スポンサーリンク

問題163、合図実施中における危険防止措置(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題163
次の文章は、合図実施中における危険防止措置についての記述です、妥当ではないものを選びなさい。

① 一般の車両は工事中の標識や資機材、誘導員の合図を見て減速する。誘導はお願いであり誘導の対象となる運転者の運転技術を信用し、一度停止合図を出した車両を注視しない。

② 運転者の大半は自分は事故を起こさないと考えている。警備員の誘導により事故を起こした場合は警備員の責任であると考えがち。

③ 多くのドライバーは、走行中目の前に障害物が現れた場合、無意識にハンドルを切り障害物を避けようとする。

④ 運転者が取るであろう行動を事前に予測することで、多くの危険を回避することができる。

⑤ 子供は、興味のあるものに対して意識が集中し、他のことは目に入らない。そのため、いきなり走り出したり、思わぬ方向に飛び出したりするので、子供の行動特性を考慮する必要がある。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
受傷事故防止に必要な危険予知(交通2級)

・次の問題へ→→→問題164

コメント