スポンサーリンク

問題45、消火器の機能と使用方法(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題45
次の文章は、消火器の機能と使用方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。

① 基本的な消火方法は、燃焼物を消火器のノズルで掃くように、火元の中央から前方へと消火していく。 

② 粉末消火器の使用方法は、①安全栓を抜く。②ノズルを持ち火点に向ける。③レバーを握る。 の順序である。

③ 屋外で使用する場合は、風による薬剤の飛散を防止するため、風上から放射する。

④ 消火器の放射距離は約3〜8m、放射時間は7〜16秒である。消化剤3kgの場合の放射距離は3〜6m、放射時間は約13秒である。

⑤ 消火器には適応火災が定められており、木材や紙類等の普通火災(A火災)、ガソリン、灯油等の油火災(B火災)、変圧器、配電盤等の電気火災(C火災)、に区分されている。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
消火器の機能及び使用方法

・次の問題へ→→→問題46

コメント