スポンサーリンク

問題33、合図実施上の具体的留意事項(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題33
次の文章は、合図実施上の具体的留意事項について述べたものです、誤りを一つ選びなさい。

① 誘導の対象となる車両の死角に入らないように注意し、常に運転手から警備員の存在が見える位置で誘導をする。

② 工事関係車両等を優先させるため、一般通行車両に無理な停止を求めるなど、円滑な交通の流れに支障を及ぼすことのないようにする。

③ 雨天時等悪天候の下で停止を求める場合は、視界が悪く、見えづらいので車両は引きつけて止める。

④ 工事現場と車両が停止する場所とは十分な距離を取り、対向する車両がすれ違う際の障害とならないようにする。

⑤ 停止を求めようとする車両の速度やその後続の車両の有無を考慮し、無理に停止を求めない。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
合図実施上の留意点(基本的心構え)
合図実施上の留意点(具体的留意事項)
合図実施上の留意点(確実な伝達方法)

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→問題34

コメント

  1. 黒田猛 さま より:

    誤りを一つ選びなさい

    まちがい。

    • isomatu より:

      コメントいつもありがとうございます。

      何が、どういうふうに間違っているのでしょうか?

    • isomatu より:

      間違いとおっしゃられている文章は、問題66でもコメントをつけておられた、
      「工事関係車両等を優先させるため、一般通行車両に無理な停止を求めるなど、円滑な交通の流れに支障を及ぼすことのないようにする。」
      のことでしょうか?

      そうだとすれば、
      この文章は、交通誘導警備業務の手引【初級】編
      第3章、第2節
      1 合図の実施上の留意点
      ⑵ 具体的留意事項
      イ 一般車両を停止させる場合
       (ア)の文章をそのまま問題文の選択肢としています。

      一般車両を停止させる場合の留意事項として、こうしなさいというふうに掲載されている文章ですので間違いではありません。

      ご返信させていただきましたが、又、一方通行かな?