雑踏2級

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題315、日本国憲法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題315 次の文章は、日本国憲法の『集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由』『勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利』について述べられたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 集会とは、共同の目的を持った複数人の一時的集合であり一定の場所に集合することで、 集団の行進及び示威的運動(デモ)は許可が必要なため含まない。 ② 結社とは、 共同の目的を持って、 継続的に複数人が結合している集団、団体のことである。 ③ 団体交渉権とは、労働者の団体が使用者と労働条件について交渉する権利のことである。 ④ 団...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題314、日本国憲法、第十三条(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題314 次の文章は、日本国憲法の第三章「国民の権利及び義務」第十三条『すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。』について述べられたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 個人の生命、自由、幸福追求に対する国民の権利が、最大の尊重を受ける。 ② 基本的人権は、絶対無制限ではなく、「公共の福祉に反しない限り」という客観的限界がある。 ③ 社会公共の利益により個人の人権は制限されることになる。 ④ 憲法は、個人...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題313、日本国憲法、第十一条(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題313 次の文章は、日本国憲法の第三章「国民の権利及び義務」、第十一条『国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。』に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 ① 「基本的人権」とは、人間らしい生活を送る権利、すべての人間が人間であるかぎりにおいて持っている権利のことである。 ② 「享有」とは、生まれながらにして持っている、ということである。 ③ 「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。」とは、基本的人権は、人...
スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題312、検定制度(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題312 次の文章は、警備業法第23条の検定制度に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 検定には、検定種別ごとに1級と2級の区分があり、2級は当該警備現場において自らの判断で適正な警備業務を実施する能力を有していることが求められる。 ② 成年被後見人やアルコール中毒者等、警備業法第3条第1号から第7号までのいずれかに該当する者に対しては、合格証明書は交付されない。 ③ 1級検定はその種別の2級の合格証明書の交付を受けてから、その種別の業務に1年以上従事する必要がある。 ④ 資格取得方法には、都道府県公安委員会が行う検定...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題311、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題311 次の文章は、警備業法施行規則第三十八条(教育)について述べられたものです、誤っていないものを選びなさい。 ① 当該警備業務2級検定の合格証明書の交付を受けた者が当該警備業務に就く場合の新任教育は、基本教育は免除され、業務別教育は6時間以上受けなければならない。 ② 当該警備業務2級検定の合格証明書の交付を受けた者が当該警備業務に就く場合の現任教育は、基本教育は免除され、業務別教育は年度ごとに6時間以上受けなければならない。 ③ 資格のない一般警備員の現任教育は、基本教育、業務別教育併せて年度ごとに5時間以上受けなければならない...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題310、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題310 次の文章は、警備業法第二一条の規定による教育に関しての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 当該警備業務1級検定の合格証明書の交付を受けた者が当該警備業務に就く場合の新任教育は、基本教育、業務別教育ともに免除される。 ② 当該警備業務2級検定の合格証明書の交付を受けた者が当該警備業務に就く場合の新任教育は、基本教育は免除され、業務別教育は3時間以上受けなければならない。 ③ 当該警備業務1級検定の合格証明書の交付を受けた者が当該警備業務に就く場合の現任教育は、基本教育、業務別教育ともに免除される。 ④ 当該警備業務...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題309、特定の種別の警備業務(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題309 警備業法一八条の規定により、特定の種別の警備業務については、合格証明書の交付を受けた警備員を配置しなければならないが、次のうち特定の種別の警備業務ではないものはどれか。 ① 機械警備業務 ② 施設警備業務 ③ 貴重品運搬警備業務 ④ 核燃料物質等危険物運搬警備業務 ⑤ 空港保安警備業務 ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 警備業法第23条及び第18条 警備員の指導及び教育(交通2級) ◉◉◉答えはここをクリック◉◉◉ 答え、① 特定の種別の警備業務は、以下の6種...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題308、警備業法第一六条(服装)、第一七条(護身用具)(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題308 次の文章は、警備業法第一六条(服装)、第一七条(護身用具)についての文章です、誤ってはいないものを選びなさい。 ① 警備員の服装は、色、又は標章により一般通常人が一見して警察官の制服、警察官の出動服、海上保安官の制服と明確に識別できなければならない。 ② 警備員が携帯する護身用具は、携帯することにより人に著しく不安を覚えさせるおそれがなく、かつ、人の身体にまったく害を加えることがないものでなければならない。 ③ 警戒じょうは、その形状が円棒であって、長さが90センチメートルを超え150センチメートル以下のものである。 ④...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題307、警備業法第一五条(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題307 次の文章は、警備業法第一五条に関連する記述です、適切ではないものを選びなさい。 ① 警備業者及び警備員は、警備業務を行う場合、警備業法で特別に権限を与えられているわけではない。 ② 警備業者及び警備員は、警備業務を行う場合、他人の権利及び自由を侵害してはならない。 ③ 警備業者及び警備員は、警備業務を行う場合、個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない。 ④ 警備業務対象施設内等において、不審人物を発見した場合は、施設管理権に基づき、私人として許される範囲内での質問等を行える。 ⑤ 現行犯人を逮捕した場合、犯...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題306、警備業法、警備員の制限(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題306 次の文章は、警備業法、警備員の制限についての記述です誤っていないものを選びなさい。 ① 暴力団の構成員であっても、アルコール、麻薬、大麻、アヘン、覚醒剤の中毒者でなければ、警備員になれる。 ② その程度にかかわらず、アルコール中毒者は警備員になれない。 ③ 懲役の刑に処せられた日から起算して、3年を経過した者は、警備員になれる。 ④ 18歳未満であっても、そのものが警備業者の相続人であって、その法定代理人が警備業法第3条第1号から7号のいずれにも該当しない場合は、警備員になれる。 ⑤ 成年被後見人であっても、警備業...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題305、警備業法、第1条(目的)第2条(定義)(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題305 次の文章は、警備業法、第1条(目的)第2条(定義)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備業法の目的は、警備業務の実施の適正を図ること、すなわち、警備業務の実施に伴う違法又は不当な事態の発生を防止し、あわせて、警備業務の適切な実施を促進することにある。 ② 警備業法において「警備業務」とは、法第2条第1項の各号のいずれかに該当する業務であつて、他人の需要に応じて行うものをいう。 ③ 第二号の人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務は保安警備業務...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題304、部下指導上の留意点(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題304 次の文章は、部下指導上の留意点についての文章です、適切ではないものを選びなさい。 ① 部下指導に関しては業務や作業に多少の影響が出ても周囲でカバーしながら色々な経験ができる場所や時間帯を設定して指導を行う。 ② 未経験者や経験の浅い者には、不適切な警備業務の実施が、どのような危険や事故等の発生の誘因となるかをしっかりと認識させ、基本を徹底的に習得させるとともに、参集者に対する礼節の必要性についても十分認識させる。 ③ 経験者に対しては、業務の実施状況を細部にわたり巡察し、実施の粗雑さ、礼節の欠如などについても観察して、慣れから...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題303、部下指導上の留意点(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題303 次の文章は、部下指導上の留意点を述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 指導は工事や作業に影響のない方法や時間帯を選び、配置隊員全員で実施し、相手の身になって根気よく丁寧に行う。 ② 指導者は相手の年齢、性別、経験年数、理解力等に適した指導方法を選択し、情熱を持って指導にあたる。 ③ 未経験者や経験の浅い者に対して、誘導位置の選定や合図、誘導方法が不適切な場合に発生する危険をしっかり認識してもらい、基本の習得を徹底して行い、契約先、通行者に対する礼節の必要性についても十分認識してもらう。 ④ 自己流の合図は相手...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題302、礼式と基本動作(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題302 次の文章は、礼式と基本動作についての記述です、妥当ではないものを選びなさい。 ① 右向け及び左向けは、回転側の足のかかとと、反対側の足のつま先とを軸として180度右又は左に向きを変え、反対側の足を引き付け、同一線上にそろえる。 ② 基本動作により、警備員の規律が守られ、士気が高揚するほか、突発的な事故の発生に際して、適切かつ機敏な対応ができる平常心や協調心を養うことができる。 ③ 警備員は、日頃から基本動作を繰り返し練習し、習慣として定着させなければならない。 ④ 休めは、その場で左足を約20センチメートル(両かかとの内...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題301、礼式と基本動作(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題301 次の文章は、礼式と基本動作についての記述です、適切ではないものを選びなさい。 ① 敬礼を行う者は、通常、受礼者の答礼が終るのを待って元の姿勢に戻るが、号令がかかる場合は、号令に従う。 ② 脱帽時の敬礼は、受礼者が明らかに認めることができる距離のところで行う。 ③ 脱帽時の敬礼は、受礼者に向かって姿勢を正し注目し、上半身を約15度前に傾けて行い、元の姿勢に戻る。 ④ 着帽時の敬礼は、特に定めがある場合のほか、受礼者を離れること約5歩のところで、挙手注目の敬礼を行う。 ⑤ 着帽時の敬礼は、受礼者に向かって姿勢を正し注目...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題300、礼式と基本動作(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題300、次の文章は、礼式と基本動作についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備員の節度ある礼式は、自身の心を引き締め、規律ある職場を形作る。 ② 警備員は、礼式の意義を理解し、繰り返し訓練を行い
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題299、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題299、次の文章は、警備員の指導及び教育に関する制度の概要についての文章です、間違っているものを選びなさい。 ① 警備員に対する警備員教育は、「基本教育」と「業務別教育」並びに「必要に応じて行う警備業務に
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題298、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務2級 検定練習問題 問題298 警備業法第二十三条に「公安委員会は、警備業務の実施の適正を図るため、その種別に応じ、警備員又は警備員になろうとする者について、その知識及び能力に関する検定を行う。」とあるが、その種別で正しいものは
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題297、警備員教育(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題297、次の文章は、警備員の教育に関して令和元年改正後の記述です、誤りを選びなさい。 ① 警備員に対する教育は、基本教育、業務別教育並びに必要に応じて行う警備業務に関する知識及び技能の向上のための教育とする。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題296、警備員の使命と心構え(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題296、次の文章は、警備員の使命と心構えについての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 感情的な言葉は、相手と対立するなど良好なコミュニケーションを阻害するので、警備員は、接客用語や敬語等の好ましい言葉が
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題295、警備員の使命と心構え(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題295、次の文章は、警備員の使命と心構えについての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 雑踏警備業務は、その職務上、些細なことであっても放置することなく、責任を持ってその処理に当たる必要がある。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題294、警備業務実施上の基本原則(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題294、次の文章は、警備業務実施上の基本原則についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 警備員は、警備業務対象施設内で、明らかではないが不審と思われる人物を発見した場合、施設管理権に基づき、一般
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題293、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題293、次の文章は、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)後段です。( )の中の言葉の組み合わせが正しいものを選びなさい。 第15条 後段 (①)の(②)を侵害し、又は(③)の(④)に干渉してはならない。
スポンサーリンク