スポンサーリンク
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、道路交通法12「緊急自動車の特例」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎道路交通法 ◯車両等の通行方法 (10) 緊急自動車等の特例(道路交通法第41条) ☆緊急自動車には、通行方法に関する様々な特例が定められている。 ◯以下の規定は除外される 道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分の通行 安全地帯又は道路標識等により車両の通行の用に供しない部分であることが表示されているその他の道路の部分の通行 左側寄り通行 車両通行帯の設けられた道路での通行方法 路線バス等優先通行 道路外に出る場合の方法 横断等の禁止 進路の変更の禁止...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、道路交通法11「緊急自動車の優先」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎道路交通法 ◯車両等の通行方法 ⑼ 緊急自動車の優先(道路交通法第40条) ☆緊急自動車が接近してきた場合の対応 *交差点又はその付近 路面電車は交差点を避けて、車両は交差点を避け、かつ道路の左側に寄って一時停止しなければならない。 一方通行道路で左側に寄ることがかえって緊急自動車の通行の障害となるときは右側。 「一時停止」の時間的範囲は、緊急自動車が接近し、当該交差点又は進路を譲って一時停止している路面電車や車両の側方を通過するまでとされている。  *交差点又はその付近以外の場所 ...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、道路交通法10「緊急自動車の要件」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◯車両等の通行方法 ◎道路交通法施行令 (8) 緊急自動車の要件(道路交通法施行令第14条等)  サイレンを鳴らし、赤色の警光灯をつけなければならない。 警察用自動車が、速度制限に違反する車両等を取り締まる場合、特に必要があると認められる場合にはサイレンを鳴らさなくてもよい。  サイレン及び警光灯について(道路運送車両の保安基準第49条第1項) 警光灯は、前方150メートルの距離から点灯を確認できる赤色のものであること。 サイレンの音の大きさは、その自動車の前方20メートルの位置に...
スポンサーリンク
雑踏警備業務2級

法令に関することⅡ、憲法その1(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 2 憲法 人権についての概略的知識  警備業務を適正に実施するため、他人の権利や自由を侵害することのないよう基本的人権を正しく理解すること。  憲法は、個人の尊重を第一義としていますが、その精神は、すべての個人を尊重することであって、一個人のみを尊重するということではありません。憲法とは国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るため、国を縛るための法であり、国や自治体が法律や条例を作るに当たって、そのルールが適正かどうかを憲法に定めていま...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅡ、憲法その1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 2 憲法 人権についての概略的知識  警備業務を適正に実施するため、他人の権利や自由を侵害することのないよう基本的人権を正しく理解すること。  憲法は、個人の尊重を第一義としていますが、その精神は、すべての個人を尊重することであって、一個人のみを尊重するということではありません。憲法とは国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るため、国を縛るための法であり、国や自治体が法律や条例を作るに当たって、そのルールが適正かどうかを憲法に定め...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、道路交通法9「車両等の通行方法7」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎道路交通法 ◯車両等の通行方法 ( 7 )緊急自動車の通行区分等(道路交通法第39条) 緊急自動車の通行区分及び通行方法について、法第17条第5項に規定する場合のほか、追い越し等のためやむを得ない必要があるときは、同条第4項の規定にかかわらず、道路の右側部分にその全部又は一部をはみ出して通行することができる。 緊急自動車は、法令の規定によって一時停止しなければならない場所において停止することを要しないが、他の交通の安全に注意して徐行する義務がある。 緊急自動車(道路交通法施行令第13条) ...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その4(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (8) 警備業法 第18条(特定の種別の警備業務の実施) 第十八条 警備業者は、警備業務(第二条第一項第一号から第三号までのいずれかに該当するものに限る。以下この条並びに第二十三条第一項、第二項及び第四項において同じ。)のうち、その実施に専門的知識及び能力を要し、かつ、事故が発生した場合には不特定又は多数の者の生命、身体又は財産に危険を生ずるおそれがあるものとして国家公安委員会規則で定める種別(以下単に「種別」という。...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その3(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (6) 警備業法 第16条(服装) 第十六条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、明確に識別することができる服装を用いなければならない。 警備業法施行規則 (内閣府令で定める公務員) 第二十七条 法第十六条第一項の内閣府令で定める公務員は、警察官及び海上保安官とする。 警備員は、警察官の制服(出動服...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その4(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (8) 警備業法 第18条(特定の種別の警備業務の実施) 第十八条 警備業者は、警備業務(第二条第一項第一号から第三号までのいずれかに該当するものに限る。以下この条並びに第二十三条第一項、第二項及び第四項において同じ。)のうち、その実施に専門的知識及び能力を要し、かつ、事故が発生した場合には不特定又は多数の者の生命、身体又は財産に危険を生ずるおそれがあるものとして国家公安委員会規則で定める種別(以下単に「種別」と...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その3(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (6) 警備業法 第16条(服装) 第十六条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、明確に識別することができる服装を用いなければならない。 警備業法施行規則 (内閣府令で定める公務員) 第二十七条 法第十六条第一項の内閣府令で定める公務員は、警察官及び海上保安官とする。 警備員は、警察官の制服(...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題329、遺失物法の拾得者の措置等

