スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題67、合図実施上の留意点「基本的留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題67 次の文章は、合図実施上の留意点の基本的留意事項に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 警備員は、服装、頭髪、その他の身だしなみを清潔・端正にすることはもちろん、体調を整え、日頃から誘導技術の向上に努め、心身ともに良好な状態で交通誘導警備業務を行うように心がける。 常に周囲の交通状況を把握し、工事関係車両等、特定の車両のみを優先した誘導を行わないようにする。 誘導ミスによって交通事故を引き起こし たり、一般車両等に迷惑をかけたりすることのないよう、常に現場の交通状況全般に気を配り、安全かつ円滑な誘導に努める。 原則、信号機の表示する信号を遵守して交...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題66、合図実施上の留意点「基本的留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題66 次の文章は、合図実施上の留意点の基本的留意事項に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 警備員は、服装、頭髪、その他の身だしなみを清潔・端正にすることはもちろん、体調を整え、日頃から誘導技術の向上に努め、心身ともに良好な状態で交通誘導警備業務を行うように心がける。 常に周囲の交通状況を把握し、工事関係車両等、特定の車両のみを優先した誘導を行わないようにする。 誘導ミスによって交通事故を引き起こし たり、一般車両等に迷惑をかけたりすることのないよう、常に現場の交通状況全般に気を配り、安全かつ円滑な誘導に努める。 原則、信号機の表示する信号を遵守して...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題368、事故発生時、各事案の把握すべき事項(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題368 次の文章は、「事故発生時の把握すべき事項」雑踏警備現場で事件や事故が発生したときに各事案の把握すべき事項に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 傷害事件発生時に把握すべき事項は、犯人(加害者)、被害者、目撃者の有無、現場保存の必要性及びその範囲、犯人が逃走した場合は、人数、人相、着衣、特徴、逃走方向などである。 火災発生時に把握すべき事項は、燃焼物、燃焼の程度、負傷者の有無、逃げ遅れた者の人数、延焼の可能性などである。 負傷者が出た場合に把握すべき事項は、負傷者の人数、負傷の程度、救急車の必要性、群集の状況(群集の流れ、群集の滞留)などであ...
スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題65、歩行者用通路設置の留意事項

交通誘導警備業務 2級検定練習問題65 次の文章は、歩行者用通路を設置する場合の留意事項について述べたものです、適切でないものを選びなさい。 一般歩行者の通行が困難になる場合は、安全な場所に歩行者用通路を設置する。 歩行者用通路上の見やすい箇所に、「歩行者通路」等の標示板を設置する。夜間は常に十分な照明を点灯し、標示板や歩行者用通路が周囲からよく見えるようにする。 歩行者用通路は、凹凸やぬかるみがなく、転倒するおそれのない場所に設置する。また、落下物等のおそれがある危険な場所を避けて確保する。 作業現場との境界は、保安用資機材を隙間なく並べて仕切るとともに、風圧等で動くことがないよう安全措置を...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題671、刑法、横領罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題671 次の文章は、刑法の横領罪の関する記述です、誤っているものを選びなさい。 横領の形態の主な物に、目的物の着服、費消、貸与、抑留、拐帯、搬出、売却、贈与、交換、入質、抵当権の設定、共有物の独占などがある。 信頼関係のない者との間における自己の占有する他人の物の領得は、単純横領罪となる。 業務上横領罪の法定刑は、10年以下の懲役で罰金刑はなく(時効7年)「横領」と付く罪名の中で、最も重い法定刑である。 遺失物、漂流物そのほか占有を離れた他人の物を横領した場合は、遺失物横領罪であり、占有離脱物横領罪とも呼ばれている。 道端に落ちていた財布や、道端に無施...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題670、刑法、横領罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題670 次の文章は、刑法の横領罪の関する記述です、誤っているものを選びなさい。 刑法は、横領の罪として横領罪(第252条)、業務上横領罪(第253条)、遺失物等横領罪(第254条)を規定している。 横領罪は、業務上の委託を受けた物を横領した場合の業務上横領罪や、誰の占有にもないものを横領した場合の遺失物等横領罪との対比で、「単純横領罪」と呼ばれている。 