スポンサーリンク
交通誘導2級

共通能力ユニット・職業倫理と職務規律、レベル2(C002L22)

共通能力ユニット 職業倫理と職務規律、レベル2(C002L22) 概要 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって与えられた職務をやり遂げる能力 能力細目 職務遂行のための基準 ① 職業倫理、法令、諸ルールの内容の把握 警備業に期待される役割と警備の目的、服装や言動等の重要性を熟知している。 警備業法など、警備業にかかわる法令の重要事項を熟知している。 警備員に認められている行為と行ってはいけない行為を熟知している。 社内諸規則及び警備計画の内容、警備指令書の内容を熟...
交通誘導2級

共通能力ユニット・職業倫理と職務規律、レベル1(C001L11)

共通能力ユニット 職業倫理と職務規律、レベル1(C001L11) 概要 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって与えられた職務をやり遂げる能力 能力細目 職務遂行のための基準 ① 職業倫理、法令、諸ルールの内容の把握 警備業に期待される役割と警備の目的、服装や言動等の重要性を理解している。 警備業法など、警備業にかかわる法令の重要事項を理解している。 警備員に認められている行為と行ってはいけない行為を理解している。 社内諸規則及び警備計画の内容、警備指令書の内容を理...
交通誘導2級

警備業「警備員教育職種」能力ユニット一覧

◎ 警備業「警備員教育」能力ユニット一覧 ◯ 職種名 警備員教育 ◯ 仕事内容  警備員が適正に警備業務を実施できるよう、教育及び指導・監督を行う仕事。 ☆ 共通能力ユニット  ※すべての職務で必要となる共通能力ユニットです。 職務 能力ユニット名 概要(参考) レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 全 職 務 共 通 職業倫理と職務規律 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって与えられた職務をやり遂げる能力 C002L22 C003L34 地域・顧客とのコミュニケーション ...
スポンサーリンク
交通誘導2級

警備業「企画・営業職種」能力ユニット一覧

◎ 警備業「企画・営業職種」能力ユニット一覧 ◯ 職種名 企画・営業 ◯ 仕事内容 顧客ニーズに即した警備プランを組み立て、見積り提案、プレゼンテーション、折衝等を行って成約につなげるとともに、顧客との良好な関係を維持・深耕する仕事。「警備企画」と「営業」の2職務に区分される。 ☆ 共通能力ユニット  ※すべての職務で必要となる共通能力ユニットです。 職務 能力ユニット名 概要(参考) レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 全 職 務 共 通 職業倫理と職務規律 警備業のミッションを認識し、高...
交通誘導2級

警備業「警備業務職種」能力ユニット一覧

◎ 警備業「警備業務職種」能力ユニット一覧 ◯ 職種名 警備業務 ◯ 仕事内容 施設における盗難等の事故の警戒・防止、雑踏や通行に危険のある場所における事故の警戒・防止、貴重品等の運搬における盗難等の事故の警戒・防止、人身の安全の確保等を目的とした警備を行う仕事。 ☆ 共通能力ユニット  ※すべての職務で必要となる共通能力ユニットです。 職務 能力ユニット名 概要(参考) レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 全 職 務 共 通 職業倫理と職務規律 警備業のミッションを認識し、高い職業倫理をもって...
交通誘導2級

職業能力評価基準の全体構成・レベル区分の目安

◎ 職業能力評価基準の全体構成及びレベル区分の目安について 警備業における職業能力評価基準の全体構成 職種 警備業務 企画・営業 警備員教育 職務 施設警備 機械警備 交通誘導警備 雑踏警備 貴重品運搬警備 警備企画 営業 警備員教育 レベル1 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ レベル2 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ レベル3 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ レベル4 ◯ ◯ ◯ レベル区分の目安 ...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題658、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(脅迫罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題658 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(脅迫罪)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 脅迫罪とは、本人や親族の生命、身体、自由、名誉または財産への害を与えることを告げる行為つまり、「脅迫罪の対象者」に「害悪の告知をすること」である。 脅迫罪が成立するには、その「害悪の告知」が一般に、人を畏怖させる(恐怖を感じる)程度であること、また「害悪の告知」が被害者に到達して認識されており、実際に被害者が恐怖を感じている必要がある。 脅迫の対象者本人に直接害悪の告知を行わず、第三者を介して告げた場合でも脅迫罪に該当す...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題44、道路交通法 第14条(目が見えない者、幼児、高齢者等の保護)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題44 次の文章は、道路交通法 第14条(目が見えない者、幼児、高齢者等の保護)に関する文章です、妥当ではないものを選びなさい。 道路交通法 第14条には、目が見えない人や幼児など、いわゆる「交通弱者」の保護が定められている。交通弱者の転倒、交通事故等が発生した場合その場に居合わせた者は、最小限必要であると思われる誘導、合図その他の措置をとるように努めなければならない。 高齢者、身体障害者、その他通行に支障のある歩行者が道路を横断、又は横断しようとしている場合、当該歩行者から申出があつたときは、誘導、合図その他適当な措置をとり、安全に横断すること...
交通誘導警備業務2級

