指教責2号業務

スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題663、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(住居を侵す罪)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題663 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(住居を侵す罪)に関する記述です、妥当であるものを選びなさい。 住居侵入罪は、住居の本質的な構成部分への侵入を指すため、 無断で屋根の上へ上がる行為は、 居住部分への侵入に当たらず、住居侵入罪ではなく、軽犯罪法違反に当たる。 「人の看守する」とは、看守者がそこに現在せず、人の目による看守の必要もなく、他人の侵入を拒む趣旨の「立ち入り禁止」の立て札を立て戸締りをしただけでも住居侵入罪は成立する。 訪問販売員が商談中、強引な勧誘、販売を行なったため、居住者が契約を断り帰るように言っ...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題662、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(住居を侵す罪)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題662 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(住居を侵す罪)に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 住居を侵す罪とは、正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者に対する罪である。 「邸宅」、「建造物」、「艦船」は、人が居住していなくとも看守していれば住居を侵す罪の対象となる。 「正当な理由がないのに」合鍵、のみ、ガラス切りその他、他人の邸宅又は建造物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯している場合は...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題661、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(業務妨害罪)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題661 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(業務妨害罪)に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 威力業務妨害罪を適用するためには「威力を用いて」「業務を」「妨害した」という、3つの要件を満たしている必要がある。 「威力を用いて」とは、人の自由意思を制圧するに足りる勢力を用いることを言い、実際には自由な意思が制圧されていなくても、自由意思を制圧するに足りる勢力を示すだけで「威力」を用いたと扱われる。 「業務」とは日常的な仕事や、人が社会生活において占める地位に基づき反復・継続して行われる事務などで、経済的な性格...
スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題660、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題660 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪、強要罪に問われる行為をあげたものです、強要罪にならないものを選びなさい。 過度なクレームにより義務のないことを行わせた。 特定の相手に対してSNS上に「〇〇を殺す」の書き込みをした。 部下に対してのアルコールハラスメント 同僚に対してのセクシャルハラスメント 新人に対するパワーハラスメント ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(指教責基本) ◉◉◉答えはここをクリック◉◉◉ 答え、2 特定の被害者やその親族...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題659、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(強要罪)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題659 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(強要罪)に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 強要罪は、対象本人やその親族の生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した場合に成立する。 強要罪とは、他人に暴行や脅迫などを行い、義務のないことを行わせる犯罪であるが、過度なクレームなどで、相手に義務のないことを命令したりする行為もその対象に入る可能性がある。 強要罪では、人に義務のないことを行わせる目的、あるいは権利を妨...
交通誘導2級

共通能力ユニット、地域・顧客とのコミュニケーション、レベル3,レベル4(C006L34)

共通能力ユニット 地域・顧客とのコミュニケーション、レベル3,レベル4(C006L34) 概要 地域の関係者や顧客と十分なコミュニケーションをとり、サービスマインドをもって職務を遂行する能力 能力細目 職務遂行のための基準 ① 顧客との関係構築 顧客との契約内容、顧客のルール、施設別のルールを正確に履行し、顧客の信頼を深めている。 部下の職務遂行、顧客応対等が顧客の信頼を得るに十分なものかどうかを確認し、必要に応じて部下の配置転換も含め、改善対策を講じている。 顧客と良好な関係を構築できるよ...
交通誘導2級

共通能力ユニット、地域・顧客とのコミュニケーション、レベル2(C005L22)

共通能力ユニット 地域・顧客とのコミュニケーション、レベル2(C005L22) 概要 地域の関係者や顧客と十分なコミュニケーションをとり、サービスマインドをもって職務を遂行する能力 能力細目 職務遂行のための基準 ① 顧客との関係構築 顧客との契約内容、顧客のルール、施設別のルールを理解して的確に職務を遂行し、顧客の信頼を得ている。 清潔で端正な服装、規律と節度ある言動で対応し、信頼感を与えている。 節度ある態度で顧客とコミュニケーションを図り、信頼関係を構築している。 顧客から依...
交通誘導2級

共通能力ユニット、地域・顧客とのコミュニケーション、レベル1(C004L11)

共通能力ユニット 地域・顧客とのコミュニケーション、レベル1(C004L11) 概要 地域の関係者や顧客と十分なコミュニケーションをとり、サービスマインドをもって職務を遂行する能力 能力細目 職務遂行のための基準 ① 顧客との関係構築 顧客との契約内容、顧客のルール、施設別のルールを理解して職務を遂行している。 清潔で端正な服装、規律と節度ある言動で顧客に対応している。 節度ある態度で顧客とコミュニケーションを図り、信頼関係を構築することに努めている。 顧客から依頼や相談などを受け...
交通誘導2級

