スポンサーリンク

交通誘導警備業務・2級検定練習問題38、遺失物法第二条(定義)

交通誘導警備業務

2級検定練習問題38

次の文章は、遺失物法第二条の定義に関する記述です、誤っているものを選びなさい。

  1. 「遺失者」とは、物件の占有をしていた者であり、他に所有者その他の当該物件の回復の請求権を有する者があるときは、その者も含まれる。
  2. 「施設占有者」とは、施設の占有者であり、施設を他人のためにする意志を持って事実上支配していると認められる者のことを言う。
  3. 「拾得者」とは、物件の拾得をした者を言う。
  4. 「拾得」とは、物件の占有を始めることであり、埋蔵物及び他人の置き去った物にあっては、これを発見することを言う。
  5. 「施設」とは、建築物その他の施設(車両、船舶、航空機その他の移動施設を含む)であり、その管理に当たる者が常駐するものを言う。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

法令に関することⅥ、遺失物法1(交通2級)

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備業務・2級検定練習問題39

コメント