車両等の誘導に関することⅡ、合図の種類と基本動作4、誘導灯(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第3章 車両等の誘導に関すること 第2節 人又は車両に対する合図の方法と人又は車両の誘導を行うため必要な専門的知識及び能力 2 合図の種類と基本動作 交通誘導警備員の、体の向きや手足の動きが、人や車両の通行に大きな影響を与える。 常に正しい姿勢と要領で合図を行う。 ⑸ 誘導灯を使用した停止、進行の誘導 夜間や降雨時に使用する、状況によっては昼間に使用することもある。 合図の方法は手旗による合図の方法に準ずる。 一本の誘導灯で赤旗、白旗の両方の役目をさせるため、持ち替えたり、反対の素手によって合図の補足を...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題657、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題657 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪、逮捕罪及び監禁罪、または両罪を問われる事例の記述です、誤っているものを選びなさい。 金を貸した相手が返そうとしないので、話し合いと称して事務所に呼び出し鍵をかけ「逃げたらどうなるか分かっているな!」などと言い、怖くて逃げだせないようにして念書にサインさせた。 目の前で犯行を犯した現行犯人を逮捕したが、暴れて逃げようとしたので数名で取り押さえ警察が来るまでの間、強引に部屋に閉じ込めて監禁した。 男は女に対して「話がつくまで返さないぞ」と脅迫した。しかし、女が逃げ出したため男は女...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題656、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題656 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三ヶ月以上七年以下の懲役に処せられる。その客体が幼児、泥酔者、熟睡中のものでも対象になり得る。 「逮捕」とは、人の身体をロープなどで手足を縛り動けないようにするなど、実力で直接的に拘束し、行動の自由を奪うことである。また、自由を奪う手段には、法文上制限はなく心理的強制手段、欺罔的手段など様々である。 「監禁」とは、人を一定の限られた場所から移動することを不可能又は著しく困難にする...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題43、道路交通法 第12条(横断の方法)第13条(横断の禁止の場所)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題43 次の文章は、道路交通法 第12条(横断の方法)第13条(横断の禁止の場所)歩行者の道路の横断に関する文章です、誤っていないものを選びなさい。 歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。車両等の直前又は直後とは、移動している車両等の直前・直後のことである。 歩行者は、道路の斜め横断(道路に対し直角又は直角に近い角度以外の角度で横断すること)は45度程度は許容範囲である。 「横断歩道がある場所の付近」とは、おおむね横断歩道から10メートルないし50メートル程度の距離をいう。 歩行者が、道路を横断しようとするとき、横断歩...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題42、道路交通法 第11条(行列等の通行)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題42 次の文章は、道路交通法 第11条(行列等の通行)行列等の通行方法に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 学生生徒の隊列、葬列その他の行列は、歩道等と車道の区別のある道路においては、車道をその右側端(自転車道が設けられている車道にあっては、自転車道以外の部分の右側端)に寄つて通行しなければならない。 行列及び歩行者の通行を妨げるおそれのある者で、政令で定めるものは、車道をその右側端(自転車道が設けられている車道にあっては、自転車道以外の部分の右側端)に寄つて通行しなければならない。 上記2の政令で定める行列以外の行列は、歩道等と...
誘導員のつぶやき

花火大会の雑踏警備

ただの愚痴です。  新型コロナウィルス第七波の真っ最中、各地でコロナ感染対策を行った上で、と言う体裁を謳った上開催されています。主に露天商による出店はなし、限られた施設のみでの出店、花火前の大々的なイベントはしないなど、我々警備員もアルコール消毒、マスク着用、体調チェック、感染のチェック(感染のチェックは行ってない場合もあり)等感染対策を行なってから業務を行います。これも一応、体裁として・・・です。  これだけ感染が拡大している中での花火大会の開催は、もうコロナ感染自体インフルエンザ以下の対応になっている様相。観覧にやってくる人々も、一応マスクはつけてはいるものの感染に関する気遣いはどれほ...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題41、道路交通法 第10条(通行区分)歩行者の通行方法

交通誘導警備業務 2級検定練習問題41 次の文章は、道路交通法 第10条(通行区分)歩行者の通行方法に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路において、道路工事等のため歩道等を通行することができないとき、その他やむを得ないときは、一時的に歩道外を通行することができる。 歩道を通行する歩行者は、普通自転車通行指定部分(歩道に設けられた自転車のための通路)があるときは、その普通自転車通行指定部分を通行...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題40、道路交通法(目的)と(定義)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題40 次の文章は、道路交通法第一条(目的)、道路交通法第二条(定義)に関する記述です、妥当であるものを選びなさい。 道路交通法の目的として、道路における交通ルールを定め、及び道路の交通に起因する障害の防止のため罰則や反則金を規定している。 停車とは、車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること、又は車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。 駐車とは、車両等が停止することで駐車以外のものをいい、人の乗降のための停止、運転者がすぐに運...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題39、遺失物法の拾得者の義務、費用及び報労金