共通能力ユニット・職業倫理と職務規律、レベル3,レベル4(C003L34)

共通能力ユニット 職業倫理と職務規律、レベル3,レベル4(C003L34) 概要 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって与えられた職務をやり遂げる能力 能力細目 職務遂行のための基準 ① 職業倫理、法令、諸ルールの内容の把握 警備業に期待される役割と警備の目的、服装や言動、警備員の遵守事項等について、部下に指導を徹底している。 社内諸規則及び警備計画の内容、警備指令書の内容について、部下に指導を徹底している。 警備業法などの警備業にかかわる法令を熟知し、活動内容に問題がない...
交通誘導2級

共通能力ユニット・職業倫理と職務規律、レベル2(C002L22)

共通能力ユニット 職業倫理と職務規律、レベル2(C002L22) 概要 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって与えられた職務をやり遂げる能力 能力細目 職務遂行のための基準 ① 職業倫理、法令、諸ルールの内容の把握 警備業に期待される役割と警備の目的、服装や言動等の重要性を熟知している。 警備業法など、警備業にかかわる法令の重要事項を熟知している。 警備員に認められている行為と行ってはいけない行為を熟知している。 社内諸規則及び警備計画の内容、警備指令書の内容を熟...
交通誘導2級

共通能力ユニット・職業倫理と職務規律、レベル1(C001L11)

共通能力ユニット 職業倫理と職務規律、レベル1(C001L11) 概要 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって与えられた職務をやり遂げる能力 能力細目 職務遂行のための基準 ① 職業倫理、法令、諸ルールの内容の把握 警備業に期待される役割と警備の目的、服装や言動等の重要性を理解している。 警備業法など、警備業にかかわる法令の重要事項を理解している。 警備員に認められている行為と行ってはいけない行為を理解している。 社内諸規則及び警備計画の内容、警備指令書の内容を理...
交通誘導2級

警備業「警備員教育職種」能力ユニット一覧

◎ 警備業「警備員教育」能力ユニット一覧 ◯ 職種名 警備員教育 ◯ 仕事内容  警備員が適正に警備業務を実施できるよう、教育及び指導・監督を行う仕事。 ☆ 共通能力ユニット  ※すべての職務で必要となる共通能力ユニットです。 職務 能力ユニット名 概要(参考) レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 全 職 務 共 通 職業倫理と職務規律 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって与えられた職務をやり遂げる能力 C002L22 C003L34 地域・顧客とのコミュニケーション ...
交通誘導2級

警備業「企画・営業職種」能力ユニット一覧

◎ 警備業「企画・営業職種」能力ユニット一覧 ◯ 職種名 企画・営業 ◯ 仕事内容 顧客ニーズに即した警備プランを組み立て、見積り提案、プレゼンテーション、折衝等を行って成約につなげるとともに、顧客との良好な関係を維持・深耕する仕事。「警備企画」と「営業」の2職務に区分される。 ☆ 共通能力ユニット  ※すべての職務で必要となる共通能力ユニットです。 職務 能力ユニット名 概要(参考) レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 全 職 務 共 通 職業倫理と職務規律 警備業のミッションを認識し、高...
交通誘導2級

警備業「警備業務職種」能力ユニット一覧

◎ 警備業「警備業務職種」能力ユニット一覧 ◯ 職種名 警備業務 ◯ 仕事内容 施設における盗難等の事故の警戒・防止、雑踏や通行に危険のある場所における事故の警戒・防止、貴重品等の運搬における盗難等の事故の警戒・防止、人身の安全の確保等を目的とした警備を行う仕事。 ☆ 共通能力ユニット  ※すべての職務で必要となる共通能力ユニットです。 職務 能力ユニット名 概要(参考) レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 全 職 務 共 通 職業倫理と職務規律 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって...
交通誘導2級

