警備業法第18条

スポンサーリンク
交通誘導警備業務2級

警備員の指導及び教育(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 警備員の資質の向上に関する専門的な知識 1 警備員の指導及び教育に関する制度の概要 警備業者等の責務(警備業法第21条) ・警備業者及び警備員は、警備業務に関する知識及び能力の向上に努めなけ
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題622、警備業法第18条、特定の種別の警備業務(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題622 次の文章は、検定の合格証明書の交付を受けている警備員を配置すべき特定の種別の警備業務です、正しいものを選びなさい。 ① 施設警備業務 貴重品輸送警備業務 雑踏警備業務 保安警備業務 交通誘導警備業務 核燃料物質等危険物運搬警備業務 ② 交通誘導警備業務 空港保安警備業務 機械警備業務 原子力物質等危険物運搬警備業務 施設警備業務 貴重品輸送警備業務 ③ 雑踏警備業務 空港保安警備業務 施設警備業務 身辺警護警備業務 交通誘導警備業務 核燃料物質等危険物輸送警備業務 ④ 核燃料物質等危険物運搬警備業務 施設警備業務 ...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題621、警備業法第18条、特定の種別の警備業務(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題621 次の文章は、警備業法第18条、特定の種別の警備業務の実施についての記述です。誤っているものを選びなさい。 ① 法第18条は、検定合格警備員の配置基準について規定したものである、これは警備業が依頼者からの需要に的確に応えることができるよう平成16年の法改正時に新設されたものである。 ② 警備業者は、国家公安委員会規則で定める種別の警備業務を行うときは、都道府県公安委員会規則で定めるところにより、その種別ごとに合格証明書の交付を受けている警備員に警備業務を実施させなければならない。 ③ 法第18条における「国家公安委員会規則...
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第18条、特定の種別の警備業務の実施(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 特定の種別の警備業務の実施について (特定の種別の警備業務の実施) 第十八条  警備業者は、警備業務(第二条第一項第一号から第三号までのいずれかに該当するものに限る。以下この条並びに第二十三条第一項
交通誘導警備業務2級

警備業法第23条及び第18条

警備業法 第二節 検定 (検定) 第二十三条  公安委員会は、警備業務の実施の適正を図るため、その種別に応じ、警備員又は警備員になろうとする者について、その知識及び能力に関する検定を行う。 第2項、第3項、省略 4  公安委員会は、第一項の
スポンサーリンク