スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題676、刑事訴訟法、現行犯逮捕に伴う実力行使の限界(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題676 次の文章は、刑事訴訟法、一般私人の現行犯逮捕に伴う実力行使の限界に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 逮捕は実力による身体の拘束であり、必要な限度を超えた実力の行使が許されないのは当然である。 逮捕しようとする相手に必要以上の実力を行使し傷を負わせれば、傷害罪の刑事責任を負う場合がある。 その限度は逮捕者の身分、犯人の挙動その他その際における具体的状況に応じて、社会通念に照らして必要最小限度に留めなければならない。 犯人が素直に逮捕に応じることが通常期待できない以上、その気勢を削ぎ機先を制する意味で、その場に応じたある程度の拡大解釈...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題675、刑事訴訟法、現行犯、軽微な犯罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題675 次の文章は、刑事訴訟法、現行犯、軽微な犯罪に関する記述です、正しくないものを選びなさい。 三十万円(刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間二万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪で、犯人の住居若しくは氏名が明らかでない場合、現行犯逮捕が許される。 三十万円(刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間二万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪で、犯人が逃亡するおそれがある場合、現行犯逮捕が許される。 過失(業務上の場合を除く)往来...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題76、誘導灯を使用した後進の誘導

交通誘導警備業務 2級検定練習問題76 次の文章は、誘導灯を使用した後進の誘導に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 後進誘導を行う位置は、原則として、車両の側面から1メートル以上、車両後部から4〜5メートル離れた位置で、サイドミラー等で運転者から見える位置で行います。 誘導をする車両側の手に誘導灯を持つ。 進行方向の安全を確認した後、誘導灯を持っていない腕を肩の高さにし手のひらを正面にむけ、進行方向を示す。 誘導車両を注視して、誘導灯を肩の高さにする。 進行方向の安全を確認しつつ、誘導灯を肩の高さから顔の前面の位置まで、ひじから先を曲げて上方に大きく円を描くように振りながら、車両との...
スポンサーリンク
交通誘導警備業務2級

車両等の誘導に関することⅡ、合図の種類と基本動作5、誘導灯(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第3章 車両等の誘導に関すること 第2節 人又は車両に対する合図の方法と人又は車両の誘導を行うため必要な専門的知識及び能力 2 合図の種類と基本動作 交通誘導警備員の、体の向きや手足の動きが、人や車両の通行に大きな影響を与える。 常に正しい姿勢と要領で合図を行う。 ⑹ 誘導灯を使用した幅寄せ、徐行の誘導 夜間や降雨時に使用する、状況によっては昼間に使用することもある。 合図の方法は手旗による合図の方法に準ずる。 一本の誘導灯で赤旗、白旗の両方の役目をさせるため、持ち替えたり、反対の素手によって合図の補足をしたりする。 ア、幅寄せの合図 体を対向車両に対...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題674、刑事訴訟法「現行犯人、準現行犯人」(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題674 次の文章は、現行犯人、準現行犯人についての記述です、妥当ではないものを選びなさい。 現行犯人、準現行犯人を逮捕する場合は、共に犯罪及び犯人の明白性が必要である。 凶器を所持している人が、罪を行ない終わってから間がないと明らかに認められれば、現行犯人である。 「誰何されて逃走しようとするとき」とは、質問しようとしたところ急に逃げ出す場合や警備員の姿を見て逃げるような場合も含まれる。 「現に罪を行い」の「罪」とは、窃盗、強盗、傷害など特定の罪のことを言う。 犯人の自供によって、犯罪と証跡の関係を確認したときは、準現行犯とは認められない。 ヒント↓↓...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題75、誘導灯を使用した進行の誘導

交通誘導警備業務 2級検定練習問題75 次の文章は、誘導灯を使用した進行の誘導に関する文章です、妥当ではないものを選びなさい。 体を車両の進行方向に平行にする。(左手の誘導灯は停止の合図の位置のまま、車両の進行方向に対して直角) 進行方向の安全を確認した後、誘導灯を右手に持ち替え、車両を注視し、次に誘導灯を車両の方向へ差し出し、両肩の延長線上で垂直に立てる。 車両を注視しながら、誘導灯を水平から反対側の下方約45度まで、ひじや手首を曲げずに下を通って大きく振る。 警笛を使用する場合は、腕の動作に合わせて、警笛を短音(約0.5秒間、ピッ)を吹鳴する。 その後、速やかに基本の姿勢に戻るが、車両が自...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題371、警備隊本部への連絡要領(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題371 次の文章は、警備隊本部への連絡要領に関する文章です、妥当ではないものを選びなさい。 「六何の原則」とは、① 何時、② 何処で、③ 何人が、④ 何を、⑤ 何故、⑥ 如何にしての6つである。 事故等の発生時においては、原則として、警察機関等や契約先への連絡は警備隊本部から行う。 緊急連絡は「巧遅」より「拙速」を心掛け、時機を失しない。 事故等の緊急事案が発生した場合には、警備員はまず、事態の収拾に努め、情勢が静まった後に警備隊本部へ詳細を連絡する。 自分だけで一気に話そうとせず、落ち着いて聞かれたことに正確に答える。 ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 ...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題370、警備隊本部への連絡要領(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題370 次の文章は、警備隊本部への連絡要領についての記述です、誤っているものを選びなさい。 警備員は、緊急事態でも冷静さを失わず情報を素早く把握し、巧遅より拙速を心がけた連絡を行う。 警備隊本部への連絡、あわてて一方的に話すと正確に伝わらず、時間もかかる。 警備隊が、複数の区域隊等に区分されている場合には、平常時、緊急時を問わず、必ずそれぞれの隊長を経由して、警備隊本部へ報告する。 連絡内容は、六何の原則に基づき、簡潔明瞭に行う。 緊急連絡は1回で終わることなく、警察官等が現場到着までの間、必要に応じて随時追加連絡を行う。 ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書13