職業能力評価基準の全体構成・レベル区分の目安

◎ 職業能力評価基準の全体構成及びレベル区分の目安について 警備業における職業能力評価基準の全体構成 職種 警備業務 企画・営業 警備員教育 職務 施設警備 機械警備 交通誘導警備 雑踏警備 貴重品運搬警備 警備企画 営業 警備員教育 レベル1 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ レベル2 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ レベル3 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ レベル4 ◯ ◯ ◯ レベル区分の目安 ...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題658、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(脅迫罪)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題658 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(脅迫罪)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 脅迫罪とは、本人や親族の生命、身体、自由、名誉または財産への害を与えることを告げる行為つまり、「脅迫罪の対象者」に「害悪の告知をすること」である。 脅迫罪が成立するには、その「害悪の告知」が一般に、人を畏怖させる(恐怖を感じる)程度であること、また「害悪の告知」が被害者に到達して認識されており、実際に被害者が恐怖を感じている必要がある。 脅迫の対象者本人に直接害悪の告知を行わず、第三者を介して告げた場合でも脅迫罪に該当す...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題657、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題657 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪、逮捕罪及び監禁罪、または両罪を問われる事例の記述です、誤っているものを選びなさい。 金を貸した相手が返そうとしないので、話し合いと称して事務所に呼び出し鍵をかけ「逃げたらどうなるか分かっているな!」などと言い、怖くて逃げだせないようにして念書にサインさせた。 目の前で犯行を犯した現行犯人を逮捕したが、暴れて逃げようとしたので数名で取り押さえ警察が来るまでの間、強引に部屋に閉じ込めて監禁した。 男は女に対して「話がつくまで返さないぞ」と脅迫した。しかし、女が逃げ出したため男は女...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題656、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題656 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三ヶ月以上七年以下の懲役に処せられる。その客体が幼児、泥酔者、熟睡中のものでも対象になり得る。 「逮捕」とは、人の身体をロープなどで手足を縛り動けないようにするなど、実力で直接的に拘束し、行動の自由を奪うことである。また、自由を奪う手段には、法文上制限はなく心理的強制手段、欺罔的手段など様々である。 「監禁」とは、人を一定の限られた場所から移動することを不可能又は著しく困難にする...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題655、刑法、生命又は身体を害する罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題655 次の文章は、刑法、生命又は身体を害する罪に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 警備員の携帯することのできる警戒棒は、視覚上、危険感を抱かせるかどうかなど具体的な行為の目的如何によっては凶器にあたる場合もあると考えられる。 2人以上の者が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその準備があることを知って人を集合させた場合は、凶器準備結集罪が成立する。 2人以上の者が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題654、刑法、生命又は身体を害する罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題654 次の文章は、刑法、生命又は身体を害する罪に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 暴行とは、人の身体に対し不法に有形力を行使すること、有形力を行使するとは、殴る・蹴るなどの物理的な攻撃のことである。 暴行は、被害者の体への衝撃を伴う接触に限らず、人の身体の安全を害するものであり、相手にケガを与えてしまえば暴行罪に問われる。 殺人罪とは、人を殺すことを内容とする犯罪であり、故意をもって人の生命を害する行為を言う。 傷害罪とは、人の身体に傷害を負わせる、人の生理機能に障害を与えることで、毒を盛ったり、嫌がらせにより障...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題653、正当防衛と緊急避難(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題653 次の文章は、正当防衛と緊急避難に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 緊急避難が、正当化されるための保護法益として、刑法では自己又は他人の生命、身体、自由又は財産の4種類を挙げているが、これ以外にも名誉や貞操等も含まれる。 「防衛の程度を超えた」とは、急迫不正の侵害に対して防衛の意思で反撃行為をしたが、その行為が「やむを得ずにした」と認められる場合であり、防衛の相当性の要件を欠くことをいう。 過剰防衛は正当防衛の要件を満たさないので犯罪が成立するが、情状によって刑の減軽又は免除を受ける。しかし、必ずというものでは...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題652、正当防衛(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題652 次の文章は、正当防衛に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 正当防衛は、不正の侵害を行う者に対し自らの権利を守ための反撃として行われるものであり、第三者の権利を守る場合には成立しない。 その侵害が急迫なものでなければならず、将来侵害されるおそれがあるという程度では、正当防衛は認められない。 将来起こるであろう不正な侵害に対して、あらかじめその防衛のために設備を整えるといった行為は認められる。 責任能力のない心神喪失者から不正な侵害があった場合にも、正当防衛は認められる。 正当防衛はあくまで、急迫不正な侵害を...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題651、緊急避難(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題651 次の文章は、緊急避難が成立する要件に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 自己又は他人の生命、身体、自由若しくは財産に対する現在の危難があることが必要である。正当防衛と違いその危難は違法(不正)である必要がない。 その危難を避けるためにした行為であり、避難の意思が必要である。 避難行為が「やむを得ずにした」ものであることが必要である。正当防衛と異なり、他に避難の方法があればその方法をとることが求められる。 正当防衛と同様、避難行為から生じた害が避けようとした害の程度を超えないことが必要である。 緊急避難の...
スポンサーリンク