スポンサーリンク

交通誘導警備業務・2級検定練習問題60、無線機・特定小電力トランシーバーの通話要領等

交通誘導警備業務

2級検定練習問題60

次の文章は、無線機・特定小電力トランシーバーの通話要領等についての記述です、誤っていないものを選びなさい。

  1. 1回の通話時間は電波法により5分以内と定められており、制限時間10秒前に警告音がなり自動的に終了する。その際は2秒経過しなければその後の通信を行わない。
  2. 送信は、送信スイッチを押して1〜2秒たってから行うこと。マイクは、口元から5〜10cm離して、普通の大きさの声で話すこと。
  3. 送信が30秒以上にわたるときは、 至急通話の割込みなどを容易にするため、 30秒ごとに3〜4秒間、発信を停止する。
  4. 通話時の会話速度は、電池の消耗を避けるため、間延びすることなく、なるべく早ロで手短に単的に内容を伝える。
  5. 呼出しに対する応答がないときは、いたずらに呼出しを繰り返さないで、携帯しておいた予備電池と入れ替える。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備業務・2級検定練習問題61

コメント