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【今後の検討課題】 1、自転車運転者講習制度の在り方について  本報告書の中でも言及されているが、自転車を交通反則通告制度の対象とするに当たっては、制度の対象外となる16歳未満の者に対する交通安全教育が非常に重要となってくる。今回の提言においては、現時点において自転車運...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書12

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第4 自転車が通行しやすい交通規制の在り方 2、有識者検討会において委員から出された主な意見  本有識者検討会において、警察における自転車通行空間の確保に向けた取組の現状やアンケート調査の結果を踏まえ、自転車が...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書11

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第4 自転車が通行しやすい交通規制の在り方 1、自転車が通行しやすい環境を創出するための取組の現状と課題 ⑴ 自転車通行空間の整備  警察では、自転車通行空間を確保するための取組として、 道路管理者と連携した普...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書10

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第3 自転車の運転者による携帯電話使用等及び酒気帯び運転への対応  本有識者検討会においては、自転車の安全な利用を促す政策について幅広く、総合的に検討するという観点から、自転車運転者による危険行為、具体的には携...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書9

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第2自転車の交通違反に対する効果的な違反処理の在り方 5、自転車の交通違反に対する違反処理の今後の方向性 〜違反者の行動改善に向けた指導取締りの推進〜  前記3及び4の意見を踏まえ、本有識者検討会においては、自...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書8

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第2自転車の交通違反に対する効果的な違反処理の在り方 5、自転車の交通違反に対する違反処理の今後の方向性 〜違反者の行動改善に向けた指導取締りの推進〜  前記3及び4の意見を踏まえ、本有識者検討会においては、自...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書7

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第2自転車の交通違反に対する効果的な違反処理の在り方 3、有識者検討会における委員の主な意見  2の⑴及び⑵案それぞれにおけるメリット・デメリットを事務局において整理し(参考資料5)、本有識者検討会において議論...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書6

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第2自転車の交通違反に対する効果的な違反処理の在り方 1、自転車の指導取締りに関する現状と課題 ⑴ 指導取締りに関する現状  近年、国民のライフスタイルの変化等に伴い、自転車利用のニーズが高まる中、警察において...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書5

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第1自転車に関するより効果的な交通安全教育の在り方 4、有識者検討会において委員から出された主な意見  本有識者検討会において、警察における自転車利用者に対する交通安全教育の現状や関係団体等からのヒアリング結果...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書4

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【良好な自転車交通秩序の実現させるための方策に関する提言】 第1自転車に関するより効果的な交通安全教育の在り方 1、検討に当たっての基本的な考え方  自転車の交通安全教育は運転免許保有者に対するものと異なり、体系的かつ恒常的に教育を受けることが義務付けられているものでは...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書3

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【関係者ヒアリングの概要】  本有識者検討会においては、自転車交通事故被害者の御遺族に対するヒアリングを実施したほか、事務局において実施した自転車交通に係る関係者に対するヒアリングの結果について報告がなされた。  以下は、関係者からのヒアリング結果の概要である。 1、交...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書2

警察庁から、良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 【自転車を取り巻く現状】 1、政府の自転車に対する考え方と取組の現状  自転車は、広く国民に普及する交通手段である上、その活用が環境負荷の低減や災害時における交通機能の維持、国民の健康増進等の我が国が抱える重要な諸課題への対応方策として有用であることから、平成28年に「...
道路交通法

良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書1

警察庁から良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書(令和5年12月良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する有識者検討会)が発表されています。 今後、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の実施現場にて、自転車に対する誘導方法に注意しなければならない事項が出るかもしれませんので注視して行きたいと思います。 ◎ 出典 警察庁ウェブサイト( 「良好な自転車交通秩序を実現させるための方策に関する中間報告書」(警察庁)(を加工して作成。 【はじめに】  自転車は、幼児から高齢者まで幅広い層が多様な用途で利用する国民の身近な交通 手段であり、環境負荷の軽減や災害時における交通の機能の...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題673、刑事訴訟法「現行犯人」(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題673 次の文章は、現行犯人についての記述です、誤っているものを選びなさい。 現行犯人とは、現に罪を行っている者、又は現に罪を行い終った者のことである。 現に罪を行っている者とは、犯罪の実行行為を現に行いつつある者、犯罪の実行行為に着手し遂行しており、まだ犯罪の終了に至らない者のことである。 現に罪を行い終った者とは、犯罪の実行行為を終了した直後の者のことで、犯行の終了した瞬間また、犯行の終了した瞬間に接着する時間的接着性が必要になる。 犯行を行った者が現場から逃走したため、逮捕者が犯人を見失うことなく追跡して逮捕した場合は、場所的接着性・時間的接着性...
おっさんの雑記

私人逮捕(現行犯逮捕)

私人逮捕  最近、「私人逮捕系YouTuber」が逮捕されるニュースが報道されています。  私人逮捕とは、一般私人による現行犯人の逮捕行為のことをいいます。警備業務を行う上でもその内容をよく理解しておく必要があります。  私人逮捕は、犯人が現行犯人、準現行犯人であることが条件となりますが、明らかな犯罪で犯人が特定している場合であっても、現行犯でない限り私人が犯人を逮捕することはできません。  私人逮捕のもう一つ、軽い犯罪の場合で、30万円以下の罰金、拘留、科料の罪に当たる場合(過失傷害罪、侮辱罪)は、犯人の住所、氏名が明らかでなく、犯人が逃走するおそれがある場合は逮捕できますが、たとえ現行犯で...
スポンサーリンク