スポンサーリンク

交通2級項目

交通誘導警備業務2級検定・・・重要項目・・・
平成30年度版

◎法令に関すること

Ⅰ. 警備業法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識

1 警備業法
① 第1条(目的)
② 第2条(定義)
③ 第3条及び第4条(警備業の要件と認定)
④ 第14条(警備員の制限)
⑤ 第16条(服装)
⑥ 第17条(護身用具)

2 憲法(基本的人権についての概略的知識)
① 基本的人権について
② 警備業務と密接に関係する憲法について

3 刑法(正当防衛、緊急避難についての概略的知識)
違法性阻却事由
① 正当防衛
② 緊急避難

4 刑事訴訟法の現行犯逮捕についての概略的知識(現行犯逮捕、現行犯人の引渡し等)
現行犯人(第212条)
現行犯逮捕(第213条)
現行犯人を逮捕した場合の処置(第214条)

5 警察官職務執行法(警察官による避難等の措置についての概略的知識)
警察官職務執行法 第4条

6 遺失物法の拾得者の措置等についての概略的知識
① 遺失物法の趣旨
② 用語の定義(第2条)
③ 拾得者の義務、施設占有者の義務(第4条及び第13条)
④ 施設占有者による書面の交付
⑤ 特例施設占有者の義務(第17条及び第22条)
⑥ 費用及び報労金に関する権利義務
⑦ 物件の帰属等
その他必要な知識

Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識

1 道路交通法
① 目的
第1条(目的)
② 定義
第2条(定義)
③ 歩行者の通行方法
第10条(通行区分)
第11条(行列等の通行)
第12条(横断の方法)
第13条(横断の禁止の場所)
第13条の2(歩行者用道路等の特例)
第14条(目が見えない者、幼児、高齢者等の保護)
④ 車両等の通行方法
第17条(通行区分)
第25条(道路外に出る場合の方法)
第25条の2(横断等の禁止)
第26条の2(進路の変更の禁止)
第35条(指定通行区分)
第36条(交差点における他の車両等との関係等)
第37条(交差点における他の車両等との関係等)
第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)
第38条の2(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)
第40条(緊急自動車の優先)
第41条の2(消防用車両の優先等)
第43条(指定場所における一時停止)
第44条(停車及び駐車を禁止する場所)
第45条(駐車を禁止する場所)
⑤ 道路における禁止行為 (第76条)

スポンサーリンク

◎警備業務の実施に関すること

Ⅰ. 警備業務実施の基本原則に関する専門的な知識

1 警備業の歴史
2 警備業務の意義と重要性
3 交通誘導警備業務の意義と重要性
4 基本原則
5 警備員の使命と心構え

Ⅱ. 警備員の資質の向上に関する専門的な知識

1 警備員の指導及び教育に関する制度の概要
① 警備業者等の責務(警備業法第21条)
② 警備員指導教育責任者制度(警備業法第22条)
③ 検定制度と資格者配置(警備業法第18条及び第23条)

2 礼式と基本動作
礼式・基本動作

Ⅲ. 交通誘導警備業務用資機材の機能、使用方法及び管理方法に関する専門的な知識

1 交通誘導警備業務用資機材の種類、機能及び使用方法
ア. 交通誘導警備業務用資機材の種類
① 保安用資機材
② その他の資機材
イ. 交通誘導警備業務用資機材の使用用途及び機能
① セフティコーン、コーンバー
② 矢印板
③ クッションドラム
④ 誘導ロポット
⑤ 車線規制用標識車両
⑥ 回転灯、回転警告灯
⑦ 工事用信号機
ウ. 無線機の使用方法、通話要領
① 通話要領
② 通信例(片側交互通行の場合)
エ. 道路使用許可
オ. 保安用資機材の設置
① 車道規制時の設置要領
② 歩行者用通路の設置要領

2 交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備
① 基本的留意事項
② その他の留意事項

Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識

1 合図実施上の留意点
① 基本的留意事項
② 具体的留意事項
③ 合図の確実な伝達方法

2 合図の種類と基本動作
① 警笛の使用方法
② 手旗による合図の方法
③ 誘導灯による合図の方法
④ 素手による合図の方法
⑤ 大旗による合図の方法

3 合図実施のための位置の選定

4 工事現場の出入口、対面通行等における交通誘導
① 工事現場、駐車場等の施設の出入口の場合
② 対面通行の場合
③ 片側交互通行の場合

5 合図実施中における受傷事故の防止
① 基本的事項
② 警備員相互の連携の強化
③ 熱中症の予防及び対策

6 受傷事故防止に必要な危険予知
① 危険予知とは
② 危険予知の進め方
③ 危険予知訓練

7 その他の危険防止措置
① 運転者の心理
② 子供の行動特性
③ 安易な信頼の排除

スポンサーリンク

◎工事現場その他人又は車両の通行に危険のある場所における負傷等の事故が発生した場合における応急の措置に関すること。

Ⅰ. 事故の発生時における警察機関その他の関係機関への連絡を行うため必要な事項に関する専門的な知識

1 警察・消防機関等への連絡の重要性

2 警察機関等への連絡要領
① 警察機関への連絡
② 消防機関への連絡

3 各種事案の通報内容
交通事故が発生した場合
事件が発生した場合
負傷者が発生した場合
火災が発生した場合

Ⅱ. 事故の発生時における負傷者の救護及び道路における危険の防止のための措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識

1 救急蘇生法の意義と重要性
① 救急蘇生法
② 救急蘇生法の重要性
③ 反応の確認
④ 呼吸状態の確認
⑤ 胸骨圧迫
⑥ 人工呼吸

2 負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要
① 回復体位
② 止血
③ 負傷者の搬送
④ 熱中症発生時の対処手順
⑤ 救助者としての心構え

