スポンサーリンク

交通誘導警備2級・検定練習問題2、交通誘導警備業務の意義と重要性

交通誘導警備2級

検定練習問題2、交通誘導警備業務の意義と重要性

次の文章は、交通誘導警備業務の意義と重要性に関する記述です、誤っているものを選びなさい。

  1. 道路工事現場、建築現場、駐車場、事業所等において、一般交通に及ばす各般の支障を軽減するとともに、 一般車両や歩行者の通行の安全を図り、 交通の渋滞や事故の発生を未然に防止することを目的として、 人や車両の誘導を行う。
  2. 交通誘導警備業務警備員は、誘導を受ける側の確実な協力が得られるよう、周囲の交通状況等に的確に強制的な誘導技術を身に付け、常に感謝の気持ちと節度ある態度で業務を実施する。
  3. 駐車場や工事現場等の管理者は、 当該事業等に関連して、 交通の渋滞を発生させることのないように、 保安要員を配置するなどの措置を講じなければならない。
  4. 交通誘導警備業務は、委託者ばかりでなく、一般の歩行者や車両をもその対象としていることから、ひとたび警備員の誘導ミスを原因とする交通事故が発生すると、社会に大きな影響を及ぼすことになる。
  5. 交通誘導警備業務とは、他人の需要に応じて、人若しくは車両の通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務である。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

警備業務に関する基本的な事項 Ⅱ(交通2級)

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備2級・検定練習問題3

交通誘導警備業務2級検定練習問題

コメント