交通誘導2級

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題76、誘導灯を使用した後進の誘導

交通誘導警備業務 2級検定練習問題76 次の文章は、誘導灯を使用した後進の誘導に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 後進誘導を行う位置は、原則として、車両の側面から1メートル以上、車両後部から4〜5メートル離れた位置で、サイドミラー等で運転者から見える位置で行います。 誘導をする車両側の手に誘導灯を持つ。 進行方向の安全を確認した後、誘導灯を持っていない腕を肩の高さにし手のひらを正面にむけ、進行方向を示す。 誘導車両を注視して、誘導灯を肩の高さにする。 進行方向の安全を確認しつつ、誘導灯を肩の高さから顔の前面の位置まで、ひじから先を曲げて上方に大きく円を描くように振りながら、車両との...
交通誘導警備業務2級

車両等の誘導に関することⅡ、合図の種類と基本動作5、誘導灯(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第3章 車両等の誘導に関すること 第2節 人又は車両に対する合図の方法と人又は車両の誘導を行うため必要な専門的知識及び能力 2 合図の種類と基本動作 交通誘導警備員の、体の向きや手足の動きが、人や車両の通行に大きな影響を与える。 常に正しい姿勢と要領で合図を行う。 ⑹ 誘導灯を使用した幅寄せ、徐行の誘導 夜間や降雨時に使用する、状況によっては昼間に使用することもある。 合図の方法は手旗による合図の方法に準ずる。 一本の誘導灯で赤旗、白旗の両方の役目をさせるため、持ち替えたり、反対の素手によって合図の補足をしたりする。 ア、幅寄せの合図 体を対向車両に対...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題75、誘導灯を使用した進行の誘導

