スポンサーリンク

交通誘導警備業務・2級検定練習問題37、警察官職務執行法

交通誘導警備業務

2級検定練習問題37

次の文章は、警察官職務執行法(避難等の措置)第四条、察官による避難等の措置についての概略的知識に関する記述です、誤っていないものを選びなさい。

  1. 相手にこれから起こりうること、 危険からの避難、危険の防止、あるいは起こってしまったことに対する結果を告げ知らせる注意のことを「警告」という。
  2. 危険が切迫することが予想される状態、すぐにでも危険を避けることができなくなる場合のことを「特に急を要する場合」という。
  3. 人に行動を思い止まるようにすすめること、 危険な場所に入らないように注意することを「引き留め」という。
  4. 災害を避けて、安全な場所を確保すること、危険な場所を封鎖すること、を「避難」という。
  5. 社会通念上、危険防止のために用いられる手段のことで、危険箇所への立ち入り制限、禁止等を「避難等の措置」という。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

法令に関することⅤ、警察官職務執行法(交通2級)

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備業務・2級検定練習問題38

コメント