旅館やホテルのような建物の中における落とし物については、その建物の管理者等に占有が移るとされる場合が多いので、それを持ち去る行為は、遺失物横領罪となる。 単純横領罪と業務上横領罪は、委託物横領罪とも呼ば...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題64、「交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題64 次の文章は、「交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備」に関する記述です、間違っていないものを選びなさい。 工事業者が準備した資機材を使用する場合であっても、基本的留意事項を理解したうえで確実な維持管理を行い、破損等が生じた場合は、速やかに交換や修理を行う。 24時間規制するような場合は、夜間時の照度に十分配慮する。 特に夜間は、交通誘導警備業務用資機材の紛失や盗難がないよう、資機材の固定を行うとともに、設置状況や設置資機材を把握しておく。 太陽光発電も可能な工事用信号機や車線規制用標識車両については、日中における充電が効率よく行えるようパネルの向きを考慮...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題63、「交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題63 次の文章は、「交通誘導警備業務用資機材の点検及び整備」に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 警備業者が持ち込んだ資機材を使用する場合は、基本的留意事項を理解したうえで確実な維持管理を行い、破損が生じた場合は、速やかに撤去を行う。 設置した資機材が風圧等により動いていた場合や転倒していた場合は、周囲の交通の状況を確認し、安全を確保したうえで元の位置に設置し、同様のことが発生しないよう安全措置を講じる。 整理整頓を行い、業務中においても、歩行者通路内や定められた場所以外に放置しない。作業終了時に使用した資機材を片づける時は、元の保管位置に戻してお...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題62、保安用資機材「車道規制時の設置要領、留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題62 次の文章は、保安用資機材「車道規制時の設置要領、留意事項」に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 警備員自らが設置する場合は、保安用資機材の機能を理解し、設置、撤去時の受傷事故の防止に努めなければならない。 保安用資機材の設置は、工事車線側の車両が進行してくる方向(起点側)から始め、撤去する場合は、逆の地点(終点側)から行う。 交通流に対面する起点側の保安用資機材と中央線との角度は、おおむね30度程度となるように設置する。ただし、道路状況や周辺の状況等により45度〜60度程度の場合もある。 工事中であることを示す各種標示板は、工事区間の起点と終...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題61、保安用資機材「車道規制時の設置要領、留意事項」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題61 次の文章は、保安用資機材「車道規制時の設置要領、留意事項」に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 「工事予告」標示板は、原則として、工事現場の手前100mから1000mの道路上の左側(中央線側の工事の場合は中央線側に設置することもある)に設置する。 交通流に対面する起点側の保安用資機材と中央線との角度は、車両の安全な通行を確保するため、おおむね15度から30度となるように設置する。 交通流に対面する起点側の保安用資機材は、隙間なく並べて仕切るが、対面しない側(中央線上及び終点側)は、工事車両出入りのため誘導員が配置するので配列しなくてもよい。 保...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題669、刑法第249条(恐喝)恐喝罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題669 次の文章は、刑法第249条(恐喝)恐喝罪について述べたものです、妥当ではないものを選びなさい。 恐喝とは、害を加える旨を告知して脅し、または暴行をすることにより相手を畏怖させて、財物の交付を受けたり、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させることをいう。 相手を畏怖させることにより成立する犯罪であり、人の生命、財産、身体、名誉、自由に対して害悪する告知を行うことである。相手が恐怖心を感じるかどうかは問われない。 私人の秘密を摘発すると通告することや、一定地域の住民がらが絶交する旨を通告することも恐喝罪にあたる。 暴行・脅迫を用いて他人の財物...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題668、強盗罪について(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題668 次の文章は、強盗罪について述べたものです、妥当ではないものを選びなさい。 