交通誘導警備業務 2級検定練習問題75 次の文章は、誘導灯を使用した進行の誘導に関する文章です、妥当ではないものを選びなさい。 体を車両の進行方向に平行にする。(左手の誘導灯は停止の合図の位置のまま、車両の進行方向に対して直角) 進行方向の安全を確認した後、誘導灯を右手に持ち替え、車両を注視し、次に誘導灯を車両の方向へ差し出し、両肩の延長線上で垂直に立てる。 車両を注視しながら、誘導灯を水平から反対側の下方約45度まで、ひじや手首を曲げずに下を通って大きく振る。 警笛を使用する場合は、腕の動作に合わせて、警笛を短音(約0.5秒間、ピッ)を吹鳴する。 その後、速やかに基本の姿勢に戻るが、車両が自...
スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題74、合図の種類と基本動作「後進の誘導」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題74 次の文章は、合図の種類と基本動作の手旗を使用した後進の誘導に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 体を車両の進行方向に平行にして、進行方向側の手に赤旗、車両側の手に白旗を持つ。 進行方向の安全を確認した後、赤旗を自分の前方に伸ばして、後続してくる車両等に停止、又は注意の合図を継続しながら、白旗を車両の進行方向と平行に肩の高さにする。 進行方向の安全を確認しつつ、白旗を左右に大きく上にあげて振りながら、車両と距離を保ち誘導する。 腕の動作に合わせて、警笛を短音と長音の組合せ(ピピー、ピピー)で等間隔に吹鳴し、移動するときは、足が絡まないよう、自然に...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題73、合図の種類と基本動作「手旗を使用した進行の合図」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題73 次の文章は、合図の種類と基本動作の手旗を使用した進行の合図に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 体を車両の進行方向に平行にする。 進行方向の安全を確認した後、車両を注視し、次に白旗を車両の方向へ 差し出し、両肩の延長線上で水平にする。 車両を注視しながら赤旗を下ろし、白旗を水平から反対側の下方約45度まで、ひじや手首を曲げずに下を通って大きく振る。 警笛を使用する場合は、腕の動作に合わせて、警笛を短音(約0.5秒間)で吹鳴する。 その後、速やかに停止の姿勢に戻るが、車両が自分の前を通過するまでは、車両の注視を継続する。 ヒント↓↓↓ ◎この問題...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題72、合図の基本動作「手旗を使用した停止の合図」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題72 次の文章は、合図の種類と基本動作の手旗を使用した停止の合図に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 体を車両に正対させる。 赤旗を側頭部に沿って垂直に上げた後、車両を注視しながら、ひじや手首を曲げずに大きな動作で素早く左右に振り、停止の予告を行う。 赤旗を肩の高さまで水平に下ろす。 停止していただいた車両に対しては、進行の合図を行うまでは停止の合図を継続する。 停止ししていただいた車両に対しては、感謝の意を表すことが望ましい。(一礼をする) ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 車両等の誘導に関することⅡ、合図の種類と基本動作2、小旗(手旗)(交通2...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題71、合図実施上の留意点「合図の確実な伝達方法」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題71 次の文章は、合図実施上の留意点「合図の確実な伝達方法」に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 誘導の対象となる車両の運転者、他の車両の運転者から警備員がよく見えて、誘導車両に可能な限り接近した位置を選定し、合図を行う場合は、車両の運転者の目線に注目して行うこと。 ー般車両の運転者が警備員の合図を十分に認識し、余裕を持って対応できるよう、一般車両から工事現場までの距離やその車両の速度等を考えて合図を行う。 パワーショベル等は、急に旋回、前進及び後退することがあるので、常に安全な距離を保ちながら、運転者が合図を確認できる位置を選定する。 合図は大き...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題70、合図実施上の留意点「具体的留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題70 次の文章は、合図実施上の留意点「具体的留意事項」に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 車両に停止を求める場合には、近づいてきた車両の前面で停止予告合図を行いその後、外側線側に寄り停止させる。また、車両が道路の左側に沿って停止できるようにする。 停止の合図は、ゆとりを持ってはっきりと行い、悪天候の下で停止を求める場合は、車両の制動距離に留意する。 停止した車両に対しては、進行の合図を行うまでは停止の合図を継続すること、停止した車両に進行を促す場合は、他の交通の状況を見て、周囲の安全を確認した後に進行させる。 誘導の対象となる車両の死角に入らない...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務 ・2級検定練習問題69 、合図実施上の留意点「具体的留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題69 次の文章は、合図実施上の留意点「具体的留意事項」に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 片側交互通行のため、一般車両に停止を求めるときは、停止を求めようとする車両の速度やその後続の車両の有無を考慮し、無理に停止を求めない。 車両が停止する場所と規制帯は、対向車両がすれ違う際の妨害とならないよう十分な距離をおく。 工事関係車両を工事現場に右折で入場させる必要がある場合、工事関係車両が後続の通行の妨げになるため、工事関係車両を優先的に現場内に誘導する。 原則として、工事関係車両を道路上で順番待ちをさせてはならない。 歩行者の通行の安全について常に注意...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題68、合図実施上の留意点「基本的留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題68 次の文章は、合図実施上の留意点の基本的留意事項に関する記述です、正しくないものを選びなさい。 道路工事現場で交通誘導警備業務に当たる場合、道路使用許可条件を熟知しその条件を守り、安全かつ円滑な誘導に努める。 常に現場の交通状況全般に気を配り、常に周囲の交通状況を把握し、安全かつ円滑な誘導を行うため一般車両に配慮して、工事関係車両等特定の車両のみを優先した誘導を行う。 交通誘導警備業務は、信号機、道路標識等が設けられている場所においては、これらに従い、現場に警察官等がいる場合にはその指示に従う。 交通誘導警備業務は、道路交通法の定める車両及び歩行者の通行方...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題67、合図実施上の留意点「基本的留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題67 次の文章は、合図実施上の留意点の基本的留意事項に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 警備員は、服装、頭髪、その他の身だしなみを清潔・端正にすることはもちろん、体調を整え、日頃から誘導技術の向上に努め、心身ともに良好な状態で交通誘導警備業務を行うように心がける。 常に周囲の交通状況を把握し、工事関係車両等、特定の車両のみを優先した誘導を行わないようにする。 誘導ミスによって交通事故を引き起こし たり、一般車両等に迷惑をかけたりすることのないよう、常に現場の交通状況全般に気を配り、安全かつ円滑な誘導に努める。 原則、信号機の表示する信号を遵守して交...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題66、合図実施上の留意点「基本的留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題66 次の文章は、合図実施上の留意点の基本的留意事項に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 警備員は、服装、頭髪、その他の身だしなみを清潔・端正にすることはもちろん、体調を整え、日頃から誘導技術の向上に努め、心身ともに良好な状態で交通誘導警備業務を行うように心がける。 常に周囲の交通状況を把握し、工事関係車両等、特定の車両のみを優先した誘導を行わないようにする。 誘導ミスによって交通事故を引き起こし たり、一般車両等に迷惑をかけたりすることのないよう、常に現場の交通状況全般に気を配り、安全かつ円滑な誘導に努める。 原則、信号機の表示する信号を遵守して...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題65、歩行者用通路設置の留意事項

