雑踏警備業務2級

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級

法令に関することⅡ、憲法その1(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 2 憲法 人権についての概略的知識  警備業務を適正に実施するため、他人の権利や自由を侵害することのないよう基本的人権を正しく理解すること。  憲法は、個人の尊重を第一義としていますが、その精神は、すべての個人を尊重することであって、一個人のみを尊重するということではありません。憲法とは国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るため、国を縛るための法であり、国や自治体が法律や条例を作るに当たって、そのルールが適正かどうかを憲法に定めていま...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その4(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (8) 警備業法 第18条(特定の種別の警備業務の実施) 第十八条 警備業者は、警備業務(第二条第一項第一号から第三号までのいずれかに該当するものに限る。以下この条並びに第二十三条第一項、第二項及び第四項において同じ。)のうち、その実施に専門的知識及び能力を要し、かつ、事故が発生した場合には不特定又は多数の者の生命、身体又は財産に危険を生ずるおそれがあるものとして国家公安委員会規則で定める種別(以下単に「種別」という。...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その3(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (6) 警備業法 第16条(服装) 第十六条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、明確に識別することができる服装を用いなければならない。 警備業法施行規則 (内閣府令で定める公務員) 第二十七条 法第十六条第一項の内閣府令で定める公務員は、警察官及び海上保安官とする。 警備員は、警察官の制服(出動服...
スポンサーリンク
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その2(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (5) 警備業法 第14条 警備業法(警備員の制限) 第十四条 十八歳未満の者又は第三条第一号から第七号までのいずれかに該当する者は、警備員となってはならない。 2 警備業者は、前項に規定する者を警備業務に従事させてはならない。 ◎警備員として警備業務に従事することができない者。 18歳未満の者。 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者。 禁錮以上の刑に処せられ、又は...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その1(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定用警備業法の、第1条から第4条までの要点のまとめ
雑踏警備業務2級

礼式と基本動作(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第1章 警備業務に関する基本的な事項 第2節 警備員の資質の向上に関する専門的な知識 2 礼式と基本動作 ⑴ 礼式 ・節度ある礼式は、警備員の心を引き締め、規律ある職場を形作り警備員に対する社会的信頼を高める。  ・警備員は日頃から礼式の意義を理解し、繰り返し訓練を行い、正しい礼式を身に付けること。  ・服装や身だしなみは、委託者だけではなく、周囲の人たちの注目の対象になり、端正に整えることで、警備員に対する信頼が高まる。 ◯ 敬礼  ・敬礼を行う者は、通常、受礼者の答礼が終わるのを待って元の姿勢に戻る。 ・ただし...
雑踏警備業務2級

警備員の指導及び教育に関する制度の概要(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第1章 警備業務に関する基本的な事項 第2節 警備員の資質の向上に関する専門的な知識 1 警備員の指導及び教育に関する制度の概要 ⑴ 警備業法第21条(警備業者等の責務) 警備業法 第四章 教育等 第一節 教育及び指導監督 (警備業者等の責務) 第二十一条 警備業者及び警備員は、警備業務を適正に行うようにするため、警備業務に関する知識及び能力の向上に努めなければならない。 2 警備業者は、その警備員に対し、警備業務を適正に実施させるため、この章の規定によるほか、内閣府令で定めるところにより教育を行うとともに、必要な指導及び監督をしな...
雑踏警備業務2級

警備業務に関する基本的な事項 Ⅳ(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第1章 警備業務に関する基本的な事項 第1節 警備業務実施の基本原則に関する専門的な知識 4 警備員の使命と心構え ⑴ 事故を防止する ・雑踏警備業務は、公道上で行われることが多いため、社会全般の安全に深く関与している。 ・警備員は日頃から起こり得る事故を想定し、とるべき措置を十分に心得ておくこと。 ⑵ 責任感を持つ ・警備員は、自らの知識及び技能をもって、その職務を最後までやりとげる必要がある。  ・自己の都合によって勝手に任務内容を変更したり、みだりに勤務場所を離れたりしてはならない。 ⑶ 関係法令を守る ...
雑踏警備業務2級

警備業務に関する基本的な事項 Ⅲ(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第1章 警備業務に関する基本的な事項 第1節 警備業務実施の基本原則に関する専門的な知識 3 警備業法第15条 ◯警備業者及び警備員が警備業務を行うに当たって守るべき基本原則 警備業法 第三章 警備業務 (警備業務実施の基本原則) 第十五条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、この法律により特別に権限を与えられているものでないことに留意するとともに、他人の権利及び自由を侵害し、又は個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない。 ① 警備業法により特別に権限を与えられているものでないことに留意する...
雑踏警備業務2級

