スポンサーリンク

交通誘導警備業務・2級検定練習問題3、警備業務実施の基本原則、警備業法第15条

交通誘導警備業務

2級検定練習問題3、警備業務実施の基本原則、警備業法第15条

次の文章は、警備業務実施の基本原則、警備業法第15条についての文章です。誤っていないものを選びなさい。

  1. 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつて、警備業法により特別な権限を与えられている。
  2. 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつて、他人の権利及び自由を侵害し、又は個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない。
  3. 警備業務対象施設内等において、不審な人物を発見した場合、施設管理権に基づき、私人として許される範囲内で質問等を行い、テロ対策として警察官が行う職務質問を行う。
  4. 現行犯人を逮捕した場合、状況により犯人の所持品や身元等を調べ、逮捕後は直ちに警察官等へ引き渡さなければならない。
  5. 警備員の行う交通誘導警備業務は、通行者の協力を得て行う任意のものであり、道路交通法の規定により警察官等が行う交通整理のような強制力もある。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

警備業務に関する基本的な事項 Ⅲ(交通2級) 

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備業務・2級検定練習問題4

交通誘導警備業務2級検定練習問題

コメント