交通誘導警備業務 2級検定練習問題65 次の文章は、歩行者用通路を設置する場合の留意事項について述べたものです、適切でないものを選びなさい。 一般歩行者の通行が困難になる場合は、安全な場所に歩行者用通路を設置する。 歩行者用通路上の見やすい箇所に、「歩行者通路」等の標示板を設置する。夜間は常に十分な照明を点灯し、標示板や歩行者用通路が周囲からよく見えるようにする。 歩行者用通路は、凹凸やぬかるみがなく、転倒するおそれのない場所に設置する。また、落下物等のおそれがある危険な場所を避けて確保する。 作業現場との境界は、保安用資機材を隙間なく並べて仕切るとともに、風圧等で動くことがないよう安全措置を...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題64、「交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題64 次の文章は、「交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備」に関する記述です、間違っていないものを選びなさい。 工事業者が準備した資機材を使用する場合であっても、基本的留意事項を理解したうえで確実な維持管理を行い、破損等が生じた場合は、速やかに交換や修理を行う。 24時間規制するような場合は、夜間時の照度に十分配慮する。 特に夜間は、交通誘導警備業務用資機材の紛失や盗難がないよう、資機材の固定を行うとともに、設置状況や設置資機材を把握しておく。 太陽光発電も可能な工事用信号機や車線規制用標識車両については、日中における充電が効率よく行えるようパネルの向きを考慮...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題63、「交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題63 次の文章は、「交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備」に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 警備業者が持ち込んだ資機材を使用する場合は、基本的留意事項を理解したうえで確実な維持管理を行い、破損が生じた場合は、速やかに撤去を行う。 設置した資機材が風圧等により動いていた場合や転倒していた場合は、周囲の交通の状況を確認し、安全を確保したうえで元の位置に設置し、同様のことが発生しないよう安全措置を講じる。 整理整頓を行い、業務中においても、歩行者通路内や定められた場所以外に放置しない。作業終了時に使用した資機材を片づける時は、元の保管位置に戻してお...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題62、保安用資機材「車道規制時の設置要領、留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題62 次の文章は、保安用資機材「車道規制時の設置要領、留意事項」に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 警備員自らが設置する場合は、保安用資機材の機能を理解し、設置、撤去時の受傷事故の防止に努めなければならない。 保安用資機材の設置は、工事車線側の車両が進行してくる方向(起点側)から始め、撤去する場合は、逆の地点(終点側)から行う。 交通流に対面する起点側の保安用資機材と中央線との角度は、おおむね30度程度となるように設置する。ただし、道路状況や周辺の状況等により45度〜60度程度の場合もある。 工事中であることを示す各種標示板は、工事区間の起点と終...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題61、保安用資機材「車道規制時の設置要領、留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題61 次の文章は、保安用資機材「車道規制時の設置要領、留意事項」に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 「工事予告」標示板は、原則として、工事現場の手前100mから1000mの道路上の左側(中央線側の工事の場合は中央線側に設置することもある)に設置する。 交通流に対面する起点側の保安用資機材と中央線との角度は、車両の安全な通行を確保するため、おおむね15度から30度となるように設置する。 交通流に対面する起点側の保安用資機材は、隙間なく並べて仕切るが、対面しない側(中央線上及び終点側)は、工事車両出入りのため誘導員が配置するので配列しなくてもよい。 保...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題60、無線機・特定小電力トランシーバーの通話要領等

