スポンサーリンク

歩行者用通路の設置について

◉歩行者用通路設置における注意点
・歩行者用通路については地域によって様々な設置基準等があるようです。

道路工事保安施設設置基準(国土交通省関東地方整備局)より抜粋
歩行者通行幅は原則として1.5m以上確保すること。

工事中の歩行者安全対策の手引き(福岡市)より抜粋
1 通路の有効幅員
有効幅員はできる限り、車いす使用者が通行しやすい幅を確保します。 また、工事箇所の周辺状況や歩行者数にも配慮します。
通路の幅員については、車いす使用者の通行を考えできる限り1メートル以上の有効幅員を確保します。

建設工事公衆災害防止対策要綱[土木工事編](関東地方整備局)より抜粋
第24(歩行者対策)
歩行者が安全に通行し得るために歩行者用として別に幅0.75メートル以上、特に歩行者の多い箇所においては幅1.5メートル以上の通路を確保しなければならない。

承認工事及び占用工事の施行に関する遵守基準(名古屋市道路管理規則)より抜粋
(歩行者対策)
第7条
(1) 歩行者用通路の幅員2メートル以上で可能な限り広く確保すること。ただし、歩行者の通行が特に少ない場合又はこれにより難い場合で市長がやむを得ないと認めた場合は、1メートルまで縮小することができる。
歩行者用通路の幅員は、可能な限り広く確保することが必要であるが、上記 の(1)で定める幅員は車いす1台の占有幅1メートルを基準とし、車いす同士がすれ違い可能となるように2メートル以上として定めたものである。
市長がやむを得ないと認めた場合は、車いす1台の占有幅1メートルまで縮小することができる。
現場の状況等により歩行者用通路の幅員を1メートル以上確保できない場合は、歩行者が安全に通行できるよう他の措置を講じ、道路管理者及び所轄警察署長の許可を得なければならない。

スポンサーリンク

◉いろいろ参考にして読んでみました、これで全てとは言えませんが工事中の歩行者通路に関してはいろいろな数値が上がっています。
・2メートル以上で可能な限り広く確保
・車いす同士がすれ違い可能となるように2メートル以上
・歩行者の多い箇所においては幅1.5メートル以上
・原則として1.5m以上確保
・車いす1台の占有幅1メートルを基準
・歩行者用として別に幅0.75メートル以上

*交通誘導2級検定に使用する「交通誘導警備業務の手引き」では、
通常1.5メートルやむを得ない場合でも0.75メートル以上となっております。

検定を受ける方は1.5m 0.75mという数字を覚えておいた方が良いと思います。

交通誘導警備員がそこまで、この設置基準に気を使う必要があるのかはわかりませんが、時代の流れとしては高齢者、車いす使用者、杖使用者、視覚障がい者、聴覚障がい者、知的障がい者、精神障がい者、妊産婦、乳幼児連れの方などへの配慮は必要なことではないかと思います。
現場の状況に応じた最良の配慮をした交通誘導を行う必要があるものと思います。

その他の注意事項は
・通路面の凹凸やぬかるみなどで転倒する恐れがないように配慮する。
・落下物の恐れがない場所に設置する。
・作業現場、車道等と保安用資機材で隙間なく仕切る。
・夜間照明は十分に確保しておく。
・出入り口付近には明確な歩行者専用誘導表示板を設置する。
・安全な通行が確保できるよう、交通誘導員などの声がけによる誘導やサポートなどを必要に応じて行う。

コメント