3 交通誘導警備業務用資機材を使用した道路における危険防止措置要領

Ⅲ. 護身用具の使用方法その他の護身の方法に関する専門的な知識
護身術とは
護身術の留意事項
護身用具使用上の留意点
1 警戒棒の取扱い
警戒棒の基本操作要領
2 徒手の護身術(基本)

Ⅳ. その他事故の発生時における応急の措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識
事故等の発生時における心構え

1 消火器の機能及び使用方法
① 消火器の構造及び機能

2 避難誘導の意義及び基本的事項
避難誘導の意義
避難誘導の基本的事項

3 現場保存の意義及び実施上の留意点
現場保存の意義
保存の要領と留意事項

4 警察官への引継ぎ

5 事故の発生時における二次災害の防止要領

6 事故の現場における交通誘導

スポンサーリンク

◎交通誘導警備業務2級検定、特別講習で重要と思われる項目のまとめ。(過去記事)

・警備業務の意義と重要性
・交通誘導警備業務の意義と重要性
・警備業法15条、前段(警備業務実施の基本原則)
・警備業法15条、後段(警備業務実施の基本原則)
・警備員の使命と心構え
・礼式と基本動作

・警備業法 第1条(目的)
・警備業法 第2条(定義)①
・警備業法 第2条(定義)②
・警備業法 第2条(定義)③
・警備業法 第2条(定義)④
・警備業法 第2条(定義)⑤
・警備業法 第3条(警備業の要件)①
・警備業法 第3条(警備業の要件)②
・警備業法 第3条(警備業の要件)③
・警備業法 第4条(認定)
・警備業法 第14条(警備員の制限)
・警備業法 第16条(服装)
・警備業法 第17条(護身用具)①
・警備業法 第17条(護身用具)②
・警備業法 第18条(特定の種別の警備業務の実施)
・警備業法 第21条(警備業者等の責務)
・警備業法 第22条(警備員指導教育責任者)
・警備業法 第23条(検定)

スポンサーリンク

・憲法(人権についての概略的知識)1
・憲法(人権についての概略的知識)2
・公共の福祉

・刑法 正当防衛
・刑法 緊急避難
・刑事訴訟法(現行犯逮捕)その1
・刑事訴訟法(現行犯逮捕)その2
・刑事訴訟法(現行犯逮捕)その3
・警察官職務執行法 警察官による避難等の措置
・遺失物法、第1条(趣旨)、第2条(定義)
・遺失物法、第4条、拾得者の義務
・遺失物法、施設占有者

・道路交通法 第1条(目的)
・道路交通法 第2条(定義)①
・道路交通法 第2条(定義)②
・道路交通法 第2条(定義)③
・道路交通法 第10条(通行区分)
・道路交通法 第11条(行列等の通行)
・道路交通法 第12条(横断の方法)
・道路交通法 第13条(横断の禁止の場所)
・道路交通法 第13条の2(歩行者用道路等の特例)
・道路交通法 第14条(目が見えない者、幼児、高齢者等の保護)
・道路交通法 第17条(通行区分)①
・道路交通法 第17条(通行区分)②
・道路交通法 第25条(道路外に出る場合の方法)
・道路交通法 第25条の2(横断等の禁止)
・道路交通法 第26条の2(進路の変更の禁止)
・道路交通法 第35条(指定通行区分)
・道路交通法 第36条(交差点における他の車両等との関係等)
・道路交通法 第37条
・道路交通法 第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)
・道路交通法 第38条の2(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)
・道路交通法 第40条(緊急自動車の優先)
・道路交通法 第41条の2(消防用車両の優先等)
・道路交通法 第43条(指定場所における一時停止)
・道路交通法 第44条(停車及び駐車を禁止する場所)
・道路交通法 第45条(駐車を禁止する場所)
・道路交通法 第76条(禁止行為)

スポンサーリンク

・交通誘導警備業務用資機材の種類、機能及び使用方法
・特定小電力トランシーバーについて(含む、資機材の点検と整備)
・合図実施上の留意点(基本的心構え)
・合図実施上の留意点(具体的留意事項)
・合図実施上の留意点(確実な伝達方法)
・合図の種類と基本動作
・合図実施のための位置の選定
・合図実施中における受傷事故の防止
・警笛及び素手の合図による車両の後進誘導要領
・小旗を使用した徐行、停止、進行及び幅寄せの誘導
・誘導灯を使用した徐行、停止、進行及び幅寄せの誘導
・大旗を使用した徐行、停止、進行及び幅寄せの誘導
・大旗を使用した徐行、停止、進行及び幅寄せの誘導
・工事現場の出入口、相互通行等における交通誘導

・警察機関等への連絡の重要性
・警察機関等への連絡要領①
・警察機関等への連絡要領②

スポンサーリンク

・救急法の意義と重要性
・負傷者等の搬送要領
・避難誘導の意義及び基本的事項
・現場保存の意義及び実施上の留意点
・警察官への引継ぎ
・事故の発生時における二次災害の防止要領

・消火器の機能及び使用方法
・警戒棒の取扱い
・警戒棒の基本操作要領
・徒手の護身術

交通誘導警備業務検定2級の学科試験について

自動車の保管場所の確保等に関する法律
「保安用資機材の設置について」その1
「保安用資機材の設置について」その2
「保安用資機材の設置について」その3
歩行者用通路の設置について
負傷者の搬送要領
交通誘導資機材を使用した道路における危険防止措置要領
警備業務の基本的事項
事故発生時に把握すべき事項
その他の留意事項
合図の方法1
合図の方法2
合図の方法3(誘導灯)
警笛の吹鳴(すいめい)
後進の合図1

スポンサーリンク
2号警備業務(ごたくをならべて)