した。」これは正当防衛にあたらない。 「不正を注意した相手が反論してきたのでゲンコツをしようとしたらバットを持って防衛してきたので危険を感じてこちらもバットで攻撃し防衛した。」これは正当防衛にあたらない。 「警備態度が悪いといきなり殴りかかられたので、防衛しようとしたが強い怒りを感じ逆上してしまい積極的に攻撃してしまった。」これは正当防衛にあたる。 「電車を待...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題649、刑法、正当防衛(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題649 次の文章は、正当防衛に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 正当防衛は、自己又は他人の権利を防衛するため、防衛行為が侵害者に向けられた行為である。 「急迫」であること、正に侵害が加えられようとしている必要があり、将来侵害されるおそれがあるという程度では正当防衛は認められない。 急迫不正な侵害をした相手が、責任能力のない心神喪失者でも正当防衛は認められる。 急迫不正な侵害をした相手が、自分がひるんでいる間に侵害をやめ背を向けて逃げようとしているときに、相手に反撃を加える行為も正当防衛にあたる。 今まさに、身体...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法1(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯ 正当防衛についての概略的知識 (正当防衛)...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責(違法かつ有責)な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合がある。この様な特別な事情のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯...
交通誘導2級検定練習問題

問題320、正当防衛と緊急避難(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題320 次の文章は、正当防衛と緊急避難についての記述です、妥当なものを選びなさい。 ① 同僚警備員が凶器を持った犯人に襲われたので、同僚を助けるために警戒棒で同僚と一緒に応戦した。これは正当防衛として認められない。 ② 犯人が大声をあげて素手で襲いかかってきたので、犯人を制圧のうえ、警戒棒で頭部を殴打し、失神させた。これは正当防衛として認められる。 ③ 緊急避難は、正当防衛と同様に、他人の不正な侵害があった場合だけが条件となる。 ④ 緊急避難は、避難行為から生じた侵害が、避けようとして生じた侵害の程度を超えないことが条件になる。...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題319、刑法、正当防衛と緊急避難(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題319 次の文章は、刑法、正当防衛と緊急避難についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 侵害されるおそれがあるだけの場合や、既に侵害が終ってしまった場合には、正当防衛は認められない。 ② 防衛行為が程度を超えた場合は、過剰防衛となるが刑罰の対象とはならず、それが防衛のための行為であったということが情状において考慮され、その刑は免除される。 ③ 正当防衛は、権利を防衛するため「やむを得ずにした行為」であり、防衛手段として社会通念上、相当と認められることが必要である。 ④ 刑法、第三十七条の現在の危難とは、人の生命、身体、...
交通誘導2級検定練習問題

問題129、刑法の正当防衛と緊急避難(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題129次の文章は、刑法の正当防衛と緊急避難についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為のことである。
交通誘導警備業務2級

刑法1、正当防衛、緊急避難についての概略的知識(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) ◎法令に関すること 3 刑法(正当防衛、緊急避難についての概略的知識) ◎違法性阻却事由 刑法上の「犯罪」とは ・刑法で定める犯罪の構成要件に該当する違法で有責な行為。 ・社会秩序に違反し、個人や
警備員指導教育責任者2号業務

刑法、正当防衛(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 刑法 ◎犯罪 ○正当防衛 ・社会生活上の利益を他人の不法な侵害から守ることは国家の任務。 ・緊急の場合、国家の助けを待っことなく権利を守る行為として一定の範囲で実力行使を許容する。 刑法第七章 犯罪の不成立及び刑の減免
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題226、正当防衛及び緊急避難(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題226 次の文章は、正当防衛及び緊急避難についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 緊急避難は、他人の違法でない行為や人の行為でない自然現象などによって「現在の危難」が生じ、その危難を避けるための避難行為が、第三者の権利を侵害したときが対象となる。 ② 違法性阻却事由として刑法に定められているものには、法令による行為及び正当業務行為、正当防衛行為、緊急避難行為がある。 ③ 正当防衛は、将来侵害される恐れがあることを理由にした防衛行為や、すでに侵害が終わってしまった場合には認められない。 ④ 急迫不正の侵害に対して、自己...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題225、正当防衛及び緊急避難(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題225 次の文章は、正当防衛及び緊急避難についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 正当防衛の行為は、たとえその行為が犯罪の構成要件に該当する場合でも、急迫不正な侵害を排除するために必要な限度を超えない限り、違法でない行為となる。 ② 緊急避難の要件に当てはまる状況であっても、自分への危難、侵害を受けてでも他人を守るべき業務上特別の義務のある者については、自らの緊急避難は絶対に許されるものではない。 ③ 緊急避難は、避難行為によって生じた害が、避けようとした害の程度を超えなかった場合に限って成立する。 ④ 正当防衛は、...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題224、正当防衛及び緊急避難(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題224 次の文章は、正当防衛及び緊急避難についての記述です、正しいものを選びなさい。 ① 正当防衛及び緊急避難における侵害には、台風や災害による自然侵害も含まれる。 ② A警備員が交通誘導警備業務に従事中、通行人Bがいきなり隠し持っていた包丁でA警備員に襲いかかってきた。A警備員は身の危険を感じ、所持していた誘導灯でBの右腕を強打して傷害を与えた。A警備員の行為は、正当防衛に当たる。 ③ 上記②の通行人Bは、後に責任能力を欠く心神喪失者であることが判明した。この場合、Bの行為は違法とはいえないので、A警備員の行為は正当防衛とならない。...
交通誘導2級検定練習問題

問題72、正当防衛及び緊急避難(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題72 次の文章は、正当防衛及び緊急避難についての記述です、正しいものを選びなさい。 ① 不正な侵害行為を行なった犯人が、逮捕後に心神喪失者であると判明されても、その行為の違法性は阻却されないので正当防衛は成立する。 ② 正当防衛は「正」対「正」の関係であるのに対して、緊急避難は「不正」対「正」の関係であると言える。 ③ すでに侵害が終わってしまった行為に対しては、正当防衛は行うことはできない。 ④ 緊急避難は、正当防衛と同じく「急迫不正の侵害」を避けるため、やむを得ずにした行為である。 ⑤ 他に防衛の方法があればその方...
交通誘導2級検定練習問題

問題12、正当防衛(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 ○問題12 次の文章は刑法第36条、正当防衛についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 正当防衛は、将来侵害される恐れがあることを理由にした防衛行為や、すでに侵害が終わってしまった場合には認められない。
交通誘導警備業務2級

正当防衛

交通誘導警備業務2級 雑踏警備業務2級 関連 刑法 (明治四十年四月二十四日法律第四十五号) 最終改正:平成二八年六月三日法律第五四号 第一編 総則 第一章 通則 第七章 犯罪の不成立及び刑の減免 (正当防衛) 第三十六条  急迫不正の侵害
スポンサーリンク