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題329 次の文章は、遺失物法の拾得者の措置等についての概略的知識について述べた文章です、誤っているものを選びなさい。 ① 施設において物件を拾得した場合は、速やかに施設占有者に交付すること。当該施設の勤務者等に交付すれば「施設占有者に交付した」ことになる。 ② 施設において警備業務に従事する警備員の場合は、その施設の勤務者であるので、当該施設占有者を代行して拾得された物件を預かることもある。 ③ 当該施設占有者以外の勤務者が施設内において物件を拾得した場合は、その勤務者が拾得者になる。 ④ 一般の場所において物件を拾得した場合は、速やかに遺失者...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その2(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (5) 警備業法 第14条 警備業法(警備員の制限) 第十四条 十八歳未満の者又は第三条第一号から第七号までのいずれかに該当する者は、警備員となってはならない。 2 警備業者は、前項に規定する者を警備業務に従事させてはならない。 ◎警備員として警備業務に従事することができない者。 18歳未満の者。 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者。 禁錮以上の刑に処せられ、又は...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その2(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (5) 警備業法 第14条 警備業法(警備員の制限) 第十四条 十八歳未満の者又は第三条第一号から第七号までのいずれかに該当する者は、警備員となってはならない。 2 警備業者は、前項に規定する者を警備業務に従事させてはならない。 ◎警備員として警備業務に従事することができない者。 18歳未満の者。 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者。 禁錮以上の刑に処せられ、...
警備員指導教育責任者2号業務

未熟練労働者に対する安全衛生教育マニュアル「警備業編」18、異常事態発⽣時の対応2

警備員指導教育責任者2号業務 「未熟練労働者の安全衛生教育マニュアル、警備業編」より 第1章 未熟練労働者に対する安全衛生教育 (安全衛生担当者用)令和2年3月 第Ⅱ 未熟練労働者に対する安全衛生教育の流れ 5. 災害防止の基本を教える(その3)【緊急時のポイント】 ◯ 救急蘇生法 業務の性質上、事件・事故などに伴う負傷者を取り扱う機会が多く、そのような事態に遭遇した場合、適切な措置をとることが社会的に期待される。 平素から応急措置について正しい知識と技能に精通し、習熟しておくことが重要。 「救急蘇生法」の関連記事 救急法の意義と重要性 救急蘇生法1(指教責基...
警備員指導教育責任者2号業務

