スポンサーリンク

交通誘導警備業務・2級検定練習問題59、交通誘導警備業務用資機材の機能及び使用方法

交通誘導警備業務

2級検定練習問題59

次の文章は、交通誘導警備業務用資機材の機能及び使用方法についての記述である、妥当ではないのを選びなさい。

  1. クッションドラムは、中に水袋又は砂袋が入っており、横方向に広げて設置するよりも、縦方向に厚く設置する方が衝突時の衝撃をより緩和することができ効果的である。
  2. 誘導ロボットは、警備員の補助として使用され、片側交互通行規制の誘導を目的として使用するものであり、規制帯の起点側導流帯の中間と終点側に設置する。
  3. 車線規制用標識車両は、規制帯の明示や通行する車両に対して車線変更を促す目的で使用したり、信号機付昇降電光標示板を積載し片側交互通行規制の起点側、終点側に設置される。
  4. 工事用信号機は、公安委員会が法令によって設置するものとは異なり、あくまでも道路工事等の施工業者が安全を期すために任意に設置するものである。
  5. 回転灯は、車両に対し車線規制が行われていることの注意を促す目的として使用され、一般的に、ソーラー式大型LED回転警告灯が使用されている。看板に取り付ける小型のものもある。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備業務・2級検定練習問題60

コメント