通行区分

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題237、道路交通法、歩行者の通行方法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題237 次の文章は、道路交通法における、歩行者の通行方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。 ② 道路の右側端を通行することが危険であるときその他やむを得ないときは、道路の左側端に寄つて通行することができる。 ③ 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては歩道等を通行しなければならない。 ④ 歩道を通行する歩行者は、普通自転車通行指定部分があるときは、普通自転車通行指定部分...
交通誘導2級検定練習問題

問題20、道路交通法第17条(通行区分)(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題20 次の文章は、道路交通法第17条(通行区分)についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 車両は歩道等と車道の区別のある道路は、車道を通行しなければならない。また、道路の中央から左側部分
交通誘導警備業務2級

道路交通法第17条(通行区分)その2

道路交通法 (通行区分) 第十七条 5  車両は、次の各号に掲げる場合においては、前項の規定にかかわらず、道路の中央から右の部分(以下「右側部分」という。)にその全部又は一部をはみ出して通行することができる
交通誘導警備業務2級

道路交通法第17条(通行区分)その1

道路交通法 (通行区分) 第十七条  車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき
交通誘導警備業務2級

道路交通法、第10条

道路交通法  第二章 歩行者の通行方法 (通行区分) 第十条  歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯(次項及び次条において「歩道等」という。)と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。
スポンサーリンク