未熟練労働者に対する安全衛生教育マニュアル「警備業編」17、異常事態発⽣時の対応1

警備員指導教育責任者2号業務 「未熟練労働者の安全衛生教育マニュアル、警備業編」より 第1章 未熟練労働者に対する安全衛生教育 (安全衛生担当者用)令和2年3月 第Ⅱ 未熟練労働者に対する安全衛生教育の流れ 5. 災害防止の基本を教える(その3)【緊急時のポイント】 ◯ 警察機関等への連絡 警備員はその業務の性質上、事件・事故などに遭遇することが多い。 冷静沈着に状況を把握すること。 被害の拡大防止、負傷者等の救護・誘導を行う。 警察機関等への通報連絡を的確に行えるよう、平素から通報連絡の手段を習熟しておくこと。 ア. 通報の手段 ① 加入電話の場合 ...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、道路交通法8「車両等の通行方法6」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎道路交通法 ◯車両等の通行方法 (6)横断歩道等における歩行者等の優先(道路交通法第38条) ☆横断歩道等(横断歩道及び自転車横断帯)における歩行者等の保護のための車両の通行方法 ア. 通常の速度と方法で横断歩道等を通過してよいとき(安全確認義務はある)とは、横断歩道等により横断しようとする歩行者等が明らかにないときである。 イ. 横断歩道等の直前で停止することができる速度で接近しなければならないとき。  ・間もなく横断歩道等へ差し掛ろうとしている歩行者等が認められる場合。 ・横断歩道等...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、道路交通法7「車両等の通行方法5」(指教責実務)

2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎道路交通法 ◯車両等の通行方法 (5) 交差点における他の車両等との関係等(道路交通法第36条)
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その1(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定用警備業法の、第1条から第4条までの要点のまとめ
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定用警備業法の、第1条から第4条までの要点のまとめ
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、道路交通法6「車両等の通行方法4」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎道路交通法 ◯車両等の通行方法 (4) 交差点における右左折の方法(道路交通法第34条)  道路交通法 第三章 車両及び路面電車の交通方法 第六節 交差点における通行方法等 (左折又は右折) 第三十四条 車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。 2 自動車、原動機付自転車又はトロリーバスは、右折するときは、あらかじめその...
誘導員のつぶやき

電動キックボードは厄介です

近い将来、電動キックボードをはじめ 色々な小型で電動走行する次世代モビリティーが普通に走り回るようになってきます。 自動配送ロボットや電動キックボードなどの次世代の小型の乗り物について、 警察庁の有識者委員会は、法的位置づけや規制緩和の指針を盛り込んだ中間報告をまとめています。 交通誘導員としてはかなり厄介な存在になりそう。 今の、電動アシスト自転車も自由にビュンビュンやってきます。 時には、ひゃっとする場面もあります。 小型で電動走行する次世代モビリティーとは ・電動キックボード ・搭乗型移動支援ロボット・電動車椅子 ・自動配送ロボット ・状態が変化するモビ...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、道路交通法5「車両等の通行方法3」(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎道路交通法 ◯車両等の通行方法 ⑶ 道路外に出る場合の方法(道路交通法第25条) 道路交通法 第三章 車両及び路面電車の交通方法 第三節 横断等 (道路外に出る場合の方法) 第二十五条 車両は、道路外に出るため左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、徐行しなければならない。 2 車両(軽車両及びトロリーバスを除く。)は、道路外に出るため右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端)に寄り、かつ、徐行...
交通誘導警備業務2級

礼式と基本動作(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第1章 警備業務に関する基本的な事項 第2節 警備員の資質の向上に関する専門的な知識 2 礼式と基本動作 ⑴ 礼式 ・節度ある礼式は、警備員の心を引き締め、規律ある職場を形作り警備員に対する社会的信頼を高める。  ・警備員は日頃から礼式の意義を理解し、繰り返し訓練を行い、正しい礼式を身に付けること。  ・服装や身だしなみは、委託者だけではなく、周囲の人たちの注目の対象になり、端正に整えることで、警備員に対する信頼が高まる。 ◯ 敬礼  ・敬礼を行う者は、通常、受礼者の答礼が終わるのを待って元の姿勢に戻る。 ・た...
スポンサーリンク