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。また、強盗の罪を犯す目的で、その予備をした者も、同様に五年以上の有期懲役処する。 窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたとき、または、人を昏酔させてその財物を盗取した者は、強盗として論ずる。 強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。 強盗の罪若しくはその未遂罪を...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題367、事件や事故の発生の恐れがある場合の把握必要な情報(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題367 雑踏警備現場では、具体的な事件や事故が発生していなくても必要な情報は把握しておく必要はあります。次は、発生の恐れがある場合の把握必要な情報を上げたものです、妥当ではないものを選びなさい。 群集の過密状態や規制に反して勝手な行動をする者。 損壊が原因による二次被害の有無、その物の使用禁止措置の必要性。 けんかや言い争いをしている者、酒に酔っている者、泥酔者。 イベント会場付近で徘徊(はいかい)する野犬など。 不自然な行動をしている者、不自然な状態でたむろする集団。 ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 事故発生時の応急措置に関することⅠ、事故発生時の把握...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題366、雑踏現場における事故発生時の把握すべき事項(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題366 次の文章は、雑踏現場における事故発生時の把握すべき事項についての記述です、適切ではないものを選びなさい。 緊急事案発生時の連絡の適否は、その後の事件や事故の推移に大きな影響を与えることを十分に認識し、六何(ろっか)の原則に基づき簡潔、明瞭に関係機関へ通報すること。 警備員の報告により警備隊本部、契約先、警察機関等が事態を収束させる活動を開始するため、事故等が発生、又はおそれがあるときは、速やかに状況等を警備隊本部等へ即報する。 具体的な事件や事故が発生していなくても、周囲の情報は常に把握し、喧嘩や言い争いをしている者、不自然な状態でたむろする集団等に...
おっさんの雑記

一部の(旧規格)特定小電力トランシーバーが使えなくなる?

電波法の改正にともない一部の特定小電力トランシーバーやアナログ波を使う機種が2022年11月30日に使用ができなくなる予定でした。 が、新型コロナウイルス感染症による社会経済への影響等による無線設備の製造や移行作業に遅れが生じていることを考慮し、2021年9月1日の制度改正により、使用期限が2022年11月30日から2024年11月30日まで延長となりました。 以下、総務省ホームページより 簡易無線局のデジタル化について  簡易無線局において、350MHz及び400MHz帯のアナログ方式の周波数は、令和6年(2024年)12月1日以降は使用できなくなります。  電波は有限希少な資源であり、携帯...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題60、無線機・特定小電力トランシーバーの通話要領等

交通誘導警備業務 2級検定練習問題60 次の文章は、無線機・特定小電力トランシーバーの通話要領等についての記述です、誤っていないものを選びなさい。 1回の通話時間は電波法により5分以内と定められており、制限時間10秒前に警告音がなり自動的に終了する。その際は2秒経過しなければその後の通信を行わない。 送信は、送信スイッチを押して1〜2秒たってから行うこと。マイクは、口元から5〜10cm離して、普通の大きさの声で話すこと。 送信が30秒以上にわたるときは、 至急通話の割込みなどを容易にするため、 30秒ごとに3〜4秒間、発信を停止する。 通話時の会話速度は、電池の消耗を避けるため、間延びすること...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題59、交通誘導警備業務用資機材の機能及び使用方法

交通誘導警備業務 2級検定練習問題59 次の文章は、交通誘導警備業務用資機材の機能及び使用方法についての記述である、妥当ではないのを選びなさい。 クッションドラムは、中に水袋又は砂袋が入っており、横方向に広げて設置するよりも、縦方向に厚く設置する方が衝突時の衝撃をより緩和することができ効果的である。 誘導ロボットは、警備員の補助として使用され、片側交互通行規制の誘導を目的として使用するものであり、規制帯の起点側導流帯の中間と終点側に設置する。 車線規制用標識車両は、規制帯の明示や通行する車両に対して車線変更を促す目的で使用したり、信号機付昇降電光標示板を積載し片側交互通行規制の起点側、終点側に...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題58、交通誘導警備業務用資機材