警備業務に関する基本的な事項 Ⅱ(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第1章 警備業務に関する基本的な事項 第1節 警備業務実施の基本原則に関する専門的な知識 2 雑踏警備業務の意義と重要性 ◯ 「雑踏警備業務」とは ・他人の需要に応じて、人の雑踏する場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務である。 ・スポーツイベント、花火大会、コンサート等において、人々の安全を図り、雑踏事故の発生を未然に防止することを目的として、群集の誘導や規制等を行う。 ◯ イベント等の主催者は、負傷等の事故が発生しないように、係員を配置するなどの措置を講じなければならない。 ・群集の誘導等...
雑踏警備業務2級

警備業務に関する基本的な事項 I(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第1章 警備業務に関する基本的な事項 第1節 警備業務実施の基本原則に関する専門的な知識 1 警備業務の意義と重要性 ◯警備業の歴史 ・昭和39年開催の東京オリンピック選手村の警備によって我が国の警備業は、その存在を広く認識された。 ・高度成長期の企業合理化と人手不足を背景とし、各種施設の防犯防災業務、道路上での危険を防止するための交通誘導業務、貴重品等運搬時の盗難防止、ボディガードなどの分野で急速に発達してきた。 ・現在では「生活安全産業」として国民生活に深く定着している。 ◯「警備業務」とは ・他...
交通誘導警備業務2級

礼式と基本動作(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 警備員の資質の向上に関する専門的な知識 2 礼式と基本動作 ① 礼式 ・節度ある礼式は、自身の心を引き締め、規律ある職場を形作るとともに警備員に対する社会的信頼感を高める。 ・警備員は、礼式
雑踏警備業務2級

不審物発見時等の対処要領

不審物発見時等の対処要領 ◎不審物 不審物=平素と違う状態におかれたもの。 ア 管理者、所有者の不明なもの イ 見慣れないもの ウ その場にあることが不自然なもの ◎不審物等を発見した場合 ⑴ 不審物件 管理者や所有者等が判明した場合 警備隊本部
雑踏警備業務2級

現場保存の意義及び実施上の留意点(雑踏2級)

雑踏警備業務2級 現場保存の意義及び実施上の留意点 ◎現場保存の意義  業務の特殊性から犯罪や事故の現場を発見したり、第三者から犯罪や事故についての連絡を受けたりする。 速やかに警備隊本部に即報し、現場をあるがままの状態で保存する。 警備員の行う現場保存とは 犯罪や事故の現場をそのままの状態で保存し、証拠や遺留品の散逸(さんいつ)とそれらの変質や滅失(めっしつ)を防止して、警察官の採証活動に協力する活動。 時間の経過によって資料が破壊されたり、滅失する。 現場の関係者によって、不用意に現場が変更又は破壊されるおそれもある。 二次的な事故の発生に注意することも大切で...
雑踏警備業務2級

避難誘導について(雑踏2級)

雑踏警備業務2級 ◎避難誘導 ○避難誘導の意義 火災や事故等が発生した場合には、定められた安全な場所への避難誘導を行う。 警察官や消防吏員の指示に従う。  ○避難誘導の基本的事項 ア 責任者の指示に従い、次の事項を行う。 ① 避難経路の決定 
雑踏警備業務2級

事故発生時の初動措置要領

事故発生時の初動措置要領 ◎初動措置の重要性 雑踏警備現場で事故が発生 → 初期段階の適切な対応により、その後の被害を大きく軽減させることができる。 異常があれば、まず警備隊本部へ速やかに連絡し、指示を仰ぎ初動措置を行う。 ◎危険な過密状態
雑踏警備業務2級

幼児等要保護者への対応要領

◎幼児等要保護者への対応要領 ○要保護者について ・「要保護者」= 雑踏という特異状況の中、警察・消防等の公的機関、行事の主催者、警備員等による応急の保隻を必要とする者。(雑踏弱者) ・雑踏状況下では、警備関係者等が保護しなければ生命、身体に危険が及ぶ者。 ・危険事態の発生に際、救出・救護等の保護活動を要する者。 ○要保護者対応の重要性 ・常に要保護者の状況を把握し、危険な状態に至る前に適切に対応し、事故の未然防止に努める。 ○幼児等要保護者への対応 ・乳幼児、高齢者、妊婦、子ども連れの女性、その他一般に非力であると思われる人々には、できる限り混雑を避けるよう、本人及び...
雑踏警備業務2級

