定義

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題235、道路交通法第2条、定義(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題235 次の文章は、道路交通法第2条、定義に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「道路法第二条第一項に規定する道路」とは、一般交通の用に供する道で、高速自動車国道、一般自動車道、都道府県道、市町村道をいう。 ② 「道路運送法第二条第八項に規定する自動車道」とは、専ら自動車の交通の用に供することを目的として設けられた道で道路法による道路以外のものをいう。 ③ 「一般交通の用に供するその他の場所」とは、道路法に規定する道路、道路運送法に規定する自動車道以外で私有地、公有地にかかわらず、道路としての形態の有無にかかわらず、不特...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題231、遺失物法第2条、定義(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題231 次の文章は、遺失物法第2条における定義についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「遺失物」とは、他人が占有していた物であって、当該他人の意思に基づかず、かつ、奪取によらず、当該他人が占有を失ったもので、それを発見した者の占有に属しているものをいう。 ② 「物件」とは、原則として、物一点を単位として捉え、社会通念上一体のものとして取 り扱われるのが通常であると考えられる場合には、複数の物であっても、 一の物件として取り扱うものとする。 ③ 「埋蔵物」とは、他人が占有していた物であって、当該他人の意思に基 づくか否かに...
交通誘導2級検定練習問題

問題18、道路交通法の定義(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 ○問題18 次の文章は、道路交通法の定義についての記述です、誤りを一つ選びなさい。 ① 駐車とは車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止することをいう。 ② 車両等が停止し
交通誘導警備業務2級

道路交通法、第2条、その2

「道路」とは 1、道路法第2条第1項に定める道路 道路法(用語の定義) 第二条  この法律において「道路」とは、一般交通の用に供する道で次条各号に掲げるものをいい、トンネル、橋、渡船施設、道路用エレベーター等道路と一体となつてその効用を全うする
交通誘導警備業務2級

道路交通法、第2条、その1

第2条は長いのでとりあえず条文だけを掲載します。 道路等の用語の定義です。 条文掲載部分は 交通誘導誘導業務の手引き書に準じます。 おじさんにとっては、はるか遠い昔、 自動車教習所で習ったことがあるような内容なのですが、 講習を受けてみて ヘェ〜 
交通誘導警備業務2級

遺失物法、第1条、第2条

(趣旨) 第一条  この法律は、遺失物、埋蔵物その他の占有を離れた物の拾得及び返還に係る手続その他その取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。 ○警備員は警備現場でのトラブルにならないよう、契約先の信用を失うことのないように遺失物等の取扱い
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その5

警備業法 第2条(定義)  2  この法律において「警備業」とは、警備業務を行なう営業をいう。 3  この法律において「警備業者」とは、第四条の認定を受けて警 4  この法律において「警備員」とは、警備業者の使用人その他の従業者で警備業務に
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その4

警備業法 第2条 (定義) 第1項 第三号  運搬中の現金、貴金属、美術品等に係る盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務 ・これは、輸送警備業務のことで3号業務と言います。 ・現金、貴金属、美術品等の運搬に際しその正常な運行を妨げるような
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その3

警備業法 第2条(定義) 第1項 第二号  人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務 ・これは、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の二つの業務を言い、2号業務と言われています。
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その2

警備業法 第2条(定義) 第1項 「次の各号のいずれかに該当する業務」とは、 ・警備業法が制定された時、すでに行われていた警備業務を四つに分類した。 第1号 事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等(以下「警備業務対象施設」という。)における
交通誘導警備業務2級

警備業法 第2条 その1

法第2条について (定義) 第二条  この法律において「警備業務」とは、次の各号のいずれかに該当する業務であつて、他人の需要に応じて行うものをいう。 一  事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等(以下「警備業務対象施設」という。)における盗
スポンサーリンク