交通誘導警備業務 2級検定練習問題58 次の文章は、交通誘導警備業務用資機材に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 交通誘導警備業務用資機材は、主に保安柵やセフティコーンなどの保安用資機材と手旗や無線機など警備員が使用するその他の資機材の2種類にに分けることができる。 交通誘導現場で使用される保安用資機材には、保安柵、セフティコーン、コーンバー、矢印板、バリケード、単管バリケード、ソーラー式工事保安灯、ソーラー式回転灯、電光標示板等がある。 警備員が使用する資機材には、警笛、手旗、大旗、誘導灯、無線機、ヘルメット、夜光チョッキ、安全靴、警戒棒、警戒杖、刺股、特殊警戒棒等がある。 無線機...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題57、(停車及び駐車を禁止する場所)(駐車を禁止する場所)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題57 次の文章は、(停車及び駐車を禁止する場所)及び(駐車を禁止する場所)について書かれた文章です誤っているものを選びなさい。 交差点の側端又は道路の曲がり角から五メートル以内の部分は、停車し、又は駐車してはならない。 横断歩道又は自転車横断帯の前後の側端からそれぞれ前後に五メートル以内の部分は、停車し、又は駐車してはならない。 道路工事が行なわれている場合における当該工事区域の側端から五メートル以内の部分は、駐車してはならない。 道路外に設けられた施設又は場所の道路に接する自動車用の出入口から三メートル以内の部分は、停車し、又は駐車してはならない。 バスの停...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題667、刑法、第236条(強盗)強盗罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題667 次の文章は、刑法、第236条(強盗)、強盗罪について述べたものです、妥当であるものを選びなさい。 強盗罪には、人の生命、身体、財産、名誉、自由に対する害悪を告げることにより、相手を畏怖させて財物を交付させる行為や、脅迫行為によって他人の財産を脅し取る行為もある。 窃盗犯人が財物を得てその取り返しを防ぎ又は逮捕を免れ若しくは逃れようとして、罪跡を隠滅するために暴行又は脅迫を加えた場合、窃盗罪、脅迫罪となり強盗罪になる可能性は低い。 刑法第236条 (強盗) 第1項の罪の客体は、他人の占有する他人の財物である。したがって、自己の財物で他人が占有し、...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題666、刑法、第236条(強盗)強盗罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題666 次の文章は、刑法、第236条(強盗)、強盗罪に関連する記述です、誤っているものを選びなさい。 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する罪で、同じ方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も同様とする。 強取とは,相手方の反抗を抑圧するに足りる暴行又は脅迫を手段として,財物の事実上の占有を自己が取得し,または第三者に取得させることをいう。 窃盗犯人が財物を得てその取り還しを防ぎ、又は逮捕を免れ若しくは罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫を加えた場合には事後脅迫罪として処罰され強盗罪は成...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題365、雑踏の整理に関すること(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題365 次の文章は、雑踏の整理に関することにかかわる文章です、妥当ではないものを選びなさい。 必要によって、群集の行動に制限を加えるときは、その趣旨、理由を説明する広報を併せて行い、群集の納得と協力を求める。 整列場所において、群集の混乱の発生が予想されるときは、直ちに複数の警備員による実力行使措置をとる旨を警備隊本部へ連絡する。 歩行経路を移動する群集が、経路の収容限界を超えて混雑をきたす場合は、歩行距離を延長するなどして収容力の増大を図る必要がある。 車いすや担架が通行するためには、最低1.5mの幅が必要とされるので、待ち列を整理させる位置を定める場合に...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題364、雑踏の整理に関すること(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題364 次の文章は、雑踏の整理に関することにかかわる文章です、妥当ではないものを選びなさい。 待ち列の縦の長さが20メートルを超える場合には、15~20メートルごとに分断し、緊急動線として待ち列を横切ることができるようにする。 緊急動線は、雑踏警備現場で事件・事故、急病人等が発生した場合に、警察機関や救急隊、緊急車両等が通行する経路であり群集を整列させる停留場所であっても確保する必要がある。 既に混乱が生じた後では、これを正常に戻すことは極めて困難であり時間を要する。混乱の未然防止のためには群集の自由な行動の制限や、ある程度の威圧的な姿勢も必要である。 路上...
スポンサーリンク