事故発生時のニ次災害防止要領

◉事故発生時のニ次災害防止要領 事故が発生した場合は、被害の軽減を図り、二次災害の防止措置を行う。 ○転倒、将棋倒し、群集雪崩 群集密度が過密、転倒、将棋倒し、群集雪崩等の事故が発生。 直ちに転倒した人々を救出し、過密状態の解消を図る。
雑踏警備業務2級

警備隊本部への連絡要領

◉警備隊本部への連絡要領 他人の需要に応じて、人の生命、身体、財産等に対する侵害を警戒し、防止する警備業務は、事件事故の発生に接する機会が他の業務に比べて多いものと思われる。 事件事故が発生した場合には、警備業者と契約先だけの問題にとどまらず、社会公共の安全と秩序に大きな影響を及ぼす可能性がある。 警備員がとり得る措置は、一般市民が自己を守るためにとることのできる範囲内に限られる。 契約先や第三者の生命、身体、財産等について、事件事故が発生した場合の最終的な処置は、各種の強制的権限を行使できる警察機関等に委ねる。 *警備員は「警備業法第15条」により特別に権限を与えら...
雑踏警備業務2級

事故発生時に把握すべき事項

◉事故発生時に把握すべき事項 ・雑踏現場で事故等が発生し混乱が生じると、収拾がつかない事態に発展する恐れがある。 ・的確な措置により混乱の拡大防止を図るとともに、沈着冷静に負傷者を救出、救護し事態の早期収拾に当たらなければならない。 ・警備員の報告により警備隊本部、契約先、警察機関等が事態を収束させる活動を開始するため、事故等が発生、又はおそれがあるときは、速やかに状況等を警備隊本部等へ即報する。 ・報告を受ける側が速やかにその事態を把握し、適切な対応をとれるよう具体的で正確な情報収集し報告を行う。 ⑴ 負傷者が発生した場合  ○負傷者の数及び負傷の程度を確認。 ・負傷者...
雑踏警備業務2級

道路交通法 第77条(道路の使用の許可)

(道路の使用の許可) 第七十七条  次の各号のいずれかに該当する者は、それぞれ当該各号に掲げる行為について当該行為に係る場所を管轄する警察署長(以下この節において「所轄警察署長」という。)の許可(当該行為に係る場所が同一の公安委員会の管理に属する二以上の警察署長の管轄にわたるときは、そのいずれかの所轄警察署長の許可。以下この節において同じ。)を受けなければならない。 一  道路において工事若しくは作業をしようとする者又は当該工事若しくは作業の請負人 二  道路に石碑、銅像、広告板、アーチその他これらに類する工作物を設けようとする者 三  場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これ...
雑踏警備業務2級

群集の性格と群集心理の特性2

◉群集の性格と群集心理の特性 ◎群集心理の特性 ①無名性 ・共通の対象を中心として一つの全体的なまとまりとなり、次第に自己意識が薄らぎ、全体の中に融合する。その結果、自己を無名の人とし、群集の一部分として意識する。   ②無責任性  ・自己を群集の一部として自覚する。 ・悪いことをしているのは、群集を扇動している者であり、その他の者は罰を免れることができる等の罪悪感が薄くなり、責任性がなくなる。  ・個々の責任感が弱まり、群集の雰囲気に左右されやすく、公衆道徳や社会秩序、社会規範に対する意識、理性が失われる。 ③無批判性 ・共通の対象に対する知識が部分的であるた...
雑踏警備業務2級

群集の性格と群集心理の特性1

◉群集の性格と群集心理の特性 ◎群集の性格  ・人は群集となった場合、 個々人である場合とは異なった心理状態に左右され、思わぬ行動に出ることが多い。 ・群集の性格としては、その中に指揮者がなく、秩序付ける組織もない。 ・些細なことをきっかけに、群集心理のおもむくままに収拾できない事態に発展する。 ○群集の三つの特性(性格) ①付和雷同 ・付和雷同とは、自分の主義主張を持たず、深く考えずに他人の意見に同調すること。 ・群集の中に居ることによって、周りの人の非常識な行動になんの不自然さも感じず自らもそれと同じ行動を起こしてしまう。 ・群集心理に左右されて個々の理性を失うこ...
スポンサーリンク