交通誘導警備業務2級

スポンサーリンク
交通誘導警備業務2級

事故の現場における交通誘導(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. その他事故の発生時における応急の措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 ◎交通誘導警備員は、勤務場所やその付近において交通事故等が発生した場合には、事故の続発を防止するために、事故現場及びその周辺の交通の安全と円滑を図る措置を積極的に行うことが求められる。 ○事故発生現場での基本的な交通誘導要領 ・手旗、誘導灯、拡声器等を積極的に活用し、事故が発生したことを他の通行車両等に知らせる。 ・死亡、重傷等の重大事故の場合は、負傷者等の救護を優先するものとする。 ・事故車両の運転者等に協力し、当該車両に積...
交通誘導警備業務2級

事故の発生時における二次災害の防止要領(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. その他事故の発生時における応急の措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 ◎事故の発生時における二次災害の防止要領 ★交通誘導2級検定の特別講習で行った「事故現場における二次災害の防止要領」
交通誘導警備業務2級

警察官への引継ぎ(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. その他事故の発生時における応急の措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 ◎警察官への引継ぎ *警備員は、現場に到着した警察官に知り得た情報のすべてを正確に報告しなければならない。
スポンサーリンク
交通誘導警備業務2級

現場保存の意義及び実施上の留意点(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. その他事故の発生時における応急の措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 ◎現場保存の意義及び実施上の留意点 ○現場保存の意義 ・警備員は、犯罪や事故の現場を発見、または事件の発生についての
交通誘導警備業務2級

事故等の発生時における心構え2、避難誘導(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. その他事故の発生時における応急の措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 ◎事故等の発生時における心構え 2 避難誘導の意義及び基本的事項 ○避難誘導の意義 ・「避難誘導」=災難を避けて
交通誘導警備業務2級

事故等の発生時における心構え1、消火器(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. その他事故の発生時における応急の措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 事故等の発生時における心構え 1 消火器の機能及び使用方法 ① 消火器の構造及び機能
交通誘導警備業務2級

徒手の護身術、基本(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅲ. 護身用具の使用方法その他の護身の方法に関する専門的な知識 ◎徒手の護身術(基本) ◎構え ☆相手の動きにすばやく反応し、次の動きに備えるということです。 ①正面の構え *不審者に対して声かけ
交通誘導警備業務2級

警戒棒の取扱い2(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅲ. 護身用具の使用方法その他の護身の方法に関する専門的な知識 ◎警戒棒の基本操作要領 ○下段打ち ・下段の構えから、警戒棒を左側下方から振りあげげるように前進しながら相手の右ひじを打つ。
交通誘導警備業務2級

警戒棒の取扱い1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅲ. 護身用具の使用方法その他の護身の方法に関する専門的な知識 ◎警戒棒の取扱い *警備員が携帯することができる警戒棒 ・長さ30㎝を超え90㎝以下、かつ重さは長さに応じて460g以下の円棒
交通誘導警備業務2級

護身用具の使用方法その他の護身の方法1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅲ. 護身用具の使用方法その他の護身の方法に関する専門的な知識 ○ 護身術とは ・自分の身を守るためのわざ。 ・危険な状況を作らないこと、危険な状況からいち早く遠ざかり身の安全を確保するなど、
交通誘導警備業務2級

交通誘導警備業務用資機材を使用した道路における危険防止措置要領(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 事故の発生時における負傷者の救護及び道路における危険の防止のための措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 3 交通誘導警備業務用資機材を使用した道路における危険防止措置要領 交通誘導警
交通誘導警備業務2級

負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 事故の発生時における負傷者の救護及び道路における危険の防止のための措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 2 負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要 ① 回復体位 ・反応はないが普段
交通誘導警備業務2級

救急蘇生法の意義と重要性(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 事故の発生時における負傷者の救護及び道路における危険の防止のための措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 1 救急蘇生法の意義と重要性 ・警備業務はその業務の性格上、一般の人に比べて
交通誘導警備業務2級

警察機関等への連絡要領(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅰ. 事故の発生時における警察機関その他の関係機関への連絡を行うため必要な事項に関する専門的な知識 2 警察機関等への連絡要領 ① 警察機関への連絡 ○警察に110番通報すべき事案のうち、警備員が遭遇
交通誘導警備業務2級

警察・消防機関等への連絡の重要性(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅰ. 事故の発生時における警察機関その他の関係機関への連絡を行うため必要な事項に関する専門的な知識 1 警察・消防機関等への連絡の重要性 ○警備業務は、他人の需要に応じて、人の生命、身体、財産等
交通誘導警備業務2級

受傷事故防止に必要な危険予知(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 6受傷事故防止に必要な危険予知 ○危険予知とは ・労働災害は、設備面や管理面の不備と、ヒューマン
交通誘導警備業務2級

合図実施中における受傷事故の防止(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 5合図実施中における受傷事故の防止 受傷事故防止の留意事項 ○基本的事項 ・警備員が使用するその
交通誘導警備業務2級

合図実施のための位置の選定(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 3 合図実施のための位置の選定 ・交通誘導警備業務は、道路工事の状態、当該道路及び交通の状況等
交通誘導警備業務2級

合図の種類と基本動作5、大旗による合図(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 2 合図の種類と基本動作 *交通誘導警備員は、体の向きや手足の動きが、人や車両の通行に大きな影響を与える。 *常に正しい姿勢と要領で合図を行うこと。 ⑤大旗による合図の方法
交通誘導警備業務2級

合図の種類と基本動作4、素手による合図(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 2 合図の種類と基本動作 *交通誘導警備員は、体の向きや手足の動きが、人や車両の通行に大きな影響を与える。 *常に正しい姿勢と要領で合図を行うこと。 ④ 素手による合図の方法
交通誘導警備業務2級

合図の種類と基本動作3、誘導灯による合図(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 2 合図の種類と基本動作 *交通誘導警備員は、体の向きや手足の動きが、人や車両の通行に大きな影響を与える。 *常に正しい姿勢と要領で合図を行うこと。 ③ 誘導灯による合図の方法
交通誘導警備業務2級

合図の種類と基本動作3、誘導灯による合図(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 2 合図の種類と基本動作 *交通誘導警備員は、体の向きや手足の動きが、人や車両の通行に大きな影響を与える。 *常に正しい姿勢と要領で合図を行うこと。 ③ 誘導灯による合図の方法
交通誘導警備業務2級

合図の種類と基本動作2、手旗による合図(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅳ. 人又は車両に対する合図の方法その他の人又は車両の誘導を行うため必要な事項に関する専門的な知識 2 合図の種類と基本動作 *交通誘導警備員は、体の向きや手足の動きが、人や車両の通行に大きな影響を与える
スポンサーリンク