交通誘導警備業務 2級検定練習問題60 次の文章は、無線機・特定小電力トランシーバーの通話要領等についての記述です、誤っていないものを選びなさい。 1回の通話時間は電波法により5分以内と定められており、制限時間10秒前に警告音がなり自動的に終了する。その際は2秒経過しなければその後の通信を行わない。 送信は、送信スイッチを押して1〜2秒たってから行うこと。マイクは、口元から5〜10cm離して、普通の大きさの声で話すこと。 送信が30秒以上にわたるときは、 至急通話の割込みなどを容易にするため、 30秒ごとに3〜4秒間、発信を停止する。 通話時の会話速度は、電池の消耗を避けるため、間延びすること...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題59、交通誘導警備業務用資機材の機能及び使用方法

交通誘導警備業務 2級検定練習問題59 次の文章は、交通誘導警備業務用資機材の機能及び使用方法についての記述である、妥当ではないのを選びなさい。 クッションドラムは、中に水袋又は砂袋が入っており、横方向に広げて設置するよりも、縦方向に厚く設置する方が衝突時の衝撃をより緩和することができ効果的である。 誘導ロボットは、警備員の補助として使用され、片側交互通行規制の誘導を目的として使用するものであり、規制帯の起点側導流帯の中間と終点側に設置する。 車線規制用標識車両は、規制帯の明示や通行する車両に対して車線変更を促す目的で使用したり、信号機付昇降電光標示板を積載し片側交互通行規制の起点側、終点側に...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題58、交通誘導警備業務用資機材

交通誘導警備業務 2級検定練習問題58 次の文章は、交通誘導警備業務用資機材に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 交通誘導警備業務用資機材は、主に保安柵やセフティコーンなどの保安用資機材と手旗や無線機など警備員が使用するその他の資機材の2種類にに分けることができる。 交通誘導現場で使用される保安用資機材には、保安柵、セフティコーン、コーンバー、矢印板、バリケード、単管バリケード、ソーラー式工事保安灯、ソーラー式回転灯、電光標示板等がある。 警備員が使用する資機材には、警笛、手旗、大旗、誘導灯、無線機、ヘルメット、夜光チョッキ、安全靴、警戒棒、警戒杖、刺股、特殊警戒棒等がある。 無線機...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題57、(停車及び駐車を禁止する場所)(駐車を禁止する場所)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題57 次の文章は、(停車及び駐車を禁止する場所)及び(駐車を禁止する場所)について書かれた文章です誤っているものを選びなさい。 交差点の側端又は道路の曲がり角から五メートル以内の部分は、停車し、又は駐車してはならない。 横断歩道又は自転車横断帯の前後の側端からそれぞれ前後に五メートル以内の部分は、停車し、又は駐車してはならない。 道路工事が行なわれている場合における当該工事区域の側端から五メートル以内の部分は、駐車してはならない。 道路外に設けられた施設又は場所の道路に接する自動車用の出入口から三メートル以内の部分は、停車し、又は駐車してはならない。 バスの停...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題56、道路交通法 第45条(駐車を禁止する場所)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題56 次の文章は、道路交通法 第45条(駐車を禁止する場所)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 道路工事が行なわれている場合における当該工事区域の側端から五メートル以内の部分 消防用機械器具の置場若しくは消防用防火水槽の側端又はこれらの道路に接する出入口から五メートル以内の部分 消火栓、火災報知機、指定消防水利の標識が設けられている位置又は消防用防火水槽の吸水口若しくは吸管投入孔から三メートル以内の部分 道路の左側端に沿い駐車する場合に当該車両の右側の道路上に三・五メートル以上の余地がないこととなる場所においては、駐車してはならない。 道路外に設け...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題55、道路交通法、第44条(停車及び駐車を禁止する場所)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題55 次の文章は、道路交通法、第44条(停車及び駐車を禁止する場所)に関する記述です、誤っていないものを選びなさい。 バスの停留場を表示する標示柱又は標示板が設けられている位置から五メートル以内の部分 安全地帯の左側の部分及び当該部分の前後の側端からそれぞれ前後に五メートル以内の部分 横断歩道又は自転車横断帯の前後の側端からそれぞれ前後に五メートル以内の部分 道路工事が行なわれている場合における当該工事区域の側端から五メートル以内の部分 消火栓、指定消防水利の標識が設けられている位置又は消防用防火水槽の吸水口若しくは吸管投入孔から五メートル以内の部分 ヒント↓...
スポンサーリンク