交通誘導警備業務 2級検定練習問題39 次の文章は、遺失物法の拾得者の義務、費用及び報労金に関する記述です、正しいものを選びなさい。 路上等一般の場所において物件を拾得した場合は、1週間以内に遺失者に返還するか、警察署長に提出しなければならない。 施設において物件を拾得した場合は、速やかに警察署長に交付しなければならない。 施設占有者以外の勤務者等が施設内において物件を拾得した場合は、その施設占有者が拾得者になる。 路上等一般の場所において物件を拾得した場合、速やかに提出をしなかった拾得者は、その物件について、費用及び報労金を請求する権利並びに所有権を取得する権利を失う...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題655、刑法、生命又は身体を害する罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題655 次の文章は、刑法、生命又は身体を害する罪に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 警備員の携帯することのできる警戒棒は、視覚上、危険感を抱かせるかどうかなど具体的な行為の目的如何によっては凶器にあたる場合もあると考えられる。 2人以上の者が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその準備があることを知って人を集合させた場合は、凶器準備結集罪が成立する。 2人以上の者が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題654、刑法、生命又は身体を害する罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題654 次の文章は、刑法、生命又は身体を害する罪に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 暴行とは、人の身体に対し不法に有形力を行使すること、有形力を行使するとは、殴る・蹴るなどの物理的な攻撃のことである。 暴行は、被害者の体への衝撃を伴う接触に限らず、人の身体の安全を害するものであり、相手にケガを与えてしまえば暴行罪に問われる。 殺人罪とは、人を殺すことを内容とする犯罪であり、故意をもって人の生命を害する行為を言う。 傷害罪とは、人の身体に傷害を負わせる、人の生理機能に障害を与えることで、毒を盛ったり、嫌がらせにより障...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題38、遺失物法第二条(定義)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題38 次の文章は、遺失物法第二条の定義に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 「遺失者」とは、物件の占有をしていた者であり、他に所有者その他の当該物件の回復の請求権を有する者があるときは、その者も含まれる。 「施設占有者」とは、施設の占有者であり、施設を他人のためにする意志を持って事実上支配していると認められる者のことを言う。 「拾得者」とは、物件の拾得をした者を言う。 「拾得」とは、物件の占有を始めることであり、埋蔵物及び他人の置き去った物にあっては、これを発見することを言う。 「施設」とは、建築物その他の施設(車両、船舶...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題37、警察官職務執行法

交通誘導警備業務 2級検定練習問題37 次の文章は、警察官職務執行法(避難等の措置)第四条、察官による避難等の措置についての概略的知識に関する記述です、誤っていないものを選びなさい。 相手にこれから起こりうること、 危険からの避難、危険の防止、あるいは起こってしまったことに対する結果を告げ知らせる注意のことを「警告」という。 危険が切迫することが予想される状態、すぐにでも危険を避けることができなくなる場合のことを「特に急を要する場合」という。 人に行動を思い止まるようにすすめること、 危険な場所に入らないように注意することを「引き留め」という。 災害を避けて、安全な場所...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題360、群集の規制要領(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題360 次の文章は、群集の規制要領における整列の意義と重要性とその基本的事項に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 雑踏警備現場での「整列」とは、群集を誘導し、安全に順序よく並ばせることである。 群集の滞留が予想される場合は、一方通行や通行止めは行わず自由解放し、滞留を防止する。 混乱が生じた後に、正常に戻すことは極めて困難であると同時に、多くの時間が必要になり、トラブルの発生や雑踏事故の要因になる。 群集を整列させる場合は積極的な誘導を行い、整列する場所や並び方を示し、群集が納得できるようにすること。 群集の滞留や混...
交通誘導警備業務2級

職務遂行のための基準、共通能力ユニット(交通誘導警備)

交通誘導警備業務・共通能力(厚生労働省の能力評価ユニットより) 職務遂行のための基準(共通能力ユニット) 建築・土木工事の交通誘導警備・駐車場誘導警 ◎ レベル1 ◇ 職業倫理と職務規律 ① 職業倫理、法令、諸ルールの内容の把握 警備業に期待される役割と警備の目的、服装や言動等の重要性を理解している。 警備業法など、警備業にかかわる法令の重要事項を理解している。 警備員に認められている行為と行ってはいけない行為を理解している。 社内諸規則及び警備計画の内容、警備指令書の内容を理解している。 法令に抵触する事例や職業倫理上で問題とされる事例等を理解して...
スポンサーリンク